【池袋暴走】飯塚幸三氏が退院、カメラの前に登場!警察は逮捕しない方針!飯塚氏「申し訳ありません、それだけです」

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年5月18日、池袋で12人が死傷する暴走事故を引き起こした元高級官僚の勲章受章者・飯塚幸三氏が退院。報道陣の前に姿を見せた

・タクシーから降りた飯塚氏は、杖をつき、今にも倒れそうな足取りで登場。報道陣からの問いかけに、「申し訳ありません、それだけです」と弱々しく口を開き、おぼつかない足取りで警察署に入っていく様子が放送された。

・飯塚氏は、現在も「ブレーキペダルを踏んだがきかなかった」「アクセルペダルが戻らなかった」と自身の過失を認めていない中、警察は今後も逮捕せずに任意で事情聴取を続ける方針。これに対し、ネット上では再び批判と怒りの声が上がっている。

元院長が退院 池袋暴走、警視庁が聴取

東京都豊島区東池袋で乗用車が暴走し12人が死傷した事故で、車を運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87)が18日午前、都内の病院を退院したことが捜査関係者への取材でわかった。飯塚元院長は事故で胸の骨を折るなど重傷を負い入院していた。警視庁は同日、元院長から任意で事情を聴いた。

捜査関係者によると、車のドライブレコーダーの記録や周辺の防犯カメラの映像といった証拠を既に押収しており、逃走の恐れもないことなどから、逮捕せずに任意で捜査を続ける。

飯塚元院長はこれまでの複数回の事情聴取に対し「ブレーキペダルを踏んだがきかなかった」「アクセルペダルが戻らなかった」などと運転ミスを否定している。警視庁は今後、事故現場付近を交通規制し、飯塚元院長の立ち会いの下で事故の状況を調べるなど、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)での立件に向け捜査する。

【日経新聞 2019.5.18.】

飯塚幸三氏が退院するも、やはり逮捕はされず!マスクにサングラス姿、今にも倒れそうな足取りでカメラの前に姿見せる!

出典:YouTube

「池袋暴走死傷事故」を引き起こした飯塚幸三氏が退院して、初めて報道陣の前に姿を見せたけど、どうやら、退院後も逮捕しないで任意で事情聴取を続ける方針みたいだわ!
しかも、今にも倒れそうな足取りで、ほとんど足が動かない状態のように見えるし、こんな状態で車を運転していたなんて…ちょっと信じられないんだけど!

少し前に報じられた東スポの記事では、「上級国民だから逮捕されないというのは根拠のないデマ」とした上で、捜査関係者の話として「退院したら逮捕だろう」と書かれていたけど、どうやらこれは間違った情報だったようだ。
警察側は、自動車に異常はなかったと見ているのに対し、飯塚幸三氏は「アクセルが戻らなくなった上に、ブレーキもきかなかった」と主張しているようで、今も自らの過失を認めていない状況だ。
この状況で、警察がどうして「証拠隠滅の恐れがない」と判断するのかが疑問だし、一般国民であれば、普通に考えれば逮捕なんじゃないかな。

この状況に強く怒っている人々に対して、「逮捕の有無は刑罰の有無に関係ないし、逮捕をしないからといって無罪になるわけではない」と火消ししている声も一部であるけど、今や、「逮捕」して身柄拘束することや「容疑者」としてマスコミに報じられることが、実質的に一定の「社会的制裁」の効力を持ってしまっている現状がある以上、多くの人々が警察の対応に疑問を感じるのはある意味当然のことだ。

それから、先日の報道で、飯塚氏が重傷を負った被害者の人に手紙を送っていたことが伝えられたけど、手紙の中では自らの過失を全面的に認めるようなことを書いているものの、警察に対しては自らのミスを認めていない状況なのが気になる。
加えて、もし、”本当に”ここまで歩くのもままならないほどに「ほとんど足が動かない状況」なのであればかなり重大な過失があることが考えられる。
なんせ、ただでさえ、足が自由に動かない状態で車を運転することが重大な危険や脅威を生み出すというのに、複雑で高度な運転操作やとっさの判断力が求められる「都内の中心地の道路」を運転するとなると、一体どういうことになるのか
普通に考えれば分かるはずなんだけどね。

しかも、東京23区内であれば、自家用車以外の交通手段も発達しているし、タクシーを呼んで移動するのも容易なはずだわ。
事故を起こした際に、より「猛スピード」で走り去ろうとしていた動きが見られるのも不可解だけど、こんな状況で運転しようと思ったその神経自体が信じられないわっ!

マスクにサングラス姿(ややみすぼらしいような姿)で登場したのも、なんだか若干の”演出”の痕跡が見られるし、これらの情報の断片を見ても、この人物の性格や精神性が見え隠れしているよね。

全体の報道姿勢や警察の対応を見ても、やはり、それぞれが(元高級官僚で勲章受章者の)飯塚氏に”忖度”しているような雰囲気が見られるし、果たしてこの先、飯塚氏がどのような処遇を受けることになるのか(一般の人同様に起訴され、裁判を通じて厳しい刑罰を受けることになるか)、注意深く今後の動きを見ていこうと思うよ。

Pocket

 

 関連記事