日本学術会議の新会員、政権批判していた学者を菅総理が認めず!総理による人事介入は前例なし!菅政権の「恐ろしい本性」がいよいよ露わに!

Pocket

どんなにゅーす?

・日本の科学者を内外に代表する機関である「日本学術協会」の新しい任期が20年10月1日から始まった中、同会議が推薦していた学者について、安保法や共謀罪に対する批判など、これまで政権に批判的な提言をしていた学者を菅総理が拒否していたことが判明。総理大臣が同会議の人事に介入することは前例がないという。

・事務局側は、同会議が推薦した学者が一部含まれていないことについて、「何かの間違いではないか」と思い政府に問い合わせたところ、「間違いではない。理由はノーコメント」と返答があったという。菅政権による、安倍政権を超えるほどの強権的で独裁的な危険な体質が露呈し始めている。

菅首相、学術会議人事に介入
推薦候補を任命せず
安保法批判者ら数人

1日から任期が始まる日本学術会議の新会員について、同会議が推薦した会員候補のうち数人を菅義偉首相が任命しなかったことが30日、本紙の取材で分かりました。推薦者が任命されなかったのは過去に例がありません。任命されなかった科学者のなかには安保法制や共謀罪を批判してきた人も含まれています。新政権誕生後、菅首相による恣意(しい)的な人事が明らかになったのは初めてで、学問の自由に介入する首相の姿勢が問われます。(取材班)

日本学術会議法は、会員(210人)を同会議の推薦に基づいて、首相が任命すると定めています。会員の任期は6年間で3年ごとに半数が交代します。1日から半数の新会員の任期が始まります。会員は特別職の国家公務員(非常勤)です。

同会議から新会員として推薦されていた立命館大学大学院法務研究科の松宮孝明教授によると、29日夕方に同会議の事務局長から「(首相の)任命名簿に名前がない」と連絡がありました。他にも数人、名前がなかった科学者がおり、「間違いではないか」と考えた事務局が政府に問い合わせると、「間違いではない。理由はノーコメント」と返ってきたといいます。

松宮教授は2017年に国会の参考人質疑で共謀罪法案について「戦後最悪の治安立法」などと批判していました。松宮教授を知る学術会議のある会員は、「松宮教授の学術的な貢献は申し分ない。会員を外されたのは、政治的判断としか思えない」と話します。複数の関係者によると、ほかにも安保法制に反対した科学者が任命されていないといいます。

~省略~

【しんぶん赤旗 2020.10.1.】

学術会議への人事介入
菅首相が拒否した6人の氏名分かる

日本学術会議は1日、東京都内で総会を開き、山極寿一前会長(京都大学前総長)が、同会議が推薦した新会員のうち6人が菅義偉首相により任命を拒否されたことを明らかにしました。山極氏は退任のあいさつで「日本学術会議法第7条で『推薦に基づき』とあるのは重い規定。任命拒否は日本学術会議の歴史になかったことで重大だ。大変残念だ」と述べ、菅首相に説明を求めていると報告しました。

6人の名前は公表されませんでしたが、本紙の取材に、小沢隆一東京慈恵会医科大学(憲法学)、岡田正則早稲田大学(行政法学)、松宮孝明立命館大学(刑事法学)、加藤陽子東京大学(歴史学)、芦名定道京都大学(キリスト教学)、宇野重規東京大学(政治学)の6人の教授が任命を拒否されたことを明らかにしています。多くが安保法制や共謀罪、沖縄の新基地建設などに反対を表明しています。

山極氏は任命拒否の理由を示すよう菅首相あてに文書を提出したものの、現時点まで説明はないと報告。「日本学術会議は内閣府と密接な関係を持つが、命令を聞く組織ではない。科学者が業績を精査して推薦したのだから、説明もなく任命しないことは重大な問題だ」と強調し、新しい会長らが、この問題を議論し、今後対応するよう求めました。

~省略~

【しんぶん赤旗 2020.10.1.】

「かわいいパンケーキおじさん」菅総理の恐ろしい本性がいよいよ露呈!学問の世界に本格的に介入し、民主主義制度を堂々と正面から破壊!

出典:Wikipedia

私たちもこれまで危惧してきた、菅総理の恐ろしい本性がいよいよ本格的に露呈してきました。
日本学術会議は、形としては総理所轄であるものの、民主主義制度を保全するための「学者による独立性が確保された機関」として、政府に多くの貴重な提言を行なってきたのですが…。
同会議の内部でも、かなり衝撃や抗議の声が湧き起こっているようですし、このままでは、菅政権は安倍政権を超えるほどの独裁性を発揮することになりそうです。

そりゃ、大手マスコミが政権に対する厳しい監視機能を初めから放棄しては、「かわいいパンケーキおじさん」「女子に大人気の菅総理の魅力に迫る!」なんてヨイショ一色で報じていれば、こうなっていく(どんどん独裁化・ファシズム化していく)のは当然の流れだ。

今回の大々的な人事介入は、菅総理による「自分に批判的な人間は何が何でも排除していく」といったこれ以上ないほどの強力なメッセージだし、こりゃ、かなりヤバいことになっていきそうだぞ。
とにかく、「安倍政権を継承していく」と堂々と宣言している時点で、国民にとってロクな政権にならないのは初めから見えていたし、こんな菅政権の支持率が74%という時点で、日本国民は”集団自殺”にまっしぐらだ。

とにかく、「究極的な自己責任思想」「竹中平蔵氏が主導する超大貧困社会」「安倍政権を超えるほどの独裁」と、これ以上ないほどの最悪のファクターがてんこ盛りだし、「安倍政権の劣化版」「安倍政権の究極形」というべき、史上最悪のディストピアが到来する寸前になっているね。

本当に恐ろしいことです…。
とにかく、一人でも多くの日本国民が、大手マスコミによる「フェイクレベル」の悪質報道の影響から脱却し、菅政権の恐ろしい本質と本性に気がつくことを心から願っています。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事