安倍礼賛系2ちゃんねるまとめサイト「保守速報」に200万円の賠償命令!在日朝鮮人女性に対する名誉毀損や人種差別記事を40本以上も掲載

Pocket

どんなにゅーす?

・ネット掲示板のヘイトスピーチを集めて、在日朝鮮人のフリーライターの女性を差別・侮辱する記事を多く配信したとして、安倍政権を礼賛する記事内容で知られるまとめサイト「保守速報」の管理人男性に対し、大阪地裁が200万円の賠償命令を下した。

・原告の在日朝鮮人女性・李信恵さんはこの判決に喜びのコメントを出したものの、保守速報の管理人男性は、判決を不服として控訴する意向を見せている。

「保守速報」の記事掲載、差別と認定 地裁が賠償命じる

ネット上の差別的な書き込みを集めて掲載され、名誉を傷つけられたとして在日朝鮮人の女性が、まとめサイト「保守速報」を運営する男性に2200万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が16日、大阪地裁であった。森田浩美裁判長は「名誉毀損(きそん)や人種差別にあたる記事を40本以上も掲載し、執拗(しつよう)だ」として200万円の賠償を命じた。

訴えていたのは、大阪府東大阪市在住のフリーライター李信恵(リシネ)さん(46)。原告の弁護団は、差別表現の書き込み自体ではなく、掲示板などの投稿を集めて掲載する行為に賠償が認められるのは「我々が知る限りで初めて」と評価した。

判決によると、男性は2013年7月から約1年間、保守速報のサイトに、匿名掲示板「2ちゃんねる」などに書き込まれた李さんを差別、侮蔑するような投稿や写真を、読みやすく編集し掲載した。

判決は、李さんに対する「頭おかしい」や「朝鮮の工作員」といった表現は、社会通念上許される限度を超えた侮辱にあたる、と認めた。「日本から叩(たた)き出せ」などの表現は「日本の地域社会から排除することをあおるもの」と指摘し、人種差別にあたると判断。女性差別にあたる表現もあった、とした。

男性側は「情報の集約に過ぎず、転載したことに違法性はない」と主張していた。しかし判決は、男性による表題の作成や情報量の圧縮、文字の強調によって内容を効果的に把握できるようになった、と認定。「2ちゃんねるとは異なる、新たな意味合いを有するに至った」とし、引用元の投稿とは別に、保守速報自体が憲法13条が認める人格権を侵害した、と結論づけた。

判決後に会見した李さんは「踏み込んだ内容の判決で、とてもうれしい」と喜んだ。「拡散された情報は消えることがない。誰もが傷つかないようにできたら」とも語った。

【朝日新聞 2017.11.16.】

 

この判決が、ネット上でのヘイト・差別蔓延の現状に変化をもたらすかどうかに注目

最近では黒髪強要問題でのデマ拡散など、以前から数多くの問題を引き起こしてきた保守速報に対して、在日朝鮮人の女性に対するヘイトスピーチ記事を量産したことに対して、200万円の賠償命令が下されました。
まとめサイトにおけるヘイトスピーチに対する裁判での賠償命令は恐らく初であり、ネット上でもこの判決を歓迎する声が相次いでいます

その一方で、保守速報は、安倍総理本人やその他の多くの安倍政権や維新系の議員などが多く愛読していることでも知られており、管理人本人も権力による後ろ盾があることを知っているからこそ強気の態度に出ていることが考えられ、コメント欄にも管理人への大量の応援コメントが殺到しているのも現状だ。

管理人側が控訴をすることで、その後どのような判決が出るかが要注目であり、その内容によって、その後のネット上の言論環境が大きく変化していくことも考えられる。

個人的には、日本もいずれ欧米のような、ヘイトや人種差別を厳しく規制・罰する風潮が徐々にネット上に浸透していく流れを予想しており、安倍政権が終わるとこれが加速度的に行なわれるのではないかと見ているよ。
(つまり、いずれはネット上に大量にはびこっている安倍政権のヘイト工作員たちも粛正され、消えていく運命にあるということだ。)

人間の醜い部分が凝縮したヘイトスピーチや差別は出来る限りなくしていくべきと考えているけど、これを口実にした激しい言論統制や表現規制に繋がらないことを同時に願いたいところだ。

つまり、言論や表現の自由を確保しながら、個々人が最低限のモラルや良識を持って、差別や憎悪表現を自ら控えるような節度のある書き込みを率先して行なうような、健全で優しさのある自由度の高い社会を目指していくべきということですね。
今回の判決とその後の控訴審がどのような展開になっていくのか、注意深く見ていこうと思います。

おススメ記事&広告

 
Pocket