元内閣府副大臣・秋元司容疑者を収賄容疑で再逮捕!「500ドットコム」からの賄賂は700万円以上の見通し!本人は容疑を全面的に否定

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍政権が血道を上げるカジノ解禁をめぐった「IR疑獄」において、中国企業「500ドットコム」から賄賂を受け取った容疑で逮捕された元内閣府副大臣の秋元司容疑者が、同社から別の賄賂(およそ350万円)を受け取った容疑で再逮捕された。「500ドットコム」の3人の幹部も贈賄容疑で再逮捕された。

・秋元容疑者について、「500社」から受け取った賄賂の総額は700万円超と見られているものの、秋元容疑者は、容疑について全面的に否認しているという。

秋元議員を収賄容疑で再逮捕 IR汚職事件 容疑を全面的に否認

~省略~

収賄の疑いで再逮捕されたのはIRなどを担当する内閣府の副大臣だった衆議院議員の秋元司容疑者(48)で、中国企業「500ドットコム」の元顧問の紺野昌彦容疑者(48)と仲里勝憲容疑者(47)、日本法人の元取締役の鄭希容疑者(37)の3人が贈賄の疑いで再逮捕されました。

東京地検特捜部などによりますと秋元議員は中国企業側から3年前の平成29年12月にプライベートジェットでマカオのカジノ施設などを訪れた際におよそ150万円相当の旅費の利益供与を受けたほか、中国企業が那覇市で開いたシンポジウムの講演料として同じ年の9月に200万円を受け取ったとして収賄の疑いが持たれています。

秋元議員の後援会の政治資金収支報告書には中国企業の元顧問が関係する香港の会社に旅費として256万円を支出したと記載されていますが、実際には支払っていなかった疑いがあるということです。

また特捜部は秋元議員が同じ年の9月に中国企業側から現金300万円の賄賂を受け取ったほか、おととし2月には企業側から北海道留寿都村への家族旅行に招待されおよそ76万円相当の利益供与を受けたとして収賄の罪で起訴し、元政策秘書の豊嶋晃弘被告(41)についても収賄の共犯として在宅起訴しました。

そして中国企業とともにIR参入を目指していた札幌市の観光会社「加森観光」の会長、加森公人被告(76)についてもおととし2月の家族旅行の代金の一部を負担していたとして贈賄の罪で在宅起訴しました。

さらに特捜部は贈賄の疑いで再逮捕された紺野元顧問と鄭元取締役が3年前の9月、海外から現金1500万円を不正に国内に持ち込んでいたとして外国為替法違反の罪でも起訴しました。

特捜部は不正に持ち込まれた現金の一部が賄賂に充てられ賄賂の総額は700万円を超える疑いがあるとみて全容解明を進めるものとみられます。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.1.14.】

秋元司議員を再逮捕、収賄容疑 賄賂額は合計730万円に 東京地検特捜部

~省略~

秋元議員の再逮捕容疑は、IR事業への参入に有利な取り計らいを受けたいドットコム社の意向を知りながら、2017年8月に開かれたIR関連のシンポジウムの講演料名目で現金200万円を受領。同年12月には中国・深圳にあるドットコム社の本社を訪問した際の旅費約150万円相当を肩代わりさせたとしている。

関係者によると、ドットコム社はシンポジウムの講演料として、当初は秋元議員に50万円を支払う予定だった。しかし秋元議員がIR担当の副内閣相に就任すると知って200万円に増額しており、特捜部は全額が賄賂の性質を帯びたと認定した。

また、秋元議員はドットコム社への訪問では、ドットコム社が手配したプライベートジェットで移動していた。秋元議員の政治団体の収支報告書には旅費として計256万円を支払ったとの記載があるが、実際には支払われていなかったという。

~省略~

【毎日新聞 2020.1.14.】

秋元容疑者が再逮捕されるも、国民からは「小物の逮捕だけで終わらせるな」「桜疑獄にもメスを入れろ」などの声!

出典:Twitter(@akimoto_tsukasa)

昨年末に中国企業からの収賄容疑で逮捕された秋元司容疑者が再逮捕されました。
なんでも、「500ドットコム」から受け取った賄賂の総額は700万円を超える見通しとのことで、秋元氏が「500社」からの裏金によってかなり美味しい思いをしていた上に、同社が日本のカジノ参入に向けて、巨額のお金をばら撒いていたことが鮮明になってきています。

やはりというべきか、秋元容疑者が「500社」から受け取った賄賂の総額が一気に巨額に跳ね上がってきたし、「500社」がオンラインカジノなどのエンタメサービスを通じて国際的なビジネスを展開しつつも、その実態は、習近平率いる中国共産党による「スパイ企業」の疑いが強いことは、この記事で述べたとおりだ。

「500社」は秋元容疑者をはじめ、これまで名前が挙がっている多くの自民議員や維新議員にカネをばら撒きつつ、日本のカジノ業界で主導権を握ろうとしていた様子が見られるし、これまで出てきた情報を総合しても、秋元容疑者以外にも逮捕すべき議員が多くいるはずだ。
しかし、今のところ、特捜は秋元容疑者一人だけを逮捕・拘束しつつ、その他の議員は事情聴取にとどまっており、今後の動きが現時点でははっきりと読めないような感じだね。

ネット上では、この件だけにやけに躍起になっている一方で、「桜疑獄」や「雲隠れ32人衆」による選挙違反疑惑に対してはほとんどやる気を見せていない特捜に対して、強い不信感を唱える声も多く上がっていますね。

これまでも、親米(親イスラエル)派の清和会系政治家に対してはどんな不正もスルーしつつ、(田中角栄氏や小沢氏など)親中派の政治家を(時にはでっち上げ捜査をやってでも)メスを入れてきた特捜らしい動きだけど、この先は、「末端議員への粛清だけ」に終わっては、安倍政権を今後も温存する方向に向かうのか、それとも、ここ最近習近平にやたらと擦り寄っている安倍政権そのものを潰しにかかるのか?について、よく注目していく必要があるだろう。

もうすぐ通常国会が始まりますので、秋元容疑者以外の議員が逮捕されるとすれば、ここ数日の間に大きな動きが起こる可能性があります。
特捜がどのような動きを見せるか、今後の展開を良くみていこうと思います。

Pocket

 

 関連記事