【ジ・エンド】「前夜祭開催」ANAホテル、安倍総理の主張を完全否定!「見積もりや明細を主催者側に発行しなかったことはない」「代金を参加者個人から受け取ったこともない」

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年2月18日、安倍総理が先の「意味のない発言」ヤジについて謝罪した後、立憲・辻元清美議員が「前夜祭疑惑」について安倍総理を徹底追及総理が窮地に陥った。

・辻元議員は、13年以降3回にわたって「前夜祭」が開催された「ANAインターコンチネンタルホテル東京」からの回答を提示。(ホテル側が主催したものを除いて)政治家が関連したものを含めたすべてのパーティー・宴席について「見積もりや明細を主催者側に発行しなかったことはない」「宛名のない領収書を発行したこともない」「代金を参加者個人から直接受け取ったこともない」と回答があったことを明らかにした。

・これに対して安倍総理は、「領収書の宛名は空欄であったと承知している」などと従来の答弁を繰り返したうえで、総理の側でも確認するよう求められたことに対し、「この後、先方(ホテル側)に事務所から当たらせたい」とコメント。安倍総理によるいかがわしい主張が完全に崩れ去る寸前になっている。

「桜」夕食会、ホテル「代金は主催者から」 首相とズレ

「桜を見る会」の前日に安倍晋三首相の後援会が主催した夕食会について、立憲民主党の辻元清美氏は17日午前の衆院予算委員会で、夕食会が開かれたホテルの見解を元に追及した。首相は参加者の会費はそのままホテルに渡ったとしているが、見解は「代金は主催者からまとめてお支払い頂く」。辻元氏は食い違いを指摘し、調査を求めた。

~省略~

首相は、ホテル側が参加者へ宛名のない領収書を発行したと主張。野党が提出を求めるホテル側からの明細書についても、提示はなかったと答弁している。

だが、見解では、宛名のない領収書発行の例は「ない」、明細書については「主催者に対して、見積書や請求明細書を発行する」となっている。

いずれも、これまでの国会答弁の内容と違うとして、辻元氏は「総理の答弁は根底から覆る」と主張。事実であれば、政治資金規正法違反に当たるとして、首相の回答を求めた。

~省略~

【朝日新聞 2020.2.17.】

桜を見る会・前夜祭に関する安部総理の答弁に反する回答が、ANAインターコンチネンタルホテル東京から出ました

~省略~

私は、「安倍晋三後援会」主催の「前夜祭」を2013年以降で3回行っているANAインターコンチネンタルホテル東京と文書でやりとりをしたところ、以下のような『回答』が返ってきました。

————-

以下、2013年以降の7年間に貴ホテルで開かれたパーティー・宴席についてお伺いします。

1)上記について、貴ホテルが見積書や請求明細書を主催者側に発行しないケースがあったでしょうか。

(回答)ございません。主催者に対して、見積書や請求明細書を発行いたします。

2)上記について、個人・団体を問わず、貴ホテルの担当者が金額などを手書きし、宛名は空欄のまま領収書を発行したケースがあったでしょうか。

(回答)ございません。弊ホテルが発行する領収書において、宛名を空欄のまま発行することはございません。

3)ホテル主催ではない数百人規模のパーティー・宴会で、代金を主催者でなく参加者個人一人ひとりから、会費形式で貴ホテルが受け取ることはありましたか。

(回答)ございません。 ホテル主催の宴席を除いて、代金は主催者からまとめてお支払いいただきます。

4)先の文書での質問も含め、お問合せした1~3について、主催者が政治家および政治家関連の団体であることから、対応を変えたことはありますか。

(回答)ございません。

———-

いずれも、これまでの総理の答弁に反するものです。

これについて総理は、私への質疑で「調べる」とおっしゃいました。午後には予算委員会が再開され、私の同僚議員が続きをやります。ぜひ、質疑をご覧ください。

~省略~

【BLOGOS(辻元清美) 2020.2.17.】

↓辻元議員による迫真の追及全編。”安倍ポチ”棚橋委員長による醜い安倍サポートも注目。

出典:TBS News

安倍総理、ANAホテルへの確認結果をも捏造!「個別の案件については営業の秘密にかかわるため、回答に含まれない」と答弁するも、ホテル側が「申し上げた事実はございません」ときっぱり否定!

ANAホテル「申し上げた事実はない」 首相答弁を否定

「桜を見る会」の前日に開かれた夕食会をめぐる安倍晋三首相の答弁に関して、「ANAインターコンチネンタルホテル東京」の広報担当者が17日夜、朝日新聞の質問に回答した。野党が示したANAホテルの見解について、首相は同日の衆院予算委員会でホテルへの照会結果として「個別の案件については営業の秘密にかかわるため、回答に含まれない」と答弁し、夕食会が見解の対象外とする見方を示したが、ANAホテルはこの部分を「申し上げた事実はございません」と否定した。

朝日新聞の取材にメールで答えた。

~省略~

【朝日新聞 2020.2.17.】

ここまで、明らかに虚偽と思われる主張を繰り返しながら、どうにか上手(?)に逃げ続けてきた安倍総理が、いよいよ、完全に「八方塞がり」となりました
ホテルニューオータニと異なり)ANAホテルは、辻元議員からの質問に対し、安倍総理の国会説明を真っ向から否定する形で「見積もりや明細を主催者側に発行しなかったことはない」「宛名のない領収書を発行したこともない」「代金を参加者個人から直接受け取ったこともない」と回答。

さらに、辻元議員から自らも確認するよう求められた安倍総理は、ANAホテルに照会した結果として、「個別の案件については営業の秘密にかかわるため、回答に含まれない」と答弁し、全ての宴席が当てはまるわけではないと主張しましたが、これも、ホテル側が「申し上げた事実はございません」と完全否定
つまり、安倍総理は、ホテル側に確認を取った際に得た回答すらも捏造し、ウソの主張をしたということになります。

つまり、どこをどう取っても、これにて、安倍総理の犯罪行為が完全に確定したということだ。
しかも、より数段悪質なのは、「国権の最高機関」である国会の中で、自らの犯罪をごまかすために数えきれないほどのウソの答弁を繰り返し、しまいには、ANAホテル側からの回答すらも捏造し、ひたすら自らの犯罪を認めようとせず、国会で悪質な自己保身に明け暮れたという点だ。

これはもう、「全ての逃げ道が封じ込められた」も同然だし、いよいよ、安倍総理を逮捕しないといけない段階に入ってきた。
ただでさえ、公選法違反や政治資金規正法違反など、数々の違法行為がはっきりしている上に、これを葬り去るために国会でここまでウソの答弁を繰り返してきただけでなく、これを追及する野党議員を激しく侮辱したり攻撃することさえ繰り返してきたんだ。
これはもう、どこをどう考えても、日本をまっとうな法治国家に戻すためには、安倍総理を逮捕するしか道はないだろう。

すでに、法の専門家の間では、安倍総理を100人以上で刑事告発する準備が着々と進められています。
これまでは、森友・加計や統計不正などでも、ことごとくずる賢く逃げ切ってきましたが、今度ばかりは逃がすわけにはいきません

安倍総理は、これもまた違法同然のやり口で、「官邸の守護神」こと黒川弘務氏の定年退官を全力阻止し、検察内に引き続き居座らせる”闇工作”を施した(この件についても、すでに安倍総理は市民から偽計業務妨害罪で告発を受けている)けど、まさしく、安倍総理自身も、黒川氏が検察からいなくなった途端に自分が逮捕されるのを予感しているのだろうし、自分自身で犯罪を犯していることを分かっているんだろうね。
しかし、数千・数万人単位で集団告発を行なえば、黒川氏一人の力じゃ阻止できないだろうし、まさに、国民が一致団結して、この「犯罪総理」を何としても総理の座から降ろさないといけないだろう。
(そして、極めてまっとうな回答をしたANAホテルについても、国民が全力でサポートしていく必要がありそうだ。)

この、安倍総理の醜態とウソ八百の答弁をどこまでテレビが正確に報じることが出来るでしょうか
今後のマスコミの動きについても良くみていこうと思います。

Pocket

 

 関連記事