安倍政権の自民議員に200万円の「臨時活動費」が支給される!「申請不要&即時振込」に国民から怒りの声が上がるも、安倍シンパは「ただの政党交付金」と報道を非難!

Pocket

どんなにゅーす?

・中小の事業主を対象にした「持続化給付金」や全国民を対象にした「特別定額給付金」も、いずれもトラブル続出で振り込みが大きく遅れる中、安倍政権の衆参自民党議員に、「申請不要&即時振込」の200万円の「臨時活動費」が振り込まれていたことが判明。国民から怒りの声が多く上がっている。

・これに対し、安倍シンパのネット応援団は「ただの政党交付金が振り込まれただけ」と、これを批判的に報じたNEWSポストセブンを揃って強く非難。しかし、国民がコロナ危機で深刻な貧困な経済難にあえぐ中、国民への支援策への不備や不誠実さが目立つ上に、庶民の悲鳴も「どこ吹く風」の安倍政権の面々の恵まれた現状が浮かび上がっている。

自民党議員に税金から200万円支給、申請不要で即時振り込み

~省略~

「5月26日に党本部から各政党支部に200万円の支部交付金が振り込まれた。通常の支部交付金は年6回に分けて総額1200万円が配られるが、今回はそれとは別枠の臨時の活動費という説明だった」(自民党ベテラン秘書)

~省略~

年に一度の使途報告は義務づけられているものの、事務所賃料から人件費、政治活動費としての飲食代(会合費)まで使途に制限はない。政治家が自身の政治団体(資金管理団体)に寄付することも可能な非課税の収入である。国民が各種給付金の複雑な手続きに悪戦苦闘している間に、こっそり「申請不要、即時振り込み」の支給がなされていたわけだ。

~省略~

新型コロナ対策で、国会議員の歳費は2割削減(5月から1年間。月に約26万円減額)されていたが、結局は政治資金でしっかり補填されており、「身を切るフリ」でしかなかったことがよくわかる。

感染拡大によって自民党議員は地元入り自粛が通達され、議員会館と宿舎を往復する生活が続く。「支持率も下がっているから、地元活動に励めということだろう」(同前)と受け止められているのだ。

この交付金について、自民党本部に質すと、「日常の支部の政治活動のために、年4回の定期支給分を含め、通例年6回支給している交付金のうちの一つ」「その年によって支給日がずれることがあります」との回答があった。

国から各党への政党交付金の振込は4月、7月、10月、12月の年4回。自民党ではそれに合わせた各支部への「年4回の定期支給」があり、それ以外の2回の支給は、過去の使途報告を見るとほとんどの年で6月と12月に行なわれている。

自民党の回答は、今回の200万円が臨時ボーナスではなく「いつも支給しているカネを今年はたまたま早く渡しただけ」と言いたいようだが、国民への給付状況を考えれば、身内に対してだけ、あまりに“柔軟な対応”で驚くしかない。

【Yahoo!ニュース(NEWSポストセブン) 2020.6.12.】

国民への支援はとことん渋り遅滞するのに、自分たちへの給付は”迅速対応”!安倍サポ軍団は揃って「このミスリード記事に引っかかるのはバカな情報弱者だけ」と声高に喧伝!

安倍政権の衆参自民党議員に、「臨時の活動費」との名目で200万円もの支部交付金が振り込まれたとのことです。
多くの国民がコロナ危機によって家計の危機に瀕している中で、まさに、庶民の悲鳴を尻目に、安倍自民党の議員が潤沢なお金を優先的にしっかりと受け取っている現状がはっきりと浮かび上がっております。

この記事に対して、多くの国民から怒りの声が上がっているのを受けて、早速安倍サポ軍団が出動して「火消し活動」を開始
「いつものように、ただ政党交付金が振り込まれただけ!」「このミスリード記事に引っかかっているのは、頭の悪い情報弱者だけ!」などと大声で喧伝しているけど、こうした記事をきっかけにしてますます国民からの批判が増大し、いよいよ安倍政権が倒れる危機に瀕することになれば、そりゃ彼ら安倍サポ軍団の権益や立場も一気に危なくなってしまうからね。

事の本質は、「ただの政党交付金かどうか」ではなく、庶民に対する支援策に対しては、あまりにもずさんかつやる気がなく、「一日も早くに全ての国民に確実に届ける」といった努力や意思をまるで感じられないのに、自分たちの利益の確保については非常に迅速かつ確実に行なうという、その「自分たちに甘く国民に厳しい」といった安倍政権に蔓延している歪んだ姿勢や考え方なんだよ。

例えば、持続化給付金についても、唖然とするほどの巨額の委託費を得体の知れない”幽霊法人”に流しては、その巨額の業務委託費とまるで見合わない、あまりにも不親切&乱雑でずさん過ぎる事務対応が明らかになっていますし、この政権は、何から何まで「お仲間同士の利益確保」だけは最優先に注力するという行動パターンで一貫していますね。

だからこそ、安倍サポネット工作軍団も、あらゆるデマやミスリードを用いながら、「安倍総理が発する数々のウソ」にさらにウソを塗り重ねる”アクロバット擁護”に徹しているわけだし、要は「自分たちが儲かりさえすれば日本なんかどうなってもいい」といった考えの連中が安倍政権に集結しているということだ。

国民への支援策を迅速・確実・真面目に実行していれば、別にこのようなお金を受け取っても問題ないのではと思うけど、まさに、何から何までが安倍政権の本質が実によく表れた一件であるといえそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事