多摩市唐木田のビル建築現場火災、2人死亡、2人心肺停止、20人以上が重傷!施工業者は安藤ハザマ!9月に完成予定の中で…

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年7月26日午後1時50分頃に発生した、東京都多摩市唐木田のオフィスビル建設現場での大規模火災について、現時点(26日18時時点)で2人死亡、2人心肺停止、重傷者が22人との報道が出ている。

・建設業者は安藤ハザマで、火災発生当時およそ300人が作業していたとのこと。地下2階で断熱材に引火したとの情報が出ており、現在も現場の状況や安否確認が急がれている。

工事現場で火災 2人死亡 2人心肺停止 東京 多摩

警視庁によりますと、東京・多摩市の建設中のビルで起きた火災で、2人が死亡し、2人が心肺停止の状態だということです。警視庁は、午後5時半ごろ、死亡したのは3人だと発表しましたが、先ほど訂正しました。
建設会社 地下2階で断熱材に引火か
工事を請け負っている安藤ハザマ首都圏建築支店によりますと、地下3階で作業をしていたところ、建築材料の断熱材に引火したという情報があるということです。

火災が起きた建物は鉄骨造りの地上3階・地下3階建ての「事務所ビル」で、延べ床面積はおよそ1万7500平方メートルで、26日は、およそ300人が出て内装や外装、それに設備などさまざまな工事が行われていたということです。

会社では、現地の状況や作業員の安否について確認を急いでいます。

【NHK NEWS WEB 2018.7.26.】

東京・多摩の建築現場で火災 2人死亡、2人心肺停止

26日午後1時50分ごろ、東京都多摩市唐木田1丁目の建築中のオフィスビルから出火した。警視庁と東京消防庁によると、地上3階、地下3階建て延べ約1万7500平方メートルのうち約1500平方メートルが燃え、作業員2人が死亡、2人が心肺停止という。けが人は約40人で、このうち22人が重傷という。他にも逃げ遅れている人がいないか詳しく確認している。

工事を施工している安藤ハザマ(東京都港区)によると、現場では約300人が作業していた。2016年10月着工で、今年9月に完成予定だったという。

現場は小田急多摩線唐木田駅から南西に約1キロ。付近には商業施設や住宅がある。

【朝日新聞 2018.7.26.】

逃げ遅れた人多数との報道が出ていた中、新たに複数の死傷者が発生との報道

出典:日テレNEWS24

当サイトも注視していた、多摩市唐木田の建築現場での火災ですが、多数の逃げ遅れている人々が出ているとの報道が出ていた中、最新の報道によると、どうやら複数の死傷者が発生してしまっているようです。
地下2階から出火したとの報道も出てきましたし、かなりの惨事に発展してしまっているようですね…。

建築業者は安藤ハザマ(安藤・間)で、話によるとおよそ300人が建設現場で作業していたとのこと。
このオフィスビルは今年(18年)9月に完成予定だったとのことだけど、見た感じ、この火事で建築中の建物のほとんどがダメになった可能性が高そうだ。

現時点で2人が死亡、2人が心肺停止、さらにけが人が40人ほど出ていて、うち22人が重傷との報道が出ており、かなり重大な人的被害が発生した火災になってしまったね。

まだ、安否がよく分からない人もいるみたいだし、場合によっては人的被害がさらに拡大する懸念もある。
いずれにしても、火災原因の徹底的な究明が必要だし、建設業者側の重大な責任問題に発展しそうな気配だ。

一刻も早い全ての方々の安否状況の確認が求められますし、これ以上人的被害が拡大しないことを強く願いたいと思います…。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。