【はぁ?】安倍総理、「桜疑獄」から”全力逃亡”し、強引に国会閉会!会見ではまたも”憲法改悪”への意欲をアピール!「必ずや私の手で成し遂げる」

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年12月9日、「桜を見る会疑獄」を抱える安倍政権が、野党からの会期延長要求を拒否、あらゆる疑惑を闇に葬る形で国会を閉会させた。

・そんな中で、安倍総理は閉会後の会見の中で、自身に対する数多くの違法行為の疑惑を棚に上げつつ、またも”憲法改悪”に向けての意欲を強力にアピール多くの国民の意思を完全に無視した上で、「(改憲を)必ずや私の手で成し遂げる」などと声を上げた安倍総理に対し、国民からの批判が集まっている。

「桜を見る会」未解明のまま臨時国会閉会 首相会見、従来説明に終始

第200臨時国会が9日閉会し、安倍晋三首相が閉会に合わせて首相官邸で記者会見した。首相支持者の優遇や招待者名簿の廃棄などが問題となっている首相主催の「桜を見る会」について、「内閣府があらかじめ定められた手続きにのっとり(名簿は)適正に廃棄した」などの従来の説明を繰り返し、文書が残っていないことを理由に事実確認できないとの問答に終始した。

~省略~

【毎日新聞 2019.12.9.】

安倍首相、憲法改正に「必ずや私の手で成し遂げる」

安倍晋三首相は9日、臨時国会閉幕を受けて記者会見し、憲法改正について「必ずや私の手で成し遂げていきたい」と表明した。

~省略~

首相の自民党総裁任期が残り2年を切る中、安倍政権の下での改憲に改めて強い意欲を示した発言。首相は「与野党の枠を超えて活発に議論し、令和の時代にふさわしい改憲原案の策定を加速させる」と強調した。「国のかたちに関わる大改革に挑戦し、新たな国造りを力強く進めていく。その先に憲法改正がある」とも述べた。

一方、衆院解散・総選挙に関しては「国民の信を問うべき時が来たと考えれば、断行することはちゅうちょしない」とも語った。これに先立つ自民党役員会で「来年は東京五輪があり、節目の年だ。引き続き常在戦場の気持ちで頑張りたい」と述べた。

~省略~

【日刊スポーツ 2019.12.9.】

無法行為の限りを尽くしてきた安倍総理、あらゆる疑惑を強引に闇に葬りつつ、またもしつこく「憲法改悪宣言」!


出典:YouTube

一体どこまでこの総理は厚顔無恥なのかしら!?
こんなにも自身に対する違法行為疑惑が表に出てきたというのに、全てを強引に闇に葬りつつも、しまいには「必ずや私の手で(憲法改悪を)成し遂げる」って!
民主主義のルールをとことん無視ししつ、国民の血税は徹底的に私物化、ついには、私たちの憲法までも自分の思い通りに捻じ曲げようとするなんて…!

どうやら、この男は、自分がどれだけ悪いことをしてきたのかもよくよく分かっていないみたいだし、相変わらず、法治国家の原則や憲法すらも何なのかが全く分かっていないようだ。
しかも、改憲について、「国民的関心は高まりつつある」なんて吹聴しているけど、「は?一体どこが?」という感想しか出てこない
自分自身の(悪しき)野望を成し遂げたいがために、勝手に「国民の関心が高まっている」ことにして、意地でも”憲法改悪”を強行しようとしている安倍総理の異常性には、戦慄を禁じ得ないし、ここまでくれば、改憲に対する”意欲”というよりも、”執念”や”宗教”に近いものになってきている感じがする。

実際のところ、ネットの声を見ても、安倍総理の”憲法改悪”に強く賛同している層を見てみても、半ばこれが「宗教」みたいなものになってしまっているのを感じるし、実際のところ、「戦争が出来る国作り」を推し進めている勢力の背後に、巨大な(グローバル系)カルト宗教のネットワークが存在していることが見え隠れしているね。

確かに、安倍総理の憲法改悪を熱烈に後押している主要な組織が、日本会議や神社本庁、統一教会をはじめとした、”似非愛国”カルト宗教の集まりだし、こうした、長年にわたって日本に存在してきた宗教組織が、アメリカやイスラエルの軍産資本勢力と繋がっている可能性がありそうね。

海外においても、政治勢力と軍産資本、そして、イエズス会やフリーメイソンなどのグローバル宗教組織、それぞれが密接に繋がり合っていることで、巨大な資本勢力が絶大な権力を持っては莫大な利益を上げてきた実情があるけど、つまりは、安倍政権のバックにも、これらと同じような構図が存在しているということだ。

●過去参考記事:政治と宗教と戦争…スイス・ゴッタルドベーストンネルの開通式から浮かび上がる、グローバリストたちのおぞましい悪魔崇拝!

まともな民主主義が機能していれば、「桜疑獄」において素早く検察が動き、安倍総理は逮捕・失脚していただろうし、さすが、「長州テロリストの末裔」というべきか、数々の不法行為もおかまいなしに、今後も総理の座にのさばりながら、挙句には「憲法までをも私物化」した上で、この先好き勝手にこれをいじくり回そうとしているような状況だ。
賢明でまともな国民であれば、このような安倍総理による「やりたい放題」の行状を許すはずもないし、何としてでも、”憲法改悪”だけは全力で阻止しつつ、最悪でも今任期を持って安倍政権を終わらせる必要があるといえるだろう。

はぁ~…。
結局、管理人さんの(悪い)予感の通り、(事実上の安倍一派の私兵である)検察も全く動かないままに、今年の国会も終わってしまったわね…。
でも、私たち国民は、絶対にこんなインチキを許してはいけないし、これ以上私たちの日本がメチャクチャにされてしまうことを全力で阻止していかないといけないんじゃないかしら!

そうだね。
ボクたちもこれまで以上に強い気持ちを持って、数多くの「おかしなこと」に対して全力で抗議の声を上げ続けていこう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事