統計偽装を追及された安倍総理が「選挙に5回勝ってる」と醜悪ヤジ!”選挙勝利”を自慢しつつ、偽装・隠蔽・改ざん等「やりたい放題」の安倍政権!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年2月18日の衆院予算委員会で、立憲会派・大串博志議員が安倍政権下での統計偽装について追及した際、安倍総理が「(私たちは)選挙に5回勝ってる」とのたちの悪いヤジを飛ばし、批判が相次いでいる。

「選挙に勝ちさえすれば、どんな不正行為や国民騙しも許される」とも受け取れるような安倍総理のヤジに対し、ネット上で怒りの声が殺到。安倍総理による国民を蔑ろにするおごりと暴走が日々エスカレートしている。

安倍首相が統計不正を追及に「選挙5回勝ってる」と逆ギレヤジ! 選挙に勝てば何やってもいいという本音が

賃金が高く出るよう統計調査方法を変更していた問題で、安倍首相の“子飼い官僚”だった中江元哉首相秘書官(当時)が厚労省に政治的圧力をかけていたことが発覚した「アベノミクス偽装」疑惑。昨日、衆院予算委員会では統計不正の集中審議がおこなわれたが、安倍首相は「統計をいじって我々の政策をよく見せていたことはまったくない」と否定する一方、野党の追及に、一国の総理大臣とは思えない醜態を晒した。

たとえば、立憲民主党の長妻昭議員の質疑では、さんざん質問されてもいない話を延々と繰り返すことで質疑時間を削っておきながら、質問中に質疑の終わり時間が過ぎると、安倍首相は何かヤジりながら、すかさず腕時計を指差し“時間切れ”を強調した。

あまりのみっともなさにこっちが恥ずかしくなってくるが、さらに唖然させられたのは、無所属の大串博志議員が追及した際の言動だ。

安倍首相は「大切なのは統計を正しく見ていくこと」だとし、ここ最近ずっと繰り返している“実質賃金より総雇用者所得のほうが実態を表している”論を持ち出して「総雇用者所得」を見るべきだと長々と主張。これに対し、大串議員が「実質賃金が苦しい(から)、実質賃金じゃない数値を縷々挙げられて喋る。だから国民のみなさんは『この人何かおかしいことを言ってるんじゃないかな』と思っている」と指摘すると、安倍首相は自席から、こうヤジを飛ばしたのだ。

「選挙に5回勝ってる」

昨日の集中審議では安倍首相は何回も「ヤジをやめろ」と言っていたくせに、自分は平気でヤジを飛ばす。しかも、「選挙5回勝ってる」って……。

本サイトでは何度も取り上げてきたが、2016年12月にGDPの計算方法を変更し、それによって名目GDPを大幅にかさ上げ。そして、安倍首相はその恣意的な数字を強調し、2017年の総選挙で「名目GDPはこの5年間で50兆円増加!」「名目GDP過去最高」などと猛アピールした。ようするに、アベノミクスの成果を誇るために“つくられた”数字で国民を騙して選挙をしてきたというのに、「選挙に勝ってる」と言って統計不正を正当化したのである。

~省略~

【リテラ 2019.2.19.】

↓問題のシーンは12分30秒くらい~。

安倍総理の醜態がエスカレート!聞いてもないことを延々と話し、時間稼ぎに終始の上、挙げ句の果てに「選挙に5回勝ってる!」と傲慢さを丸出し!

出典:Twitter(@jam9801)

安倍総理が、ますますその持ち前の醜態をエスカレートさせているみたいねっ!!
アベノミクスの成功を騙るための統計偽装工作を連日追及されている中で、聞いてもいないことを延々としゃべって時間稼ぎに終始している上に、挙げ句の果てに「選挙に5回勝ってる!」なんていう醜いヤジ(自慢)を飛ばしては、「国民が支持してるんだから俺らは何をやってもいい」みたいな態度に出始めてる事態になってるわっ!!

そもそも、この前の自民党が大勝した衆院選だって、総得票数で見ると野党の方が多かった状況だし、安倍政権がここずっと勝利し続けているのも、安倍総理の実績でも何でもないのにね。

 

安倍政権がここまで強大な権力を手に入れ、選挙で勝利してきたのは、徹底したグローバリズムに伴う「売国政策」を強行してきたから!

そもそも、安倍総理がここまで独裁的な力を手に入れては、歴代まれに見る長期政権を実現できているのは、全ては安倍総理が歴代総理の中でも突出した売国政策を徹底させているからだし、2012年の選挙で自民党が大勝し第二次安倍政権が誕生したのも、(反グローバリズム勢力が強かった)民主党を徹底的に壊滅させた上で、強大な清和会(グローバリズム)政権を樹立させようとしていたグローバル資本勢力からの強い後ろ盾があったからだ。

安倍総理のご先祖様の長州テロリストがグローバル資本勢力に日本を献上(明治維新)して以降、日本国内には国家・国民の富を(国際銀行家、軍産複合体、巨大多国籍企業などからなる)グローバル資本勢力に流出させる(売国)政治家・官僚に強い権力が与えられるシステムが植え付けられ、一方で、本物の愛国勢力は徹底的に潰され、破壊させられる体制が強化されてきた。
その中でも、今の安倍政権こそが、まさしくグローバル資本勢力が育て上げた「売国政権の鏡」のような存在であるといえるし、第1次政権での失敗を活かし、今政権では水道民営化TPP種子法廃止残業代ゼロ消費増税外国人労働者大量受け入れカジノ解禁など、徹底したグローバリズムに基づく売国政策を強行してきた。

安倍総理が選挙に5回勝っているのも、全てはこうした徹底した売国政策をグローバリストに高く評価されてきたからだし、だからこそ、グローバル資本の配下にあるマスコミも(一見中立を装いつつも)要所でミスリードや忖度報道を繰り返し、安倍総理を大きく支援してきた。
それを、こんな風に「自らの実力」にすり替えた上で、「国民が支持しているんだから、どんなことをやっても許されるんだい!」なんて自慢しながらいきがってるんだから、まったく、呆れてものも言えないよ。

サイト開設以来、ずっと管理人さんからそうした話を聞いてきたけど、今となっては、昔から日本にインストールされてきたこの腐ったシステムが諸悪の根源にあることがますます実感されるわっ!
まともな民主主義が機能している国だったら、こんなふざけた政権とっくに倒れているはずだし、マスコミだって、連日のように国会を詳しく取り上げて、安倍総理の醜いウソや醜態をきちんと報じるはずだもの!

長年に渡って、多くの市民は「国家とは完全に独立したもの」と錯覚させられ、日本や欧米には高度な民主主義システムが設置されているものと思わされてきたけど、ようやく最近になって、これらは完全な間違いであることが知れ渡るようになってきた。

現代の資本主義の実態とは、(独立しているように見せかけた)各国家の上に、(その姿を隠した)グローバル資本勢力が隠然と鎮座しており、これら「国境なきグローバリスト」がそれぞれの国の政治家や官僚、マスコミをコントロールしながら、戦争や経済危機などを通じて軍事・金融・エネルギーなどの権益を独占しつつ、各国家の国民から気づかれないように富を少しずつ吸い上げ続けてきたことで、今や、ますます膨らみつつある膨大な資本を糧に、「地球規模の独裁支配」に向かっている状況だ。

その中でも日本は、特に戦後以降、激しいグローバリストからの支配・搾取を受けてきた上に、安倍政権による数年で、かつてなかったまでの急進的なグローバリズムに伴う、国民の激しい貧困化に見舞われており、これらの”功績”を認められた安倍政権は、ますますグローバリストから独裁的な権力を日本国内で与えられつつある状況だ。

このまま、この政権がのさばり続ける限り、日本は、世界の中でも最前線のグローバリズムに見舞われ、極限的なまでの貧富の格差と、国民の完全なる奴隷化とロボット化、さらには、憲法の破壊や民主主義の破壊に伴う、(金融崩壊や戦争などの)国家危機に見舞われ、最悪、国家の破綻や国民の大量死に繋がる危険もあるだろう。
そして、価値がゼロ同然になったあらゆる国家インフラをグローバリストが買い占めることで、世界初のグローバリストが完全支配する「無政府社会」が誕生するかもしれないね。

私たちの日本が、文字通りに安倍政権によって完全なまでに破壊されて、いずれは、「未曾有の崩壊・破滅」を通じて、いよいよこの国がグローバリストによる完全な「私物」と化してしまうってことね。
マスコミもかつてなかったまでにグローバリストと安倍政権にくみしてしまっている以上、私たちが何らかの行動を起こさない限り、日本は行くところまで行ってしまう可能性が高そうね…。

こんな腐ったインチキシステムの中で選挙の勝利を自慢している安倍総理は、はっきり言って頭がどうかしているし、このままこの総理を放っておくと、いよいよ本格的な「国家破壊行為」に走っていくだろう。
代々「日本の破壊」を請け負ってきたこの一族だけは、絶対に日本のトップに就かせてはいけないし、もし、この政権が歴代最長を記録することになるのなら、それこそ、日本の恐ろしい未来を暗示する重要なシグナルになるだろう…。

とにかく、一人でも多くの国民が、この日本や世界で何が起こっているのかを認識した上で、「日本の破滅」を食い止めるだけの力を得ていくことを願ってやまないよ。

Pocket

 

おススメ記事&広告