【やっぱり】海外発の「変異コロナ」がすでに日本に本格侵入!発覚しているだけで5例!東京の新規感染数は「900人台」に突入し、医療体制がますます危機的状況に!

Pocket

どんなにゅーす?

・主に欧州で猛威を振るっている(感染力が従来のものと比べて非常に高い)「新型コロナの変異種」が日本国内にも本格的に侵入していたことが判明。田村厚労相によると、少なくとも英国から帰国した5名から変異種が見つかったという。

・すでに日本国内で変異種が社会の中で広がり始めている可能性がある中、東京都の新規コロナ感染数は過去最高の949人に達したことが判明。日本国内の「コロナ危機」がさらに深刻な事態に突入していく危険が高まっている。

コロナ変異ウイルス 国内で初確認 英国からの帰国者5人

田村厚生労働大臣は、25日午後9時すぎから記者会見し、イギリスから帰国した5人から変異した新型コロナウイルスへの感染が確認されたと発表しました。変異したウイルスへの感染者が国内で確認されたのは初めてです。
5人はイギリスから帰国
5人は、12月中旬から下旬にイギリスから帰国し、空港の検疫で新型コロナウイルスの陽性が確認されたため、国立感染症研究所で検体を解析した結果、変異した新型コロナウイルスが確認されたということです。

▽2人は12月18日と20日に羽田空港に帰国し、▽3人は12月21日に関西空港に帰国したということです。

年齢は、10歳未満から60代までの男女で、帰国した際に、4人は症状がなく60代の男性がけん怠感を訴えていたということです。

5人について田村大臣は「空港検疫で陽性が確認されたので国内に到着したあと、ほかの人に感染するような形で接触があったことは考えられないだろう」と述べました。

~省略~

北里大学 中山特任教授「水際でせき止めるのは難しい」

ウイルスに詳しい北里大学の中山哲夫特任教授は、変異した新型コロナウイルスが国内で確認されたことについて「人の動きがある以上、イギリスで流行しているウイルスが国内で見つかることはおかしくない。全員、症状が出るわけではないので、水際でせき止めるのは難しい。春に流行した際も気がつかないうちにヨーロッパで流行していたウイルスが国内に入り込んでいて、気付いたときにはもう遅かった。それと同じようなことが今回も起きている可能性がある」と指摘しました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.12.25.】

東京都 新型コロナ 過去最多949人の感染確認

東京都は、26日午後3時時点の速報値で都内で新たに949人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表しました。1日の発表人数としては、24日の888人を上回ってこれまでで最も多くなりました。

都によりますと、感染が確認されたのは10歳未満から100歳以上までの男女合わせて949人です。

~省略~

これで都内で感染が確認されたのは合わせて5万5851人になりました。

一方、都の基準で集計した26日時点の重症の患者は81人でした。25日と同じで、ことし5月に緊急事態宣言が解除されたあとでは最多です。

【NHK NEWS WEB 2020.12.26.】

早速、日本国内に(感染力が桁違いの)「変種新型コロナ」が上陸!菅政権の「やる気なし対応」で日本国内はさらなる「コロナ地獄」へ…!

予想通りといえばいいのか、やはり、欧州で猛威を振るっている「変種新型コロナ」がすでに日本に本格的に上陸してしまったようです。
菅政権が行なっている防疫体制がこんなにもずさんでいい加減なのですから、こうなるのは当然の流れだといえるでしょう。

そして、東京都の新規感染数がついに1000人を超えそうな雰囲気になってきたね。
この状況を見る限り、どうやら、変異種の新型コロナはすでに、日本の一般社会に本格的に入り込んでいると見るのが良さそうだし、なおかつ、ここに来てさらに感染数が大幅に増加していることを考えると、もしかしたらすでにこの中に変異種による感染者が含まれているのかもしれない。

当サイトでは、安倍政権の頃から一貫して警鐘を鳴らしてきたけど、多くの日本国民もそろそろ「日本政府はわざと日本国内にどんどんウイルスを蔓延させている」ということに気がついた方がいいのではないかな。
この先もずっとグローバリストの傀儡政権にこの国の行政を任せておくと、文字通りに(コロナによる健康・生命の危機や、さらなる増税、経済危機などによる深刻な貧困によって)日本が沈没させられてしまうだろう。
そうした「最悪の事態」を回避するためにも、まずは、多くの日本国民が、マスコミや既存の政治制度に対する根拠の無い”信仰心”から脱却し、現在起こっている事実やその中に隠されている真相(深層)について、よく考え想像する能力を手に入れる必要があるし、むしろ、今の日本国民がこの危機的事態から逃れていくのは「それしかない」のではないかな。

本当に、事態はいよいよ一刻の猶予も許さないような状況になってまいりました。
日を追うごとに、菅政権の無能さややる気のなさ、リーダーシップの無さなどがどんどん露呈してきていますし、頼みの野党も全く奮っていない中で、私たち日本国民は、ますますかつてなかったまでの厳しい「試練」を強いられることになりそうです。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事