【納得】「外国人が働きたい国」ランク、日本は33か国中32位に!ベトナム、インドネシア、フィリピンよりも下!理由「賃金安い」「子どもの教育環境が悪い」「外国人に対して閉鎖的」「生活の快適度が低い」など(英HSBC調査)

Pocket

どんなにゅーす?

・英金融大手のHSBCホールディングスが、主に企業の駐在員に対して行なった「外国人が働きたい国」ランキングにおいて、日本は33か国中32位の「ワースト2」の結果になったことが話題になっている。

・発展途上国とされている(安倍政権が外国人労働者の調達先として期待している)ベトナムやインドネシア、フィリピンよりも下で、日本が海外から嫌われている理由として、「賃金が安い」「ワークライフバランスが悪い」「子どもの教育環境が悪い」「外国人に対して閉鎖的」「生活の快適度が低い」などが挙がっているという。

外国人が働きたい国ランキング、日本はワースト2位 敬遠される理由は?

~省略~

日本人がアジア各国へ出稼ぎに?
英金融大手のHSBCホールディングスが7月に発表した、外国人が働きたい国ランキングにおいて、日本は調査対象33カ国中32位という結果になりました。

~省略~

日本よりもランキング上位に位置している国の中には、すでに先進国に近づいているタイやマレーシアは当然のこととして、日本が人材供給源として期待するベトナムやインドネシア、フィリピンなども含まれています。下手をすると、ベトナムから移民を受け入れるのではなく、日本人がベトナムに出稼ぎに行くという状況すら考えられるわけです。

この調査は、主に企業の駐在員に対して行ったものなので、いわゆる単純労働者を対象としたものではありません。しかし、どのような職種であれ、基本的な傾向は同じであるはずですから、ほぼ最下位という結果は重く受け止めるべきでしょう。

敬遠理由は、日本人が考える社会問題と同じ
日本が敬遠される主な理由は、賃金が安い、ワークライフバランスが悪い、子どもの教育環境が悪い、外国人に対して閉鎖的、生活の快適度が低い、などとなっており、私たちが日常的に社会の問題について議論しているポイントとほとんど変わりません。

国内では外国と日本は文化が違うので比較するのはよくないという議論がありますが、このランキングを見ると、日本人と外国人の論点に大きな違いはないように見えます。賃金が高く、私生活にゆとりがあり、教育が充実していることについて否定する人は誰もいないはずですし、これは日本人にとっても外国人にとっても同じことです。

~省略~

【Yahoo!ニュース(THE PAGE) 2019.8.29.】

海外は日本人以上に日本の現状(惨状)をよくみている!?”納得の理由”で「働きたい国ワースト2」に!

うわぁ…。
私たちの日本が「外国人が働きたい国」ワースト2に輝いてしまったなんて…!!
よく考えてみれば、この結果になってしまうのも納得だし、外国人の人たちって、私たち以上に日本のことを冷静によくみているのね…。

「賃金が安い」「ワークライフバランスが悪い」「子どもの教育環境が悪い」「外国人に対して閉鎖的」「生活の快適度が低い」…つまり、労働者にとって悪条件がこれでもかと勢揃いしてしまっている状態だね。
一昔前の(小泉政権やバブル崩壊以前の)日本は、安定した雇用制度や経済成長がベースにあり、この頃は労働者にとってもいくらかメリットがあったものの、当時はまだ外国人労働者が圧倒的に少なく、日本人の労働者もここまで疲弊しきっていなかったんだよね。

結局は、小泉・竹中コンビが日本の労働制度を破壊した「諸悪の根源」であり、外国人労働者からも圧倒的に敬遠されてしまうほどの、世界的にもトップレベルに劣悪な「奴隷労働制度」が確立されてしまったというわけだ。

しかしながら、これらに加えて何よりも深刻なのは、小泉・竹中路線を「強力に継承」し、世界で希に見るほどの奴隷労働制度を確立してしまった安倍政権が、戦後の中でも突出した長期政権を実現させた上で、いまだに高い支持率を維持してしまっている現実だ。
(思えば、小泉政権もなぜかマスコミがこぞって持ち上げていた上で、ネット上でも熱烈な信者がどこからともなく湧き出てきて、一種のムーブメントを作り出していたものだ)

これらは、いってみれば、「肉屋を支持する豚」と言われても仕方ないような状態であり、これらのマスコミの世論調査が捏造や露骨な情報操作でないのなら、日本国民は手の施しようのないほどの深刻な洗脳状態に冒されているということになる。
このままでは、日本は世界に先駆けて破綻することになるだろうし、現在の流れがどんどん進んでいくと、ボクたち日本国民は「さらなる地獄」が待っていることになるよ。

ほんとに、私たちの日本は一体どうなっちゃっているのよ…!?
私自身、「自ら死に向かっていっている」ような行動が信じられないけど…思えば、戦時中だって、世界の人たちが驚いてしまうような「1億総玉砕」に突き進んでいったのよね…。

現在は、かつてのような「死と隣り合わせの戦争状態」ではないけど、基本的には、日本国民の精神状態そのものは、かつての「戦時中と似たような状態」になってきていると考えている。
どちらも、「自ら破綻(死)に向かっていく思考状態」「権力を思考停止で盲信する状態」に陥っているし、このままでは、生きた情報が圧倒的に遮断されているような「貧困地帯の情報弱者の外国人」以外は日本に働きに来る外国人はほとんどいなくなりさらなる少子高齢化や増税、社会保障の削減などによって、日本は壊滅状態に陥るだろう。

こうなってしまう前に、この国をどうにかすることができるのかどうか…全ては、「日本国民の潜在的な能力」にかかっているといえるだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事