森ゆうこ議員の質問通告漏えい、内閣府関係者の仕業か?内閣府事務局→原英史・特区WG座長代理→高橋洋一・嘉悦大学教授に流れた模様!

Pocket

どんなにゅーす?

国民民主・森ゆうこ議員による国会質問の事前通告が安倍シンパの民間人に漏えいしていた事件について、内閣府事務局が(森議員が国会招致を求めていた)原英史・国家戦略特区WG座長代理に漏えいさせていたことが分かった。

・朝日新聞によると、原座長代理から情報を受け取った高橋洋一嘉悦大学教授が、安倍シンパ系ネット番組「虎ノ門ニュース」で、「質問通告を見た」として森議員への批判を展開安倍政権が、配下に置く民間人を利用し、野党を貶めるための「反社会的な情報工作」を展開している実態が浮かび上がっている。

内閣府が座長代理にメール、第三者に漏洩か 野党の質問

国民民主党の森ゆうこ参院議員が政府側に事前通告した質問内容が外部に流出していたとされる問題で、野党側の「質問通告漏洩(ろうえい)問題調査チーム」が18日、内閣府からの聞き取り調査の結果を発表した。

内閣府の説明によると、15日の参院予算委員会での森氏の質問内容について、内閣府の事務局が11日夜、森氏が参考人招致を求めていた国家戦略特区ワーキンググループの原英史・座長代理に対し、原氏に関連しない質問も含めたすべての質問内容をメールで送付した。原氏はその後、知り合いの大学教授に質問内容を電話とメールで連絡したという。

大学教授にどの範囲の質問内容が示されたかは不明だが、この大学教授は14日に放送されたDHCテレビのネットニュース番組で森氏の「質問通告を見た」と発言し、森氏への批判を展開した。

~省略~

【朝日新聞 2019.10.18.】

質問通告 政府が漏洩か 野党が事前通告とりやめ

野党の統一会派は、政府側に事前に通告した国会での質問内容が外部に漏れていた疑いがあるとして、今後は詳細な質問内容を通告しないと決めました。

立憲・安住国対委員長:「質問の内容をこともあろうか横流しして、それでネットでたたいたり誹謗(ひぼう)中傷するなんていうのは民主主義にとっては許せない話。自民党も共有してくれると思いますが、できないんだったら厳しい質問を突然することになることも覚悟しろと」

~省略~

【テレ朝news 2019.10.17.】

安倍官邸の意向を受けた、民間人の皮をかぶった「安倍トモ情報工作員」が各所で暗躍!内閣府は「守秘義務違反には当たらない」とふんぞり返る!

↓民間人の皮をかぶった「安倍トモ情報工作部隊」が、森ゆうこ議員を一斉攻撃している模様。

安倍一派による、陰湿かつ反社会的な情報工作がますますエスカレートしてきているわ。
どうやら、安倍官邸が「森ゆうこ議員潰し」のキャンペーンを仕掛けているみたいで、「内閣府→原英史・特区WG座長代理」経由で、森議員の事前通告の漏えい情報を手にした高橋洋一嘉悦大学教授をはじめとして、森議員を貶めるためのあからさまなデマを拡散中のフジテレビ・平井文夫上席解説委員、そして、ネット上に大量にばら撒かれているネット工作部隊一致団結して、森議員のネガティブイメージを大拡散しているありさまだわ。

安倍政権は、言論界やテレビ界、そしてネット界と、自身の息が吹きかかった「お友達」を大量に抱えており、彼らは、言ってみれば、民間人の皮をかぶった「安倍シンパ情報工作員」のような役割を演じている。
今回の事例も、安倍官邸と直結している内閣府の関係者を通じて、”安倍トモ民間人”に森議員の事前通告の内部情報が漏れていたことが分かったし、彼ら”安倍トモ民間人”とネット工作部隊が、安倍総理の政敵である一野党議員に向けて、「政府関係者からの内部情報提供」を通じて一斉攻撃を行なうという、少し前までの日本では考えられなかったような事態が起こっている。

これまでは、政権与党や官僚に対して「(国家組織としての)最低限のモラルや良識を持っている」との前提の下で、「一定の信頼関係」を築いた上で国会運営が行なわれてきたけど、もはや、今の日本政府(安倍政権)は、「自らの権力維持と増長のためには、どんな反社会的で陰湿な手口も厭わない」との大前提で、ありとあらゆる疑いをもって事に当たっていくしかないだろう。

言ってみれば、自らの数々の「反社会的な行ない」によって、その信頼性が地の底まで堕ちきってしまった状態ね。
そして、そんな「反社会的な政権」と昵懇関係を持っている”安倍トモ民間人”の人々も、この政権の精神性に染まりつつあるような状況で、これが、日本社会の崩壊にますます拍車をかけてしまっているように見えるわ。

安倍政権の悪影響を受けている多くの人々が、「今だけ、カネだけ、自分だけ」の思考に支配されてしまっており、まっとうなモラルも冷静さも失ってしまっているような状態になっているように見えるね。
目に見えるように着実に、日本の政治とそこに関わる人々の精神性がどんどん崩壊に向かっている状況だけど、とにかく、(ここまで陰湿な仕打ちを受けた)野党はこれを機に、事前通告の慣例を撤廃させるのがいいだろう。
その上で、野党も国民も、「どんなルール違反や不法行為を繰り出してもおかしくない」との前提の下で安倍政権に対峙していく必要がありそうだ。

Pocket

 

 関連記事