【安倍トモ性暴力訴訟】伊藤詩織さんが勝訴!山口敬之氏に330万円の賠償命令&反訴も棄却!山口氏は即日控訴の構え!「まったく納得できない」

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年12月18日、「安倍総理の代弁者」として知られる元TBSのジャーナリスト・山口敬之氏から性暴力を受けたとして、伊藤詩織さんが提訴した裁判において、東京地裁の鈴木昭洋裁判長が、伊藤さんの訴えは事実であると認め、山口氏に330万円の賠償命令を下した上に、山口氏による1億3千万円の反訴も棄却した。

・この判決に対し、山口氏は強い不満を露わに。熱烈な安倍シンパとして知られる文筆家の小川榮太郎氏らとともに会見に臨み、「全く納得していない」「法に触れる行為は一切していない」として、即日控訴する構えを見せている。

・伊藤さんは、自身の訴えが認められたことを涙ながらに語り、この結果が海外でも多く報じられている中、改めて、安倍官邸と密接につながる中村格氏が、山口氏の逮捕直前で直々に中止を命じた”不可解さ”が浮かび上がる事態になっている。

ジャーナリスト 伊藤詩織さんが勝訴 元TBS記者に賠償命令

ジャーナリストの伊藤詩織さんが、元TBS記者の山口敬之氏に性的暴行を受けたと訴えた裁判で、東京地方裁判所は山口氏に330万円の賠償を命じる判決を言い渡しました。

ジャーナリストの伊藤詩織さんは4年前、元TBS記者の山口敬之氏との食事で酒に酔って意識を失い、性的暴行を受けたとして1100万円の賠償を求めました。

伊藤さんが記者会見を開いたり、著書を出したりして被害を訴えたのに対し、山口氏は、性行為は同意していて名誉やプライバシーを傷つけられたとして、逆に1億3000万円の賠償を求めました。

18日の判決で東京地方裁判所の鈴木昭洋裁判長は「伊藤さんは、友人や警察に被害を相談していて、性行為が意思に反して行われたことを裏付けるものといえる。一方、山口氏の供述は、当時送信したメールと内容が矛盾し、核心部分について不合理に変遷していて信用性には重大な疑いがある」と指摘して、合意が無かったと判断し、山口氏に慰謝料など330万円の賠償を命じました。

また、山口氏の訴えについては「伊藤さんが性犯罪の被害者をめぐる状況を改善しようと被害を公表した行為には、公共性や公益目的があり、内容は真実だと認められる」として退けました。

伊藤さんは、性的暴行を受けたとして警視庁に告訴しましたが不起訴処分になっていて、刑事手続きと民事裁判で判断が分かれました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2019.12.18.】

↓海外メディアも大々的に報道。

Shiori Ito: Japanese journalist awarded $30,000 in damages in rape case

A Japanese court has ordered a high-profile TV reporter to pay 3.3 million yen ($30,000; £22,917) in damages to a journalist who accused him of rape.

Shiori Ito alleged that Noriyuki Yamaguchi raped her in 2015 while she was unconscious.

Prosecutors said there was not enough evidence for a criminal case, so Ms Ito brought a civil case.

Ms Ito has become a symbol of the #MeToo movement in a country where people rarely report sexual assault.

“I’m so happy,” said 30-year-old Ms Ito, who held up a sign which read “victory” after the verdict was announced.

But in a news conference hours later, Mr Yamaguchi said he planned to appeal – and he again denied the rape allegations.

~省略~

【BBC 2019.12.18.】

伊藤詩織さん勝訴 母は「想像してほしい。わが子に性被害が降りかかったことを」

~省略~

裁判所の前で取材に応じた詩織さんは、勝訴の感想を聞かれ、言葉を詰まらせながらこう答えた。

「まだどう感じていいかわからないので。ただ、法廷から出てきた時に、ずっと支援してくださった方がハグをしてくださって。一つのピリオドをつけることができたと思います」

~省略~

裁判所前には、多くの支援者も駆けつけた。支援者の女性(71)は喜んだ。

「本当によかった。日本の司法が良識を示してくれたと思います」

伊藤さんは言う。

「私が経験したのは性暴力でしたけれど、その後の社会的環境や性暴力被害者が置かれている環境は本当に遅れていると思います」

勝訴したが、これが終わりではない。これがきっかけとなり、今まで出てこなかった証拠や証言が出てきてほしいと語った。

「長かったです……。私の見ているこの景色は、以前と全く違うもの。まだまだ司法がきちんと関わらなければ、こういう事件はなかったことにされてしまう。法律、報道の仕方、教育。まだまだ宿題はあると思いますが、これを1つのマイルストーンとして、皆さんと1つ1つ考えていけたら」

~省略~

この日、伊藤さんの母親(57)も初めて裁判を傍聴した。判決の後、娘についてこう話した。

「娘の勇気を誇らしく思っています。心配もありましたけど、よく頑張ったとほめてあげたいと思います」

伊藤さんがここまで頑張れた理由について、母は静かに語った。

「被害がなかったことにしたくなかった、昔から正義感の強い子どもだったのでそれを隠して生きていくことが彼女にはできなかったのだと思います」

山口氏についてはこう感情をぶつけた。

「あなたにもし娘がいたらと、想像してほしい。わが子に性被害が降りかかったら、親なら胸が張り裂ける思いです」

~省略~

【AERA dot. 2019.12.18.】

敗訴の山口敬之さん「納得いかない。すぐに控訴します」 伊藤詩織さんとの訴訟

ジャーナリストの伊藤詩織さんが性暴力被害を訴えていた裁判で12月18日、330万円の支払いを命じる判決を受けた元TBS記者のジャーナリスト・山口敬之さんが控訴する方針を明らかにした。

同日午後、東京都内で会見し、「判決について、内容にまったく納得いかないので、すぐに控訴します。私は法に触れる行為はしていません」と述べた。

会見に同席した文芸評論家の小川榮太郎さんは「曲学阿世、邪悪そのもの。そういう感じをまったく禁じ得ない驚くべき判決でした」と語った。山口さんの代理人をつとめる北口雅章弁護士は「納得のいかない判決ですので、矛盾点を精査して控訴審にのぞみたいです」と話した。

~省略~

【弁護士ドットコム 2019.12.18.】

↓伊藤詩織さんの会見。

↓山口敬之氏の会見。

日本の三権分立が崩壊しかかっている中で「画期的な判決」!裁判所が、安倍官邸主導の「不当な逮捕中止&不起訴」を(間接的に)認める!

久々に、とてもいい知らせが入ってきました!
司法の分野にまで安倍政権の腐敗の悪影響が広がってきているように見えていた中で、どのような判決が出されるか不安でしたが…驚くほどに、とても冷静かつ良識ある判決が出たように感じます。

詩織さんの記者会見、会場にいた女性記者の中でも涙ぐんでいた人もいたみたいだけど、私も思わず、動画を観ていて胸が熱くなってしまったわ…。
彼女にとって、「本当に長くて辛い戦い」だったことが、改めて強く感じられたわ。

ここまで、一生分の勇気を振り絞って、命がけで声を上げた詩織さんの訴えが認められて、本当に、本当に良かったですぅ~…。

「桜疑獄」「受験改悪(ベネッセ疑獄)」と、ここのところ、その盤石な基盤に亀裂が入ってきている安倍政権だけど、今回の判決を見て、明らかに安倍政権の権力ががたついてきていることを感じたよ。

なんせ、今回の判決内容は、伊藤詩織さんの訴えが事実であることをほぼ全面的に認める判決であり、これはすなわち、「異例中の異例」であった山口敬之氏に対する「逮捕中止命令」が「不当なもの」であったことを認めているも同然であり、さらにいえば、安倍官邸が、”忠実な子分”である中村格官房長(当時は刑事部長)や検察を通じて、「安倍総理の大事なお友達(安倍シンパマスコミ人)のレイプ行為のもみ消し・隠蔽」が行なわれたことを司法が暗に認めたということだからね。

この件については、伊藤さんによる検察審査会への申し立てでも「不起訴相当」が決定されているけど、この流れとも「真っ向から反する判決」が言い渡されたというのは、ボクも正直言ってかなり意外だったし、これは相当なまでに画期的な判決と言っていいのではないかな。

言い換えれば、それだけ、安倍政権の権力にはっきりとした”ほころび”や”衰え”が出てきているということであり、裁判所も政権に忖度する”必要性”が薄れてきたということかもしれませんね。

東京地裁の鈴木昭洋裁判長は、本当に良識ある判決を出したと思うし、日本全体に言いようのない「閉塞感」や「失望感」のようなものが漂っていた中で、一筋の光が見えてくるような判決ともいえるんじゃないかな。

しかし、山口氏は、早速控訴する構えを見せているし、山口氏の控訴会見には、熱烈な「アベ教信徒」として知られる小川榮太郎氏が同席するなど、山口氏の支援には、ドン引きするほどの「安倍カルト」が結集しており、こうした様子を見ても、彼の”逮捕中止劇”が「安倍案件」だったことを自ずと示唆している。

●過去参考記事:
【これは酷い】”痴漢擁護”小川榮太郎氏の「安倍礼賛本」を安倍総理が政治資金で大量購入!幻冬舎の見城徹社長にも小川氏を強く推薦!

新潮45「杉田擁護記事」騒動、批判殺到の小川榮太郎氏による「安倍夫妻との一心同体」や「カルト教団との深い関係」をマスコミが一切報じず!昭恵氏と山登りの写真も!

ここ最近、安倍一派によるマスコミへの恫喝や締め付けが今まで以上に激化しているけど、これも、安倍官邸の統率力に陰りが出てきていることに対する焦りの裏返しにも見えるし、今回の良識ある判決を下した鈴木裁判長に対して脅しや恫喝をしてくる可能性がある上に、控訴審を担当する裁判長にも様々な圧力をかけてくる恐れもある。

そういう意味でも、まだまだ油断は禁物だし、(第二次安倍政権が誕生する以前の)最低限のモラルある社会を取り戻していけるよう、良識ある国民が声を上げ続けていくことが大事なんじゃないかな。

そうですね…。
まだまだ安心するのは早いですし、今後の展開を注意深く見守っていこうと思います。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事