「桜前夜祭は違法」…識者が安倍総理を集団告発へ!100人超の弁護士や学者が賛同!「総理の犯罪」を糾弾する前代未聞の大規模運動に発展か!?

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年2月13日、弁護士による有志が国会内で「『桜を見る会』を追及する法律家の会」を結成。「前夜祭などにおける安倍総理の行為は公選法違反に当たる」として、3月に東京地検に対し安倍総理を集団で刑事告発する方針を明らかにした。

・現在、賛同している弁護士や学者が100人を超えているといい、前代未聞の「現役総理の犯罪行為」を告発する大規模な運動に発展していく可能性がある。

桜を見る会「夕食会は公選法違反」 弁護士が刑事告発へ

「桜を見る会」の前日にあった安倍晋三首相の後援会が主催する夕食会をめぐり、弁護士グループが3月にも、公職選挙法と政治資金規正法の違反容疑で東京地検に刑事告発する方針を表明した。

~省略~

【朝日新聞 2020.2.13.】

「桜を見る会」首相の法的責任追及する会結成 刑事告発目指す

~省略~

「桜を見る会」をめぐり全国の弁護士や大学教授などの有志が13日、国会内で野党議員も招いて集会を開き、およそ100人で安倍総理大臣の法的責任を追及する会を結成しました。
この中で呼びかけ人の一人の泉澤章弁護士は「安倍総理大臣の国会答弁を聞くかぎりでは、法律家の目から見ると公職選挙法違反や政治資金規正法違反になりかねない。重大で見逃すことはできない問題だ」と述べました。

出席者からは、「桜を見る会」では安倍総理大臣が血税で後援会に便宜を図った疑いがあるとか、前日夜の後援会の懇親会で参加者とホテルが個別に契約を結んでいるという主張は理解できないなどという指摘が相次ぎました。

そして会では、法令違反の疑いがある点を整理して刑事告発を目指すことや、資料の分析などを行って野党議員の国会での質問を支援することになりました。

【NHK NEWS WEB 2020.2.13.】

ついに、安倍総理の「数々の犯罪行為」に数多くの有識者が立ち上がる!「まっとうな法治国家を取り戻す」ために、より大規模な国民運動へ…!

出典:NHK NEWS WEB

ついに、100人を超える心ある有識者が、安倍総理の数々の犯罪行為に対して立ち上がりました
新たに立ち上げられた「『桜を見る会』を追及する法律家の会」が、「桜前夜祭」などにおける安倍総理のやり口は重大な違法行為として、罪の内容を整理した上で3月にも集団で刑事告発する方針とのことです。

キターーーーッ!!
こういう動きを待ってたにゃあ~!!
ズルやインチキをしまくっても何故かじぇんじぇん逮捕されない安倍総理を、国民みんなで一斉に告発するにゃあ!!

まったくもって、これは当然の流れだ。
なんせ、ここまで安倍総理自身の数々の犯罪行為が確定的となっているにもかかわらず、警察も検察も全く自主的に動こうとする気配がないからね。
いかに、日本の民主主義システムがインチキで、(欧米資本勢力と一心同体の)長州テロリスト一族の”田布施ファミリー”が、日本国内で法を超越した特権を持っているのかということが、ここ数年で完全に露呈してしまってるけど…このままでは、国民が指を咥えてこの状況を傍観している限り、いよいよ日本の表面的な民主主義システムすら完全に破壊され、本当の「安倍独裁帝国」と「完全奴隷社会」がやってきてしまう

ここまで数々の犯罪を繰り返してきても、全く安倍総理が逮捕されない事態も異常だけど、こうなっている以上、支配されている側の市民が立ち上がり、法で認められている権限をフルに行使して、国民みんなで安倍総理を徹底的に告発・追及しなければならない
そういう意味でも、専門家ばかりに任せているのではなく、国民側からも大規模な署名運動やデモなどを行なって、様々な形で告発を支援していくのがいいだろうし、あらゆる人々が参加・支援する形で数万、いや数十万人規模で告発を行なえば、さすがに、(いくら黒川弘務氏を”禁じ手”を使って今でも検察内部に据え続けているといえども)これまで安倍総理を庇護してきた検察も大きく怯むことになるだろう。

署名運動やデモがどんどん起こるようになったら、にゃこもバンバン参加して、「アベ辞めろ~!!」の声を精一杯上げていくにゃ~~!!

とにかく、この流れを絶やしてしまわないように、より持続的かつ大きなものに発展させていく必要がありますね。

この動きが社会現象化していけば、さすがのアベ友マスコミも無視することが出来なくなるし、前代未聞の「無法者総理」を一刻も早くに退場させるためにも、国民の声と知恵を結集させながら、全力で頑張っていこう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事