片山さつき地方創生相に「あっせん利得処罰法違反」の100万円”口利き疑惑”が浮上!甘利氏のケースと類似か、さらに悪質の可能性も!?

Pocket

どんなにゅーす?

パワハラ反社会勢力と関係ある人物との交際や借金が報じられている片山さつき地方創生相に、「あっせん利得処罰法違反」の疑いがある”口利き疑惑”が浮上している。

・週刊文春によると、製造業を営むX氏は、国税から税務調査が入り青色申告の承認が取り消しになりそうな際に片山氏に相談。事務所の秘書を通じ、私設秘書だった南村博二という人物を紹介されたという。

・税理士を名乗る南村氏は、税務調査の対応を担当すること約束しつつ、片山さつき氏の名前とともに100万円の振り込みを要求。専門家もこうした手口に対し、甘利氏と類似する点があると指摘しており、ネット上でも片山氏の辞任を求める声が殺到している。

片山さつき地方創生担当大臣に100万円国税口利き疑惑

10月に発足した安倍改造内閣で、唯一の女性閣僚となった片山さつき地方創生担当大臣(59)に古巣の財務省に対する口利き疑惑が浮上した。

「2015年当時、私の会社に税務調査が入り、青色申告の承認が取り消されそうになっていました。何とかならないかと片山先生に相談したのは紛れもない事実です。そして片山事務所の秘書を通じ、私設秘書だった南村博二という男を紹介されました」

「週刊文春」取材班の再三の取材申し込みに、製造業を営むX氏が初めて重い口を開いた。

「南村氏に『とにかく青色申告取り消しだけは困るんです』と話すと、『大丈夫ですから、安心してください』などと言われ、税務調査の対応をお任せすることにしたのです。そして15年7月、指定された口座に100万円を振り込みました。これで片山先生が働きかけてくれると信じていました」

「週刊文春」取材班は、X氏宛ての「書類送付状」を独自に入手。この書類では“口利き”の対価として、100万円の支払いを求めている。日付は、〈15/07/01〉。差出人欄には〈議員名 参議院議員 片山さつき〉〈秘書名 秘書・税理士 南村博二〉とあり、議員会館の住所が記載されている。

そして、書類の末尾には、こうあるのだ。

〈着手金100万円を、至急下記にお願い申し上げます。ご確認後、国税に手配させて頂きます〉

片山事務所は次のように回答した。

「事務所にご質問の会社が税務調査を受けているようだとの連絡があり、当時の秘書が片山に相談し、知り合いの税理士である南村を紹介しました。南村税理士に聞いたところ、税理士報酬をもらった旨を知りました。事務所の認識では、南村氏は15年5月に私設秘書を退職しています」

元特別国税調査官は疑問を呈する。

「今回のケースをみると、税務署に承認取り消しといわれた段階で、簡単に『任せてください』と100万円を受け取るのは詐欺的です。税理士の仕事とは到底いえません」

~省略~

元東京地検検事で弁護士の落合洋司氏が指摘する。

「疑惑の構図は、甘利明経済再生担当相(当時)のURをめぐる口利き疑惑に近く、あっせん利得処罰法違反の疑いがあります」

~省略~

【Yahoo!ニュース(文春オンライン) 2018.10.17.】

片山さつき地方創生相、「パワハラ」「反社勢力関係者からの借金」に加えて、今度は”詐欺まがい”の口利き疑惑が発覚!

出典:Twitter(@katayama_s)

出典:Twitter(@minorucchu)

これまでも、秘書へのヤバすぎる「パワハラ」やら、逮捕・実刑歴ありの暴力団と繋がりがある人物からの借金やら、真っ黒黒の実態が報じられていた片山さつき地方創生相だけど、今度は「悪徳口利き疑惑」が浮上だわっ!

まったく、この議員は、どこまで汚いことに手を染めまくっているのよ!?

片山氏は、「生活保護叩き」やら、嫌韓ヘイト勢力による「ネット上の悪質デマを拡散」するなど、これまでネット上の安倍シンパからはかなり高い人気を誇ってきたけど、これもまさしく「類は友を呼ぶ」というべきか。
知れば知るほどにろくでもない人物であることが浮き彫りになるね。

しかも、すでに税務調査が入っており、青色申告の承認が取り消しになりそうな段階の中で、これをどうにか見逃してもらおうと片山氏を頼った相談者に対し、「安心してください」と言いながら「至急、着手金の100万円の振り込みを願います」と要求とは、これが本当であれば、口利きの問題に加えて、その手口が詐欺まがいであり、相当に悪質なケースと言わざるを得ない。

場合によっては甘利氏よりも悪質かもしれないし、まともな法治国家であれば、即刻・検察当局が動き、本格捜査を行なうような案件だね。
これまでの片山氏をめぐるスキャンダルの中でも、これは突出してヤバい犯罪疑惑だし、(例によって安倍政権は検察内の子飼い勢力を操って全力で揉み消し・ウヤムヤにしようとすることが予想されるので)今後のマスコミや野党の動きなどをよく見ていこう

すでにこの国は、れっきとした犯罪案件でも、安倍政権に関連した案件は検察が自ら進んで捜査を中止にするような”犯罪幇助国家”になりかかっているものね!
私たち国民と野党が全力で安倍政権の犯罪疑惑を徹底追及して、どこにも逃げようがないくらいに追い込んでいく必要がありそうだわっ!

おススメ記事&広告

 
Pocket