■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【グローバリズム】YouTubeが「WHOの方針に反するワクチン関連動画」を全面的に禁止することを発表!すでに13万本のワクチンのリスクを訴える動画を削除!

【グローバリズム】YouTubeが「WHOの方針に反するワクチン関連動画」を全面的に禁止することを発表!すでに13万本のワクチンのリスクを訴える動画を削除!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年9月29日、グローバルIT企業Googleの傘下にある動画投稿サイトYouTubeが、WHOの見解やポリシーに反するワクチン関連の動画を全面的に禁止する方針を発表した。

すでにYouTubeは13万本ものワクチンのリスクを訴える動画を削除してきたとされる中、地球規模でグローバル製薬企業や資本家の不利益にかかわる情報の統制や排除がより一層激化していく現状に対し、世界中から多くの危機感を唱える声が上がっている。

YouTube、ワクチン全般の誤情報禁止 著名チャンネルも停止

米Google傘下のYouTubeは9月29日(現地時間)、医療誤報ポリシーを拡大し、保険当局が承認したワクチンが危険あるいは機能しないと主張する動画を禁止すると発表した。同社は昨年10月から新型コロナウイルスワクチンに関する誤情報を禁止しているが、禁止範囲を拡大する。

昨年以来、新型コロナワクチンポリシーに違反したとして13万本以上の動画を削除したという。

新ポリシーでは、インフルエンザ、HPVワクチン、はしか、おたふく風邪、風疹などのワクチンに関する誤情報も禁止する。例えば、風疹のワクチンが自閉症を、インフルエンザの予防接種が不妊症を引き起こすと主張する動画は許可されない。

ただし、予防接種に関する個人的な経験を共有する動画は引き続き許可する。また、動画に医療専門家の発言などの他のコンテキストが含まれている場合、ポリシーに違反する情報を含む動画でも許可する。

~省略~

【ITmedia NEWS 2021.9.30.】

ユーチューブ、新型コロナ含む全ての反ワクチンコンテンツを禁止

[ワシントン 29日 ロイター] – 米アルファベット傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ」は29日、新型コロナウイルスワクチンだけでなく、全ての反ワクチンコンテンツを禁止すると発表した。

~省略~

ワクチンが慢性的な健康被害を引き起こすという主張や、ワクチンの成分に関する偽情報などに関するコンテンツが全て禁止される。

また、米紙ワシントン・ポストによると、ユーチューブはケネディ元大統領のおいロバート・F・ケネディ・ジュニア氏ら著名な反ワクチン活動家によるサービスの利用を禁止し、複数のチャンネルが停止されたという。

【ロイター 2021.9.29.】

多くの(御用)専門家や(自称)ジャーナリストらが強く賛同する中、グローバリストによる「既存の民主主義社会の破壊(デジタル奴隷監視社会)」は順調に着々進行中!

出典:Wikipedia

いよいよ、YouTubeによる本格的な言論統制と、地球規模の「既存の民主主義社会の破壊(グローバル共産主義社会の構築)」の動きが激化してまいりました。
中でも深刻なのは、この「市民にとっての大きな脅威の増大や危機的状況」に対して、多くの(御用)専門家や(自称)ジャーナリストらが強く賛同しており、1%のグローバル権力層による「腐敗システムや支配体制の強化」に全面的に協力していることです。

こういう動きを見ていると、まさしく、ここまで99%の一般市民が疲弊しきってしまっている現状について「なるべくしてなっている」と感じるし、世の中の本質や現状は第二次世界大戦時となんら変わっていないことを感じるね。

今回のYouTubeの対応について、非常に問題なのは、「明確なデマに対して削除する」のではなく、「(深刻な腐敗に陥っている)WHOの見解やポリシーに反するものを全て『悪質コンテンツ』とみなして削除する」という点だ。
つまり、「よく分かっていないこと」「事実関係がはっきりするのは数年後」などといった内容でワクチンに潜在しているリスクを指摘している動画に対しても、「WHOの見解に反しているために削除する」ということであり、言い換えれば、これは「グローバル機関は、間違った判断や市民にとって有害な内容を決めるはずがない」という、完全なる性善説、さらにいえば、「1%の権力層の”ご意向”」を基にして「動画の良し悪し」を決めては、市民にこうした思想(グローバル支配層に対する信仰心)を流布しようとしているということだ。

過去参考記事:
ついにIOCが「緊急事態宣言中でも東京五輪強行」を明言!WHOも強力に後押し!1%のグローバル支配層が、東京五輪強行を通じて日本国内の「ワクチン接種普及」を強力に推進!

アストラゼネカ製ワクチン、ついにドイツ・フランス・イタリア・スペインも接種一時中断!→WHOは「パニックを起こさせたくない」との理由で「接種継続」をごり押し!

WHO「クルーズ船カウントせず」の背後に、日本政府から10億円のカネ!WHOテドロス事務局長「気前よく1000万ドル寄付してくれた日本に感謝」

【疑念噴出】WHOテドロス事務局長、「武漢の研究所からウイルスが流出した可能性は極めて低い」との仮説を発表!中国のウイルス研究所を「非常に高い安全基準」と評価!

マスコミは、政府の腐敗についてはある程度批判的に報じますが、WHOなどのグローバル機関の腐敗については不自然なほどに全く触れない上に、まるで正義や純潔から成る「神聖な組織」のごとく扱う傾向が目立っていますし、これは明らかにおかしなことです。
かつての世界大戦時においても、市民は1%の権力層を無根拠に信奉したことで自ら戦争に参加し、多くのかけがえのない命が奪われましたが、つまりは、このコロナ危機においても、再びグローバル層は、市民をことさらに「権力礼賛」に誘導させては、「間接的かつ長期的な手段」を用いて(自覚症状がない状態で)99%の市民の健康や生命を奪おうとしているということですね。

福島原発事故の時にも同じような動きが発生したけど、当時に放射性物質による被ばくのリスクや危険性を唱えていた人々までもが、ワクチンの普及に対しては全面的に賛同している動きがみられるのも気になるし、少なくとも、グローバル資本勢力(各国への侵略行為を繰り返したり世界大戦を引き起こしてきた勢力)が全面的に関わっているワクチン(特に、長期的な治験をもすっとばして世界市民への接種を一気呵成に進めている、新型コロナワクチン)に対しては、全面的に信用し接種することは非常にリスクが大きいと考えた方がいいだろう。

全体的な状況を俯瞰的にみても、まるで、あらかじめはかっていたかのごとく、「新型コロナ危機&ワクチンキャンペーン」と同期するように、既存の民主主義社会を本格的に壊しては、「デジタル監視システム」をインストールする動きが激化してきているし、世界の市民は「自分たちを真に支配・搾取」しているのは、その国の政治家・官僚ではなく、その上に鎮座している「GAFAら巨大グローバル企業と投資家」であることを認識しないといけない上に、今まさに、その「巨大権力」に自分たちのあらゆる自由や生命・健康までをも奪われようとしている現実に気が付く必要があるだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

世界のにゅーすカテゴリの最新記事