飯塚幸三容疑者、事故直前に「無理な車線変更」を繰り返していた!?容疑者「予約したフレンチに遅れそうだった」→ネット上ではさらなる怒りの声が噴出!

Pocket

どんなにゅーす?

・「池袋暴走死傷事故」を引き起こした飯塚幸三容疑者が書類送検された中で、事故直前に、飯塚容疑者が車やバイクを追い抜くために車線変更を繰り返していたことが報じられた。

・報道によると、飯塚容疑者は「フレンチの予約に遅れそうだった」と供述しているとのことで、ネット上では、この新情報に対してさらなる多くの怒りの声が噴出している。

独自 池袋事故「フレンチに遅れる」

~省略~

捜査関係者への取材で暴走した車を運転していた飯塚(いいづか)元院長は両膝に関節症を患っていて かかりつけの医者から運転を控えるように注意されていたことが明らかになりました。 さらにテレビ東京の取材で飯塚元院長がその日 車を運転していた理由をこう供述していることがわかりました。 飯塚元院長のコメント 「予約していたフレンチの時間に遅れそうだった」 急いでいたとみられる飯塚元院長制限速度の時速50キロを超えるスピードでカーブに進入。 前方のバイクや車を追い越すため、 車線を3回も変更する蛇行運転をしていたことも新たに分かりました。 飯塚元院長は運転ミスを否定したため、警視庁はドライブレコーダーや防犯カメラの解析など、 徹底的な証拠固めを行い、7ヵ月かかっての書類送検となりました。

~省略~

【ゆうがたサテライト 2019.11.12.】

「驚きの新情報」にネット上はさらに大炎上!理解に苦しむ飯塚容疑者の「不可解な行動」の数々!

飯塚幸三容疑者に関する「新情報」がテレ東さんでスクープ報道されたけど、その「驚きの内容」にネット上がさらに大炎上しているわ。
確かに、何の罪もない2人の母子を殺してしまったうえに、多くの瀕死の重傷者を出した重大事故を引き起こした当事者が、「予約したフレンチに遅れそうだった」なんて話していたら、そりゃここまで怒りの声が噴出するのは当然だわ。

警察が書類送検するまでに7か月もかかったことも不可解だけど、こりゃ、飯塚容疑者本人の行動や言動も相当なまでに不可解だ。
なんせ、ご本人は、東大卒の工学博士で、旧通産省の重要職を務めたうえに、瑞宝重光章まで受章している筋金入りの超エリート
しかし、今回の事故に関する供述や事故状況の詳細を見聞きすると、まるで工業界で超一流のキャリアを持っている人間とは思えないような、完全に支離滅裂で不合理な行動や言動を繰り返している。

新たに浮上した「予約していたフレンチに遅れそうになったために、事故直前まで無理な車線変更を繰り返していた」との情報だけど、これだって、正常な思考力を持っている人間の行動にはとても思えない。
なぜなら、「少々無理な車線変更を繰り返してでも急いでいた」というなら、運転技術に相当な自信があったとしか思えないし、もし、医者から運転を止められていたほどに足の状態が悪かったのであれば、(彼ほどの頭脳や思考力があれば)このような(自殺に繋がるような)無茶な運転をするはずもないからね。

そして、予約していたフレンチに遅れそうだったのなら、(まともな思考を持っている人なら)事前にお店に電話をかけて、予定より遅れる旨を伝えるはずだし、そうすれば、このような自殺行為のような無茶な運転をする必要などどこにもないわよね。

そういう風に考えると、飯塚容疑者の供述や事故当日の行動について、その真実性をどうしても疑わざるを得ないし、どこかに”フェイク”が含まれている可能性があるように感じる。
いずれにしても、どこをどう考えても、飯塚容疑者の行動や供述は、完全に支離滅裂のメチャクチャそのものだし、ボクみたいなひねくれた人間の場合、ついつい、表に報道されていない「何か」が隠されているように思えてしまうんだよね。

事故現場に現れた「黒スーツ集団」の謎も明かされていないままですし、おかしなことや不可解なことがあまりにも多すぎるわね。
個人的には、「上級国民」のWikipediaページが消されたり、飯塚容疑者のWikipediaが、「池袋暴走死傷事故に関する内容が一切書かれていない(=書いてもすぐに消される)」ことが気になっているけど、(その内情はよく分からないけど)私たちが想像している以上に、色々な闇が隠されている事故(事件)なのかもしれないわ…。

そうだね。ネット上では「上級国民優遇案件」として多くの批判や怒りの声が噴出しているけど、個人的には、これ以外にも様々な「裏事情」が潜んでいる事件に思えてならないよ。

Pocket

 

 関連記事