航空自衛隊F-35戦闘機が墜落 消息不明の後、青森県沖の海上から機体の破片見つかる…行方不明のパイロットの捜索続く

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年4月9日に航空自衛隊三沢基地を飛び立ち、青森県沖で通信が途絶えていた航空自衛隊F-35Aステルス戦闘機について、現場周辺の海上から航空機の破片が見つかり、政府が墜落したと断定パイロットの行方は分かっておらず、捜索を続けている。

・F-35はアメリカが開発したステルス戦闘機で、900件以上の欠陥が取り沙汰されていた中、安倍政権が米トランプ政権からの要求により「総額1兆円で100機あまりの追加購入」を決めたことなどが批判を呼んでいた。

F35A戦闘機 青森沖で墜落 パイロットの捜索続く

~省略~

9日午後7時半ごろ、青森県三沢市の東の海上で、航空自衛隊の最新鋭のステルス戦闘機「F35A」1機の機影がレーダーから消え、通信が途絶えました。

自衛隊の航空機などが捜索にあたった結果、9日夜遅く、左右の尾翼の一部が海上で見つかり、航空自衛隊は機体が墜落したと断定しました。

事故機には40代の3等空佐の男性パイロット1人が乗っていましたが、これまでのところ見つかっておらず、捜索が続けられています。

航空自衛隊によりますと、事故機は当時、ほかの同型機と合わせて4機で訓練中で、直前には事故機からほかの機体に対し、「訓練を中止する」という通信があったということです。

航空自衛隊は訓練中に何らのトラブルが起きた可能性もあるとみて、事故調査委員会を設置して当時の詳しい状況や事故の原因を調べています。

F35Aはアメリカなどが開発した最新鋭のステルス戦闘機で、去年1月から三沢基地で配備が始まり先月、新たに飛行隊が設けられたばかりでした。

航空自衛隊によりますと、F35Aが墜落したケースは各国でもこれまでに確認されていないということです。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2019.4.10.】

安倍政権の“浪費的爆買い”
F35戦闘機 欠陥把握せず
衆院予算委 宮本徹議員に防衛相答弁

米国からの兵器の大量購入を決めた安倍政権が、105機の追加取得を行うF35ステルス戦闘機について、岩屋毅防衛相は15日の衆院予算委員会で、米政府監査院(GAO)が報告で示したF35の未解決の欠陥966件(2018年1月時点)の「リストは保有していない」と述べ、同機の欠陥を把握していないことを認めました。日本共産党の宮本徹議員への答弁。宮本氏は、F35のコスト急増問題に加え、「どういう欠陥があるかもわからないまま105機も爆買いするのか」と批判しました。

宮本氏は、米国防総省や監査院の報告書によれば、17年にF35のパイロットの酸素欠乏が6回も起きるなど、呼吸調節装置が頻繁に故障し、墜落の危険もあると強調。原因究明はされたのかとただすと、岩屋氏は「米国防総省が原因の調査を行っている」と述べ、改善されていないことを認めました。

さらに宮本氏は、国防総省の年次報告によると、F35A搭載の機関砲の正確さが契約仕様を満たしていないと指摘。岩屋氏は「米国政府がいかなる契約仕様としているか承知していない」とする一方、「わが国の仕様は満たしている」と強弁しました。

~省略~

宮本氏は「F35の実態は未完の戦闘機だ。車でいえば新車を毎年リコールし続けるようなもの」と痛烈に批判し、大軍拡・爆買いをやめ、国民生活にまわすべきだと主張しました。

【しんぶん赤旗 2019.2.16.】

これまで数多くの欠陥が指摘されていた航空自衛隊F-35Aが太平洋上に墜落 パイロットの安否は現時点で不明

出典:Wikipedia

青森の航空自衛隊三沢基地を飛び立ったまま消息不明になっていたF-35Aステルス戦闘機ですが、青森県沖の海上に墜落したものと断定されました。
パイロットの安否が心配されますが、この機体は、折しも、数多くの欠陥が指摘されていたものの、ほとんど何の検証もせずに安倍政権が異例の大量購入を決めていたもので、国会でもこの問題が追及されていたところでした。

こちらの記事によると、この機体は、米国で生産されたものを三菱重工の小牧南工場で組み立てたものとのことで、「国産初号機」として大きくアピールしていたみたいだ。
上記の赤旗の記事に出ているように、これまで数多くの「未解決の欠陥部分」が指摘されていた中で、実際に発生した重大事故については、2018年に米軍においてF-35Bが墜落したのに続き、F-35シリーズが墜落したのは2例目F-35Aとしては初めての墜落事故とのことだ。

現時点では、墜落の原因などは不明とのことで、これ以上のコメントは難しい状態だけど…どうか、パイロットが無事でいるのを祈りたいのと、一体どうしてこのようなことになってしまったのか、徹底的な事故原因の究明が求められるところだね。

日本で組み立てられた初めての機体(2017年6月にお披露目式を開催)による墜落事故という点が気になりますし、あらゆる側面から検証・調査する必要がありそうですね。
また、安倍政権が米国から異例の大量購入を決めた機種であるだけに、この決定についても果たして正しかったのかどうか、そのプロセスなどを精査していく必要があるかもしれません。

現在も機体とパイロットの捜索を続けているとのことですが、隊員の方が一日も早くに無事に発見されることを願っています

Pocket

 

おススメ記事&広告