クルーズ船の”内情”を告発した岩田教授を橋本厚労副大臣が非難!岩田教授を「侵入者」呼ばわり!「傲慢&上から目線」ツイートが大炎上!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年2月18日にクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船した神戸大医学研究科感染症内科の岩田健太郎教授が、YouTube上で船内の数々の深刻な問題点を告発した中、橋本岳厚労副大臣(自民党衆院議員)が暗に岩田教授を強く非難。一連の流れが大きな波紋を呼んでいる。

「クルーズ船内は、中国やアフリカ以下」「COVID-19製造機」と、船内のウイルス対策の現状を伝える岩田教授に対し、橋本副大臣は、Twitter上で「お見掛けした際に私からご挨拶をし、ご用向きを伺ったものの明確なご返事がなく、よって丁寧に船舶からご退去をいただきました」としたうえで、岩田教授を「侵入者」呼ばわりで強く非難。その、「傲慢かつ上から目線」の橋本副大臣のツイートに対し、国民から批判の声が殺到している。

橋本厚労副大臣、岩田教授を“侵入者”呼ばわり…ダイヤモンド・プリンセス内の杜撰さ告発で

新型コロナウイルスの感染者が大量発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に関し、橋本岳厚生労働副大臣(岡山県第4選挙区、衆議院議員)がTwitterに投稿した見解が物議を醸している。

神戸大学医学研究科感染症内科教授の岩田健太郎氏が18日に乗船し、船内の検疫体制が危険な状態にあることをYouTubeで指摘したことに対する反応だった。橋本副大臣は投稿で岩田氏の乗船を「検疫中の船舶に医師が侵入した」と述べ、インターネットユーザーや同省関係者からは「明後日の方向を向いた批判だ」と批判が相次いでいる。

~省略~

投稿の中で、「ある医師」「事後に拝見したご本人の動画」とあることから、神戸大の岩田教授を指しての発言に見える。そもそもこの発言は、橋本氏個人としてなのか、厚生労働副大臣としての発言なのか。

衆議院第二議員会館にある橋本岳(がく)国会事務所に発言に関する真意や事実関係を確認しようとしたところ、事務所担当者は次のように回答した。

「お問い合わせの件は厚生労働省の広報にご連絡ください。このアカウントは、議員個人というか、厚生労働副大臣としてというよりも、個人の見解というか。いずれにしましても、厚労省の広報にお問い合わせください」

意味がわからないので、厚生労働省大臣官房広報室に問い合わせてみたが、担当者は「あれは個人のアカウントでの見解ではないのでしょうか…。こちらでは対応できかねます」と困惑した様子だった。

そもそも、議員個人の見解や発言に関して厚生労働省の広報に問い合わせを勧めるのは筋違いだし、副大臣としての見解であるのなら会見などで述べればいいのではないか。投稿で主張するように、感染症予防のための「コントロール」の重要性を訴えるのであれば、そもそも自身の発言も含めた情報発信もコントロールできていなければならないのではないか。

~省略~

【ビジネスジャーナル 2020.2.19.】

↓岩田健太郎教授による告発動画「ダイヤモンド・プリンセスはCOVID-19製造機」。

↓これに対し、橋本岳厚労副大臣が岩田教授を上から目線で激しく非難。

↓この橋本岳氏のツイートに対し、岩田教授は「お目にかかっていない」と反論。

クルーズ船内のずさんな実情を告発した岩田教授に対し、橋本厚労副大臣が「傲慢&上から目線ツイート」!早速安倍シンパが出動し、岩田教授を非難!

出典:Twitter(@ga9_h)

政府内のつてを通じてクルーズ船内を視察した岩田健太郎神戸大病院教授が、YouTubeを通じて船内のずさんな現状を告発していることが波紋を呼んでいる中、橋本岳厚労副大臣が名前を伏せたうえで、暗に岩田教授を強く非難
その「傲慢で上から目線の内容」に対し、多くの批判が集まっています。

橋本岳議員と言えば、過去にも下の過去参考記事のような問題行動を起こしているし、今回もまさに、安倍シンパ議員の”面目躍如”といえるような、自らがとんでもなく”偉い”と錯覚しているとしか思えない、ひどい「勘違いツイート」だ。
(しかも、岩田教授は橋本副大臣と「会っていない」と言っているし、これは一体どうなっているのだろう。)

●過去参考記事:【酷すぎる】自民党・橋本岳議員「(裁量労働の捏造データは)執拗に野党が要求したせいで、厚労省がやむを得ず作成した」→批判が殺到で釈明・謝罪!

確かに、ここまで船内で感染者が激増しているのだから、一般の人が見たって、「何かよほどの重大な問題点がある」と考えるのが普通だし、岩田教授もこうした危機感を持ったことから、どうにか知り合いのつてを通じて船内に入り、内部の状況を確認しようと思ったのだろう。

そして、今回の橋本副大臣の「傲慢&上からツイート」を通じて、岩田教授が指摘していたことはほとんど本当であることが分かった。
つまり、このように、あまりにも無能な安倍政権の政治屋と安倍ポチ官僚が主導権を握りながら、まるでずさんでメチャクチャなウイルス対策を強行してきたということだし、これに物申したり忠言する専門家を排除しながら、素人同然の対応を繰り返してきたことで、ここまですさまじい感染が広がってしまったうえに、これらのずさん対応を批判する声すらも、恫喝や圧力を通じて封じ込めようとしているということだ。

つまり、安倍政権が封じ込めに必死になっているのは、「新型コロナウイルス」ではなく、「安倍政権のずさん対応を指摘する人々の声」ということですね。

つまりは、隠蔽や改ざんや捏造に加え、マスコミを通じたプロパガンダや情報操作などの「国民騙し工作」を何よりも重要視する、安倍政権のいつものパターンということだ。
このような安倍政権が支配している日本が世界第2位の感染国になっているのも、ここまでクルーズ船内がとんでもない状況になってしまっているのも、「なるべくしてなったこと」だし、国民が最も強く危機感を持つべきなのは、むしろウイルスそのものよりも安倍政権ということだ。
なぜなら、ウイルスそのものは、適切な封じ込め対策さえしっかりやれば、爆発的な感染が広がる心配はそこまでないものの、このような、国民の命を守る気が微塵もない安倍政権を放任していれば、日本が「第二の武漢」のようになってしまうことだって、大いにあり得ることだからね。

早速、安倍シンパの勢力が出動しては、岩田教授を非難する動きが発生していますが、相変わらず、問題の本質から大きく逸脱した動きばかりが起こっていますね…

今の「この段階」こそ、本格的なパンデミックを防ぐことが出来るかどうかの重要な分岐点と言えそうだし、すでに安倍政権の信頼性が根底から崩れ去っては、政府としての体も成していないような状況の中、ボクたち個人個人が出来る限りの感染防止策を講じていく必要がありそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事