【恐すぎ】安倍陣営が「必ず安倍総理を支持」との誓約書を議員に書かせる!徹底した「脅しの手法」で、党内は安倍支持一色へ!

Pocket

どんなにゅーす?

・自民党総裁選で、(森友・加計疑獄の究明もほとんど進んでいないにもかかわらず)安倍総理が圧倒的な支持を固める中、安倍陣営の細田派が「必ず安倍総理を支持する」との誓約書を作成し、派閥ごとに署名させる”異常事態”が発生している。

・すでに安倍総理の優位が伝えられている中、さらなる徹底した「脅しの手法」で自民党内の独裁体制を固め、石破氏の支持勢力を徹底的に叩き潰す動きが激化している。

細田派が首相支持の誓約書、派内から反発の声も

安倍首相(自民党総裁)の出身派閥で党内最大の細田派(94人)は、所属議員に、9月の党総裁選で連続3選を目指す首相を支持する誓約書に署名させることを決めた。3日発足の合同選挙対策本部に提出する。首相の出身派閥が所属議員から誓約書を取るのは極めて異例。

誓約書には、「全力を尽くして応援するとともに、必ず支持することを誓約する」などと書かれているが、派内からは、「うちの派で造反議員がいると思っているのか」(中堅)などと反発する声が上がっている。

首相支持の麻生派、二階派はすでに所属議員の署名付きの推薦状を作成していた。細田派幹部は「他派閥と足並みをそろえる必要がある」と説明している。

【読売新聞 2018.9.1.】

【報ステ】安倍陣営は“誓約書”石破氏は被災地視察

自民党の総裁選が7日に告示される。総裁選に向けた安倍総理の選挙対策本部の発足式には、国会議員本人が230人と代理の116人の合わせて346人が出席。自民党の国会議員の8割以上が名を連ねたことなる。今回は、引き締めを図るため、『安倍総理の3選に向けて全力を尽くして応援する』という“誓約書”に派閥ごとに署名させる異例の動きが出ている。

【テレ朝news 2018.9.3.】

ついに安倍総理はここまで”ヤクザの手法”を全開に!「必ず安倍総理を支持する」との誓約書にサインさせ、脅しと恐怖を与えて自民議員を徹底支配!

出典:テレ朝news

安倍総理がいよいよ本格的におかしくなってきたみたいねっ!!
すでに圧勝がほとんど確定しているっていうのに、こんな状況の中で支持派閥ごとに「誓約書にサイン」させるなんて…一体どこまで反社会的でメチャクチャなやり口を繰り返せば気が済むのよ!?

全く愚かなことを。
このような、ヤクザ同然の脅しの手法に対して何の批判も反発もせず、自らのポスト欲しさにホイホイと言われるがままに署名する議員も、国民のことをこれっぽっちも考えていない最悪の国賊議員だね。

安倍総理がやっていることは、まるで大人のすることとは思えない、「究極の幼児性」が伴った反知性の手法であり、総理の座から降りることがよほど恐くて仕方ないのか、いよいよ本格的に正気を失い始めては、あらゆるモラルや倫理感を捨て去り、手段を選ばずに自民党内の独裁体制を脇目もふらずに猛進している最中だ。

こりゃ、腹の内では、すでに総裁選そのものを廃止しては、半永久的に自身が総理大臣を続けるための手段をあれこれ企んでいる疑いが強まってきたし、すでに、(ごく一部の議員を除いては)自民党そのものが正気を失ってきているようにも見えるね。

このままじゃ、いよいよ安倍総理自身の野望である”憲法改悪”も実行されて、それまでの平和で安全な日本が完全に終わってしまう日も近くなってきたわっ!

マスコミも、今まで以上にますます安倍官邸からの脅しが強まれば、(この前のNHKのようにいよいよ安倍総理を露骨に賛美するニュースを繰り返し報道するようになっては、世論調査などのデータも激しく捏造するようになるだろうし、こうなると、いよいよかつての大日本帝国ともソックリの「アベ帝国」の完成だ。

そもそも、日本の権力層が、明治維新から敗戦を経て今に至るまで、日本を徹底的に壊滅に追いやった長州テロリストの末裔たちで固められてきた時点で、こうなる未来はある程度予測できたし、一刻も早くに国民が長い眠り(洗脳)から目覚めて、この国の崩壊を回避する行動を取らないとマズい流れになってきたね。

Pocket

 

おススメ記事&広告