【ウソでしょ】実の娘(19)をレイプした父親、無罪に!鵜飼祐充裁判長「性交は意に反するものだったが、抵抗不能とは認められない」(名古屋地裁岡崎支部)

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年3月27日、2017年に抵抗できない状態にあった実の娘(当時19)を強姦した罪(準強制性交罪)に問われていた愛知県内の父親に対し、無罪判決が言い渡された。

・検察側は、「中学2年頃より父親から性的虐待を受け続け、専門学校の学費を払ってもらった負い目から心理的に抵抗できない状態にあった」として懲役10年を求刑したのに対し、弁護側は「同意があり、抵抗可能だった」と主張していた。

・無罪を言い渡した名古屋地裁岡崎支部の鵜飼祐充裁判長は、「性交は意に反するもので、抵抗する意志や意欲を奪われた状態だった」と認めつつも、「被害者が抵抗不能な状態だったと認定することはできない」としており、ネット上ではこの判決に怒りの声が噴出している。

娘と準強制性交、父親無罪 「抵抗不能」認定できず 地裁岡崎支部

2017年に愛知県内で抵抗できない状態の実の娘=当時(19)=と性交したとして準強制性交罪に問われた男性被告に、名古屋地裁岡崎支部が「被害者が抵抗不能な状態だったと認定することはできない」として無罪判決(求刑懲役10年)を言い渡していたことが4日、分かった。判決は3月26日付。

公判で検察側は「中学2年のころから性的虐待を受け続け、専門学校の学費を負担させた負い目から心理的に抵抗できない状態にあった」と主張。弁護側は「同意があり、抵抗可能だった」と反論した。

鵜飼祐充裁判長は判決理由で性的虐待があったとした上で「性交は意に反するもので、抵抗する意志や意欲を…

~省略~

【毎日新聞 2019.4.4.】

またもレイプ(準強制性交罪)に関する信じがたい判決が!抵抗できない状態の実の娘を襲った父親がまさかの無罪判決!

出典:Wikipedia

またも、性犯罪に関する信じがたい判決が飛び出しました。
実の娘をレイプした罪(準強制性交罪)に問われた父親に対して、名古屋地裁岡崎支部の鵜飼祐充裁判長「性交は意に反するもので、抵抗する意志や意欲を奪われた状態だった」としつつも、「抵抗不能とは認められない」として、無罪を言い渡しました。

抵抗力を奪われた状態にある実の娘を一方的に犯したことを認めつつも、これが無罪になってしまうとは…一体日本の司法はどうなってしまっているのでしょうか?

数を上げればキリがないくらいに、ここ最近、卑劣なレイプ事件に対する検察による不起訴処分や、司法による無罪判決が乱発している状態だ。
つい最近にあったものを挙げてみても、慶大生による連続レイプ強盗事件における全員不起訴女性にテキーラ一気飲みを強要しレイプした会社員に対する無罪判決など、いずれもレイプ行為あったことが確定的な状況にありつつも、なぜか不起訴や無罪になってしまうという、まったく異常な事態が続いている。

今回の判決もネットでも驚きと怒りが噴出しているけど、「実の娘を犯したのに無罪」なんて、こんなことがまかり通っていいのだろうか。
「中学生の頃から性的虐待を受け続けてきた」という、この19歳の女性の心の傷は察するに余りあるほどだし、恐らく、その深い傷は一生消えることはないだろう。
この女性は、事実上、父親だけでなく「日本の司法」からもレイプを受けてしまった状態だし、あまりの痛ましさにちょっと言葉が無いね。

ネット上では、ここまで司法がおかしなことになってきてしまっている背景に、(安倍官邸からの意向を受けた)警察、検察、司法による「山口敬之氏レイプ揉み消し」が影響していることを疑う声が相次いでいますね。

ここまで不可解で信じがたい判決が乱発しているんだから、そう疑いたくなってくるのも仕方ないだろう。
現在、山口敬之氏は薬物レイプ被害を訴えている伊藤詩織さんを反訴している状況だけど、確かに、このような判決が連発している状態であれば、もし山口氏が勝訴しても、あまり不自然ではない雰囲気を作ることが出来るからね。

とにかく、このような判決が常態化すれば、文字通りに日本は「レイプし放題の国」ということになってしまうし、「実の娘をレイプしても罪にならない」ということで、世界でも類を見ない「異常な国(女性蹂躙大国)」ということになってしまいそうだ。

政治から司法まで、あらゆる部分で倫理感や正義が崩壊してきているのを感じてしまいます。
山口氏と詩織さんの裁判の行方も心配ですし、安倍政権の独裁化により、政治だけでなく、司法すらも私たち国民に向けて牙をむき始めてきているのかもしれません。

Pocket