【つける薬なし】安倍政権、「アベノマスクは感染拡大防止に一定効果あった」と閣議決定!→意地でも自分たちの大失敗を認めようとしない安倍政権に、国民から怒りの声殺到!

Pocket

どんなにゅーす?

・大多数の国民や野党からアベノマスクに対する疑問や批判が集まっている中、安倍政権が「(アベノマスクは)新型コロナ感染拡大防止に一定の効果があった」と閣議決定した。

・安倍政権は、性能を検証したかどうかなどを質した野党議員からの質問主意書に対し、「特段の検証を行なっていない」としつつも「一定の効果があった」と胸を張っており、意地でも自らの失敗を認めず反省しようともしない安倍政権に対し、国民から強い怒りの声が殺到している。

「アベノマスク」に政府「感染拡大防止に一定効果」

新型コロナウイルス対策で全世帯に配布され「アベノマスク」とも呼ばれた布マスクの性能に関する野党議員の質問主意書に対し、政府は「感染拡大の防止に一定の効果を有する」とした答弁書を閣議決定しました。

これは、政府が配布した布マスクをめぐり、ウイルス感染拡大のための性能を検証したかどうかなどを問うた野党議員からの質問主意書に答えたものです。

閣議決定された答弁書では、布マスクがウイルスの吸引遮断や飛沫の拡散防止にどれほどの性能を有しているかについては、「特段の検証を行っていない」と説明。

~省略~

【TBS News 2020.6.30.】

安倍政権が「アベノマスクは感染拡大防止に一定効果あった」と噴飯物のデタラメ閣議決定!→実際は大多数の国民がアベノマスクを着用せず、処分や寄付や”お肉券がわり”に!

まーたこんな、人をバカにしまくったふざけた閣議決定をやってるわっ!!
「おバカは死んでも治らない」っていうけど、ほんっとに救いようがないほどのどうしようもない連中ねっ!

なんせ、多くの国民にようやくマスクが届いたのは、緊急事態宣言解除から一か月以上経過した後だし、全ての国民にマスクが届いた後も、街でアベノマスクを付けている人はどこにも見当たらず(ていうか、安倍総理以外の側近の閣僚や官僚、自民党議員らすらも誰もつけておらず)
大多数の国民が扱いに困り果てては、そのまま処分したり、挙句の果てには”お肉券がわり”として、(お店の主人の厚意により)貴重な食材と交換したりなど、とにかく、本来の用途で使用する人はほとんど皆無だ。

しかも、ダニやトコジラミと思しき害虫に加えて、カビやほこり、得体の知れない毛などが付着していたとの報告も続出中であり、「アベノマスクは感染拡大に一定の効果があった」なんて、どこからどう考えてもデタラメそのものだ。
正しくは、(海堂尊氏も警鐘を鳴らしているように)「アベノマスクは、莫大な税金を投じながら、感染拡大防止に何の役にも立たなかったどころか、国民に対して健康上の重大な危険と脅威を与えた」なのではないかな。

たまには、自分たちの失敗と愚かさを認めて、素直に反省や総括をしていれば、少しは許してあげてもいいかもしれないけど…よくもまあ、ここまで平然と自分たちをアクロバット擁護するような、何から何までデタラメまみれの閣議決定をやってくれるもんだわっ!!

まさに、救いようがないほどの傲慢さと国民をバカにしきった態度であり、これはとても看過するわけにはいかない。
当然のごとく、国民から怒りの声が大殺到しているけど、もはや「世界の恥」「戦後史上最大の日本の恥部」というべきレベルに達しているし、一刻も早くに国民が責任をもって、「世界に冠たるおバカ政権」をしっかりと終わらせる必要があるだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事