【劣悪】フジ・平井文夫氏が「学術会議で働くと年間250万円の年金」とデマ拡散で菅サポート&学術会議への憎悪扇動!翌日に訂正するも、その不誠実な対応にも批判殺到!

Pocket

どんなにゅーす?

菅政権による日本学術会議への人事介入に対する批判が噴出している一方で、一部の菅サポ勢力が菅政権の擁護を展開している中、フジテレビの平井文夫上席解説委員が「バイキングMORE」の中で、日本学術会議のメンバーについて、「この人たち、6年ここで働いたらその後学士院というところに行って、年間250万円年金がもらえるんですよ。死ぬまで。皆さんの税金から。」などと発言。スタジオ内から一斉に驚きの声が上がったうえ、ネット上でも学術会議に対する怒りの声が噴出した。

・ところが、この発言は完全なるデマだったことが判明。日本学士院もこの発言を完全に否定したことで、翌日の番組中に、伊藤利尋アナが代理で平井氏の発言を訂正。平井氏自身も「とくダネ!」の中で訂正を行なったものの、ここでの発言も正確性を欠いておりフジテレビによる学術会議に対する悪質な憎悪扇動や、デマ判明後の粗悪な対応に批判の声が殺到している。

「学術会議で働いたら学士院へ行き、年金250万円もらえる」は誤り。学士院「全くない」と強調
フジテレビ『バイキングMORE』でフジテレビ上席解説委員の平井文夫氏が解説。翌日、「誤解を与えた」と別番組で釈明した。

菅義偉首相が日本学術会議が推薦した会員候補105人のうち6人を任命しなかった問題。10月5日の『バイキングMORE』(フジテレビ系)でもこの問題を取り上げたが、フジテレビ上席解説委員の平井文夫氏が誤った「ルール」の解説をし、批判を浴びている。

~省略~

その中で平井氏は、「政府の中にある機関なのに独立しているというのはまずおかしい」とし、民営化すべきだと指摘。その上で、日本学術会議の会員を6年務めると日本学士院の会員となり、年金がもらえる「ルール」になっていると以下のように説明した。

「やっぱり政治家だってもちろん間違う事はあるんだけど、それは僕たち選んでる国民の責任でもあるわけです。ただ学者さんというのはそういうプロセスを経てないですから。自分たちで勝手になって勝手に選んでるわけだから、僕らとしてはね、面倒の見ようがないわけ。だからおかしいんですよ。僕は民営化して、自分たちで会費を払って、提言すればいいんじゃないですか。だってこの人たち6年ここで働いたらその後学士院というところに行って、年間250万円年金がもらえるんですよ。死ぬまで。皆さんの税金から。大体。そういうルールになってる」

これには他の出演者も驚き、この部分を切り取った動画がTwitter上でも拡散。「年金欲しさか」などの反応が寄せられた。しかしこの「ルール」は存在しない。ハフポスト日本版の取材に、日本学士院が明確に否定した。

~省略~

日本学士院はハフポスト日本版の取材に「学術会議の会員を務めた方がその後推薦で学士院の会員に選定されることはある」とするが、「学術会議の会員を努めたからといってそのまま学士院の会員になるということは全くない」と平井氏が述べた「ルール」の存在を完全否定。

平井氏は日本学術会議の会員を務めた全員が日本学士院の会員になるかのような説明をしているが、定員150人の終身会員となる組織に、6年任期の会員210人が入るのは不可能だろう。

「誤解を与えた」と別番組で釈明

平井氏は翌10月6日『とくダネ!』(フジテレビ系)に出演。

『バイキングMORE』での発言について「学術会議の会員全員が学士院会員になれるとの誤解を一部に与えてしまった」とし、「学術会議の会員は学士院の会員に推薦されますが、ならない人もいますし、学術会議以外の人も学士院会員になる道はあります」と説明。しかし、学術会議の会員全員が学士院の会員に推薦されると決まっているわけではなく、この釈明にも疑問符がつく結果となっている。

【ハフポスト 2020.10.6.】

「日本学術会議で働くと年金」バイキングが誤解説と批判殺到

「だってこの人たち6年、ここ(日本学術会議)で働いたら、その後、学士院というところにいって、年間250万円年金もらえるんですよ(一同「えーっ」)。死ぬまで(一同再び「えーっ」)。みなさんの税金から。そういうルールになってるんです」

10月5日に放送された「バイキングMORE」(フジテレビ系)でそう語ったのは、フジテレビ報道局解説委員室上席解説委員の平井文夫氏(61)だ。

菅義偉首相(71)が日本学術会議の会員候補だった学者6人の任命を見送った問題について解説する中で出た発言。これには坂上忍(53)ら番組の出演者も驚愕し、思わず声を挙げた。

~省略~

ツイッター上では平井氏のこの誤った情報によって、日本学術会議に対する憎悪が高まっている。平井氏の発言の映像とともに、こんなツイートが……。

《税金にたかっている》
《そりゃあ250万円の年金が 今の年金にプラスされるのなら 激怒してデモを起こすわな》

■「2015年に軍事研究禁止」も不正確

目的も、属性もまったく異なる組織を関連付けて、日本学術会議への批判の材料とした平井氏。ほかにも不正確な発言があった。

「2017年に日本学術会議が軍事研究の禁止というとんでもない提言を出したんですね」

あたかも、近年になって日本学術会議が軍事研究に反対した反対し始めたような発言だったが、日本学術会議は創立翌年の1950年とベトナム戦争の最中だった1967年に“軍事目的の研究は絶対にしない”という内容の声明を出している。2017年の声明は、防衛装備庁が将来の“装備品”に使える基礎研究に研究費を支給する「安全保障技術研究推進制度」を2015年に創設したことを受けて、過去の声明を継承することを確認したものに過ぎない。

~省略~

【Yahoo!ニュース(女性自身) 2020.10.5.】

杉田水脈氏を「非常にちゃんとした保守政治家」と賛美してきたトンデモカルト解説員・フジテレビ平井文夫氏が、学術会議への憎悪を煽る悪質「菅サポフェイク」を拡散!

出典:FNN

これまで私たちも日本のマスメディアの堕落を一貫して批判し続けてきたけど、ついに、ここまで日本のテレビは腐りきってしまったのねっ!!
この平井文夫氏のデマ拡散は、日本のテレビの「黒歴史」に永遠に刻まれるくらいの洒落にならない酷さだわっ!

同感です。
田崎史郎氏も日頃から安倍&菅サポート目的のデマ発言が目立っていますが、今回の平井氏の発言は、これまでのデマの中でもとりわけ悪質なものといえそうです。

さすが、ただの虚言癖のペテン師・杉田水脈議員「非常にちゃんとした保守政治家」などと讃えていた平井氏だけあって、本人もかなりのデマ吐き屋だね。
(果たして、いつから「保守」という言葉が「詐欺師・ペテン師・オカルト信者」などの意味になってしまったのだろうか?

本当であれば、最低でも1か月間は、毎日番組中に常に字幕などを流すなどして、平井氏が流したデマを丁寧に訂正していくことが必要(もちろん平井氏はクビ)なはずなんだけど…ある意味、これは確信犯的にデマを流したことを疑わないといけないだろう。
ネット上でも、いまだにこの平井氏の発言が拡散されては、学術会議に対する憎悪が喚起されている状態だけど、どうやらこれは、ジャパンハンドラーのグローバル資本勢力の息がかかった、意図的な民衆洗脳のプロパガンダである疑いが強まってきた。

つまり、今回の菅総理による学術会議への人事介入は、ただ単に菅総理が個人的に気に入らない(安倍政権を批判した)学者を外したということより、今回の一件を通じて、学術会議そのものへの憎悪や批判を盛り上げる目的で行なわれたのではないかということだ。

そういえば、安倍政権は大学などに軍事研究を積極的に推進させる方針を打ち出していましたが、こうした動きに反対してきたのが、日本学術会議でしたね。

学術会議の中でもこうした安倍政権の方針に賛否が分かれていたみたいだけど、明確に安倍政権の方針に異を唱えていたメンバーが今回菅政権によってパージされたということだ。

安倍政権による(大日本帝国の再興ともいえる)軍事研究促進の動きは、グローバル軍産資本勢力が主導している憲法9条の破棄や日本版FEMA(緊急事態条項)創設などをはじめとする「戦争が出来る国作り」の一環であり、これは(当然ながら)日本が単独で推し進めているものではなく、海の向こうの戦争ビジネス勢力のカネ儲けやグローバル支配層の覇権争いによるものであり、いってみれば、安倍政権や菅政権はこうしたワシントンのシンクタンクの意向にただ単に従っているだけだ。

つまり、今回の騒動の背後には、グローバル資本勢力による日本の軍拡戦略や(米国の代理としての)日中の軍事衝突の構想が見え隠れしており、こうした目的を推し進めるために、菅政権に加えてテレビやネット工作員が国民を扇動・洗脳している疑いが強いということだ。

なるほどね!
フジテレビ(フジサンケイグループ)も、背後に統一教会やCIAの影が見え隠れしている怪しいグローバル企業ですし、平井氏も「こうした目的」の下に国民をおかしな方向に誘導しようとしてあの手この手で菅サポ活動に励んだり、学術会議への憎悪扇動を行なっているってことね!!

こうしたグローバル支配層による扇動や誘導に乗っかってしまったら、国民にとってはろくなことにならないのは目に見えている。
まあ、(ご覧のように)工作にかかわっている人間のレベルがあまりにも低すぎて、まっとうな感性を持っている人であれば、そうやすやす引っかかることはないとは思うけど…くれぐれもマスコミやネット上に溢れている様々な劣悪な「ノイズ」にやられてしまわないよう、気を付けていこうね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事