【CSISの走狗】橋下氏が報道1930に出演し、菅ヨイショを全開に!「菅氏の生い立ちを明らかにすべき」と指摘した小川淳也議員を、「それはない」と必死に否定!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年9月14日、報道1930(BS-TBS)に橋下徹元大阪府知事が出演し、新たに総理に就任することが決まった菅氏を全力でヨイショ。今後の菅政権下で菅氏と昵懇関係にある自身の入閣も噂される中、菅氏に秋波を送りつつ、国民に菅政権に対するポジティブな印象作りに邁進しつつ、徹底的な野党批判を展開した。

・そんな中、共演した小川淳也議員は、菅氏が不当に盛った「貧乏アピール」をしてきたことに疑問を呈し、「菅氏の生い立ちを明らかにすべき」と指摘したところ、橋下氏は「それはない」「仕事ができるかできないかで判断すべき」などと全力で反論世界支配層が血筋や系譜によって日本の政治をコントロールしている実情がある中、小川議員の発言を批判する声がネット上で大量発生している。

菅氏は「生い立ち」国会で明らかにすべき? 発言物議の立憲・小川淳也氏、ツイッターで「真意」説明

無所属から立憲民主党に合流する小川淳也衆院議員(49)が、自民党の菅義偉新総裁に対し、その生い立ちを国会で明らかにする必要があるなどとBS番組で発言し、物議を醸している。

~省略~

出自の差別につながるのではとの批判がツイッター上で寄せられているが、小川氏は、差別を否定し、その真意を投稿した動画で説明した。

■「どういう人間かは、どういう生い立ち、どういう環境かに規定されるんですよ」

「叩き上げストーリーをもし作られているとしたら、それはちゃんと実情を見ないといけない」

小川氏は、2020年9月14日夜放送のBS-TBS番組「報道1930」に出演し、叩き上げとも言われる菅新総裁について、こう持論を述べた。

そして、小川氏は、菅氏が選挙区の神奈川県に地縁・血縁はないと言っているが、亡き父親が、秋田県の地元町議を4期務めたこともあり、比較的豊かな農家だったとの説もあると指摘し、こう続けた。

「そこらあたりは、逆の意味の虚像を作っているのであれば、それはきちんと国会も含めて、どういう人物なのか、というところをしっかり明らかにすることが、総理大臣としては最初の仕事であるような気がします」

これに対し、番組に出演した元大阪市長の橋下徹氏が「僕は、あんまりそこは重要じゃないと思うんですけどね。もう仕事ができるできないの話であってね」と異論をはさんだ。

橋下氏は、週刊誌で出自を書かれた経験がある。過去を掘り下げることに同意できないようだ。

~省略~

【Yahoo!ニュース(J-CASTニュース) 2020.9.15.】

橋下徹氏、前川喜平氏の「もう呼ぶな」に反論し直接対決を要求「表で議論しようじゃないか」

~省略~

前川氏は橋下氏の番組内での発言について「報道1930の橋下徹。野党を貶め菅氏を弁護し持ち上げる発言に終止。印象操作を延々と繰り返している。番組は何のために橋下を呼んだのだ?上からの圧力があったのか?もう呼ぶな」とツイート。

この発言に橋下氏は「おいおい、言論の自由って分かってんのか?『呼ぶな』じゃなくて『俺と議論させろ』が筋だろ。俺もあんたに聞きたいことや言いたいことはいっぱいある。表で議論しようじゃないか。俺が毎週出ている番組と出演交渉してくれ」と直接対決での決着を呼びかけた。

【Yahoo!ニュース(スポーツ報知) 2020.9.15.】

CSISに「日本を売り渡す」ことを約束した人物のみが、政界で強大な権力を握り、テレビ番組にも連日出演!菅政権誕生を機に、早速橋下氏が存在感を全開にし、日本国民を全力で洗脳!

出典:Twitter(@bokuhadokoniiru)

なんで、維新の橋下氏が、菅政権誕生の「ナビゲーター」みたいな立ち位置になっては、全力で菅新内閣を賛辞しているのよっ!?
相変わらず、得体の知れない怪しい男ですし、橋下氏を連日重用して番組出演させているテレビ局も胡散臭さ全開だわっ!

小川淳也議員は、菅氏がペテン同然の「貧乏アピール」をしていることを疑問視した上で、「菅氏の生い立ちを明らかにすべき」と指摘したけど、これは、橋下にとってもかなり耳が痛い指摘だったね。
橋下氏本人は父親が部落出身の元暴力団員で、安倍総理の場合は、江戸時代まで差別を受けてきては、グローバル資本勢力が企てた「日本侵略」に協力したことで明治以降に特権を手に入れた朝鮮ルーツの部落勢力だったといわれているけど、こうやって、グローバル資本勢力は、その地域で続いてきた「差別・迫害」などを上手に利用し、差別を受けてきた側を唆して「ターゲットの国家」でクーデターを引き起こさせては、(差別されてきた勢力を上手に操り)「ターゲットの国家」に自らの傀儡政府を打ち立てる謀略を世界中で繰り返してきた

そういう意味では、小川議員が指摘したことは的を射ているし、ボク自身も、菅氏が一体どんな出自を持っているのかはある程度の興味がある。
そうした血筋やルーツを詳しく知れば、「なぜ菅氏が(支配層によって)総理に選ばれたのか」の背景が見えてくるかもしれないし、やはり、ネット上では、(そうした、グローバリストによる世界支配戦略の手法を隠すために)小川議員に対して多くの非難が湧き起こっているようだね。

橋下氏は、これまでもジャパンハンドラーのグローバリスト連中に対して、「日本も米国のために血を流すような国にならないことには信頼関係は強固にならない」なんて必死に露骨な「日本売り」をアピールしてきたみたいですし、だからこそ、ここまでテレビ局に重宝されては、ジャパンハンドラーの連中によって樹立された菅政権を全力で賛辞(&野党を全力で批判)しているってわけね。

ネット上では、「全ての国会議員の国籍を明らかにすべき」との声が出ているけど、今やこうした事はほとんど意味をなさない
重要なのは、その人物がどんなルーツや血筋を持っているのか、グローバル支配層とどのような接点を持っているのかであり、こうした「バックグラウンド」をおおよそ把握しつつ、実際の本人の言動や行動・政策・国家観や宗教観などをよくチェックし、「日本をどのようにしようとしているのか」を注意深く観察することが大切だ。

もちろん、血筋や出自だけで全てを決めつけてしまうのはダメ(これらに異様なまでに拘泥してしまうと、社会の中で差別やヘイトを喚起させることに繋がり、これにより、新たな迫害や憎しみが生まれてしまう恐れがある上に、世界支配勢力が望んでいる、さらなる民衆間の分断や争乱に繋がる危険がある)だけど、政治家を評価する際に一つの参考や判断材料にはなるだろうし、そうした複数のポイントで俯瞰的にチェックをしたとしても、橋下氏も安倍総理も、「出自」「政策」「言動や行動」「グローバル支配層との繋がり」全てにおいて、「最悪の要素」が揃っている真性的な売国屋だと思うよ。
(こうした人物をことさらにひいきしているテレビ局も、もちろん最悪の売国組織だ。)

結局のところは、日本の政界、言論界、マスコミ界に至るまで、全てがCSISのジャパンハンドラーの完全な支配下にあるってことね。
こんな状況で、日本国民最優先の政治が行なわれるわけがないし、橋下氏がここまで賛辞している時点で、菅政権も安倍政権に勝るとも劣らない「最悪の政権」になるのは間違いなさそうだわ…。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。