■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【オミクロン】沖縄で史上最悪の感染爆発!山口・広島も急増で「米軍によるウイルステロ」の側面が濃厚に!岸田総理は「日米地位協定の改定は考えていない」

【オミクロン】沖縄で史上最悪の感染爆発!山口・広島も急増で「米軍によるウイルステロ」の側面が濃厚に!岸田総理は「日米地位協定の改定は考えていない」
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年1月7日、新型コロナのオミクロン株の感染が日本国内で爆発的に増えている中、沖縄県が暫定値で新規感染者が1400人を超える見通しになったことを発表した。

山口県や広島県でも感染数が急増しており、在日米軍由来の感染が市中に広がっていることに市民から多くの批判や不安の声が上がっている中、岸田総理は「日米地位協定の改定は考えていない」との方針を明らかにした。

沖縄県 新型コロナ 過去最多1400人超 感染確認の見通し

~省略~

沖縄県によりますと、新型コロナへの感染が新たに確認された人が、7日、暫定値で1400人を超える見通しだということです。

6日に981人と過去最多を更新しましたが、7日、初めて1000人を超えて過去最多となる見通しです。

今月に入ってからの沖縄県の新規感染者は、
▽元日が52人、
▽2日が51人、
▽3日が130人、
▽4日が225人、
▽5日が623人と、
急激に増えていて、感染拡大に歯止めがかからない状況になっています。

このため沖縄県は6日、政府に対して県内全域にまん延防止等重点措置の適用を要請しました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2022.1.7.】

全国で広がる在日米軍の感染 初動遅れに地位協定の壁 玉城デニー知事「構造的問題」と見直し求める

~省略~

◆沖縄以外の基地でも急増
全国の米軍基地にも感染が広がる。沖縄県駐留の米海兵隊ではキャンプ・ハンセンの部隊も含め1月4日現在、412人が新型コロナに感染中。海兵隊岩国基地(山口県)など沖縄以外の在日米軍基地でも新規感染者が昨年末以降、多数確認されている。山口県の村岡嗣政知事は同日、「(県内の)感染拡大(の要因)は岩国基地関係者の可能性が高い」と指摘した。
米軍の特権的地位を定めた日米地位協定などを根拠として、在日米軍基地を通じて入国する部隊の検疫は米軍に委ねられている。
玉城知事は2日の記者会見で「十分な感染予防の情報提供もままならない状況をつくり出しているのは、日米地位協定の構造的な問題」と批判。地位協定見直しの必要性を強調した。

【東京新聞 2022.1.6.】

岸田首相「日米地位協定改定せず」 在日米軍のコロナ対策で

縄県のキャンプ・ハンセンなど国内の米軍基地で新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を踏まえ、岸田文雄首相は6日夜、首相官邸で記者団に7日の日米安全保障協議委員会(2プラス2)で在日米軍のコロナ対策について、一層厳格な措置を求めるよう林芳正外相に指示したと明らかにした。

一方で首相は、日米地位協定の改定は考えていないとの考えも示した。

~省略~

【毎日新聞 2022.1.6.】

今回もまた「バイオテロ」の臭いがプンプン!デルタ株は「東京五輪強行」で爆発し、オミクロンは「在日米軍」から感染爆発!

ついにこの国でも、オミクロンが感染爆発フェーズに入ってしまったわね…。
中でも特徴的なのが、沖縄や山口・広島での感染率が非常に高いことで、まさしく、在日米軍によってオミクロンウイルスがばら撒かれた内情がますます鮮明に浮かび上がってきたわ。

ああ。
やはり今回もまた(「東京五輪の強行を通じて感染爆発」したデルタ株に続いて)「グローバリスト連中によるバイオテロ」の側面が露呈してきたし、東京においても、横田基地にやってきた「工作員」によって感染が急拡大させられている疑いがある。
改めて、在日米軍が日本にとって重大な脅威と害をもたらしている実情を強く感じるけど、言うまでもなく、今回米軍がウイルスをばら撒いたことを受けて、一朝一夕で日米地位協定を破棄し米軍を追い出すことは実質的に不可能だ。
すでに完全な爆発フェーズに入ってしまった中で、こうなった以上は、感染スピードを出来るだけダウンさせて一日も早くに収束に向かわせるための原始的な対応策を講じていく他ないだろう。

(今回もまた)グローバリストによるバイオテロの実情が露呈してきた中で、オミクロンを「ただの風邪」と甘く見るのは危険ですし、今回の変異株は、肺炎を起こすケースは少ないものの、(手足のしびれや痛みなど)神経系の症状が出やすい可能性があるわ。

恐らく、新たに承認された(いかがわしい)コロナ治療薬の使用が急速に進んでいくと思うけど、この治療薬の効果を確認するための「実験」もかねて、オミクロンパニックが引き起こされた疑いもある。
とにかくも、日本国民の間でしっかりと”意識共有”したうえで、基本的なウイルス防御策を徹底していくことで、感染スピードを抑え込んでいくことが重要だと思うし、(かつてなかったまでの凄まじい感染大爆発の懸念もある中で)この先の推移をひときわ注意深く見ていく必要がありそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事