”口利き疑惑”の片山さつき氏、自ら南村氏に「私設秘書用の通行証」を貸与!片山氏は「私設秘書ではない」と主張するも、矛盾点がますます露呈!

Pocket

どんなにゅーす?

「100万円口利き疑惑」が報じられている片山さつき地方創生相が、会社経営の男性に100万円を要求したとされている南村博二氏について「私設秘書ではない」と主張している中、片山大臣自らが、南村氏に対し私設秘書用の国会の通行証を3年半もの間貸与していたことが判明した。

・片山大臣は、これについて「現在、問い合わせて確認しているところ」などとコメント。自身の主張の矛盾点がますます明らかになる中、いまだに文春報道について「事実ではない」と言い続けている

片山大臣 疑惑に新事実、私設秘書用の「通行証」貸与

~省略~

「これ、私設秘書でないともらえないです。実際これ、小さくですが私設議員秘書と書いてあります」(国民民主党 後藤祐一衆院議員)

2日、野党側が問題にしたのは、国会議員の私設秘書に発行される国会の通行証です。片山氏がこの通行証を、「口利き」を仲介したとされる税理士におよそ3年半の間、貸与していたことが明らかになりました。これまでこの税理士について、「私設秘書ではない」と主張していた片山氏。野党は答弁の矛盾を責め立てます。

「これはハンコをついて、片山大臣が南村博二さんのことを私設議員秘書だと認めたうえで、これ公式な書類ですよ、参議院の。公式な書類を出しているんじゃないですか」(国民民主党 後藤祐一衆院議員)

「その記章交付申請書を、昨晩問い合わせたが、3年以上たっているということで、今現在、さらに問い合わせて確認しているところ」(片山さつき地方創生相)

~省略~

【TBS News 2018.11.2.】

参院通行証を4年交付…片山大臣の“私設秘書”巡るウソ崩壊

~省略~

疑惑をスクープした週刊文春に対し、“私設秘書”は片山事務所を16年2月に退職したとしていたが、片山事務所は15年5月退職を主張。その後、発行元の文芸春秋を提訴し、訴状で〈原告の私設秘書であったことはない。原告は、秘書として契約したこともなく給与・報酬などを払ったこともなく、原告が指揮・命令する立場にあったことはない〉と雇用関係を否定したのだ。

ところが、予算委で「私設秘書しかもらえない参院の通行証を(“私設秘書”は)持っていたのか」と追及されると、アッサリ陥落。「強く要望したので、2011年10月から15年5月までの間、保有していた」と釈明しつつ、「秘書として契約したこともなく、給与報酬など支払ったこともない」と強弁した。4年間も通行証を持たせておきながら、「秘書じゃない」という言い訳はあまりに苦しい。

参院通行証の交付を受けるには、議員の記名と押印入りの定型書式「私設議員秘書に対する記章交付申請書」を参院警務部長に提出する必要がある。履歴書欄の末尾には〈議員事務室採用〉とも明記されている。議員事務所とさしたる関係のない人間が執拗にプッシュしたところで、右から左に通行証が交付されないのは一目瞭然だ。

~省略~

片山大臣は「私は大丈夫」「今は官邸に守られている」と触れ回る一方、自民党幹部に「私、大丈夫ですか」と弱気な言葉を漏らしている。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2018.11.3.】

何のためらいもなく、国民を欺く嘘を次々とつく安倍政権の面々!音声データについても「自分の声かどうか判断できない」と悪あがき!

出典:Twitter(@katayama_s)

「100万円口利き疑惑」片山さつき地方創生相の嘘がますます明るみになってきています。

会社経営の男性に対して100万円を要求したと報じられている南村博二氏について、当初片山氏サイドは「2015年5月に私設秘書を退職した」と説明していたものの、文春を提訴した後は一転して「私設秘書ではない」と主張し始めている中、新たに、片山氏自らが南村氏に対して私設秘書用の通行証を3年半もの期間貸与していたことが判明しました。

こうした経緯と事実関係を見る限り、やはり南村氏は片山氏の私設秘書だった可能性が大であり、片山氏が彼との関係をどうにか切り離すべく、「私設秘書ではない」などと必死にウソをついているということだろう。

片山氏本人からすれば、安倍総理本人加計理事長佐川元理財局長柳瀬元首相秘書官などなど、みんなが揃って国民を欺くためのウソをついているので、「同じようなノリ」でウソをついているんだろうけど、こうした様子を見ても、もはや安倍政権の面々は、納税者で主権者の国民に対し、何のためらいも痛みも感じずに平気をウソをつく「ゴロツキ・テロ集団」に成り下がってしまっている
ここまで平然とウソをつくようになっている時点で、深刻な「頭の病気」に罹っている状態であり、安倍総理を「感染源」にして、日本国内の権力者の「脳機能の崩壊」が確実に進んでいる状態だ。

本当に、末期的な事態になっていますね。
このままでは、一般社会においても、このように平気で次々ウソをつく人間が溢れかえっていく(伝染していく)危険性が高まっていますし、実際のところ、すでに一般国民の間でも倫理感やモラルの崩壊は相当なレベルまで進んでいることが考えられます。

文春では、重要な証拠となり得る音声データも公開された中で、(ボクが聞いてみたところ、その声色や口調など、片山氏本人としか思えないんだけど…)これについても「自分の声かどうか、あれでは判断がとてもできない」などと全く認めようとしない状態だ。

片山氏本人は、安倍総理の”神通力”に期待して、(森友事件下村氏の加計闇献金事件などのように)安倍官邸が検察やマスコミなどに働きかけることでこの件が刑事事件化されずにウヤムヤに葬り去られるのを期待してるのかもしれないけど、これ以上そうした手口は絶対に許してはならないだろう。
いずれにしても、片山氏については、国民がもっと抗議の声をあげていくことで、大臣のみならず議員辞職させる必要があると思うよ。

Pocket

 

 関連記事