【早くも】柴山昌彦文科相が”長州大日本帝国礼賛”発言!「教育勅語を道徳に使える分野は十分にあり、普遍性を持っている」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年10月3日、第4次安倍改造内閣で入閣した柴山昌彦文科相が、長州・大日本帝国を礼賛するような発言を行ない、早くも批判が殺到している。

・柴山文科相は大日本帝国時代に作られた教育勅語について、「アレンジをした形で、今の例えば道徳等に使うことができる分野は、私は十分にあるという意味では、普遍性を持っている部分が見て取れる」と発言。安倍シンパに蔓延している長州閥や大日本帝国時代の思想を賛美する発言として、専門家からも多くの批判が噴出する可能性がある。

初入閣の柴山文科相、教育勅語“普遍性持つ部分ある”

初入閣した柴山昌彦文部科学大臣は就任会見で、戦前の教育で使われた教育勅語について、「アレンジした形で、今の道徳などに使える分野があり、普遍性を持っている部分がある」などと述べました。

「(教育勅語を)アレンジをした形で、今の例えば道徳等に使うことができる分野は、私は十分にあるという意味では、普遍性を持っている部分が見て取れる」(柴山昌彦文科相)

柴山大臣はさらに、「同胞を大事にするなどの基本的な内容について現代的にアレンジして教えていこうという動きがあり、検討に値する」とも話しました。

教育勅語については、政府が去年、教材として使うことを否定しない内容の答弁書を閣議決定し、野党や研究者らが「戦前回帰だ」などと批判していました。

【Yahoo!ニュース(TBS News) 2018.10.3.】

早速柴山新文科相が危険なカルトぶりを披露!安倍一派(日本会議)の根底にあるのは「大日本帝国復活」の”長州テロリスト賛美思想”!

田崎スシローさんですらも苦言を呈している「新生安倍内閣」だけど、早速、危険なカルト発言が飛び出したわねっ!
さすが、生粋の安倍シンパで固められた「在庫一掃セール内閣」だわっ!!

教育勅語というのは、長州大日本帝国において、国民(子どもたち)を「お国のために我が命を捧げる」という「奴隷思想」に洗脳していくために確立された、いわば当時の「バイブル」のようなものであり、”彼ら”にとっては一種「神聖で特別なもの」であることがうかがえる。

その証拠に、大日本帝国時代の思想や要人の子孫らを賛美する宗教結社である日本会議や、大日本帝国時に布教されていた「国家神道」の思想を受け継いで設立された神社本庁などにおいて、教育勅語を礼賛・復活させる運動が活発に行なわれているし、これら安倍一族を中心にした「長州大日本帝国礼賛思想」や「教育勅語礼賛」の活動は、れっきとしたカルトというべきものだ。

カルトというのは、その実態や組織を隠しながら国民に対して無意識のうちに様々な思想を植え付け、刷り込もうとする特徴があるけど、ネット上を見ても、ほとんどの場合で、所属している組織や宗教団体を隠しながら、「ステルス化」しつつこれらの「長州礼賛思想」を布教していく動きがあちこちで見て取れるからね。
マスコミにおいても、今やこれらのカルト宗教の資金や影響力が入り込んでいることがうかがえ、しばしば関係者がテレビ出演しては、彼らの背後に控える宗教組織について、全くといっていいほどに報じられることはない。)

そうした、大日本帝国や教育勅語の礼賛の先にあるのは、まさしく「自らの命を捧げて権力に奉仕する」っていう「真性奴隷思想」であって、こうした思想が、1%の特権階級が99%の一般庶民を徹底的に支配し、財産や生命をも収奪する「グローバリズム」に繋がっていくってことね。

その通りだ。
まさに、明治維新と大日本帝国の興隆こそが、日本が”間接的に”欧米軍産資本に乗っ取られたグローバリズムの「原点」であり、この明治維新や教育勅語などに異常なこだわりを持つ勢力は、ほぼもれなくエセ愛国者のグローバリストということだ。

そういう意味では、こうした勢力を「極右」などと表現するのはあまり適切ではないと思うし、これらの勢力の実態や正体について、よりよく認識していくことが必要だね。

そして、こうした「長州礼賛思想」は、「安倍一族の礼賛」にも直結してくるし、どちらにしても、最近安倍政権の中で活発化し出している「教育勅語の礼賛」は、国民にとってはロクなことにならないのは確実だわっ!

「教育勅語にはいい面もある」「アレンジすれば現代でも使える」なんて繰り返し言っているけど、何故そこまでしてわざわざ教育勅語を使う必要があるというのか
連中の根底にあるのは、「長州テロリスト・大日本帝国礼賛」のカルト思想なのは確実だし、さらにいえば、安倍政権はかつてなかったほどに現行憲法が定める「政教分離の原則」に大きく反している疑いが強い。

とにかく、安倍政権そのものが「危険なカルト宗教と大差無いもの」と認識しつつ、もっと危機感を持ってこの政権に強く反対していくことが必要だね。

Pocket

 

おススメ記事&広告