■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

ついにIOCが「緊急事態宣言中でも東京五輪強行」を明言!WHOも強力に後押し!1%のグローバル支配層が、東京五輪強行を通じて日本国内の「ワクチン接種普及」を強力に推進!

ついにIOCが「緊急事態宣言中でも東京五輪強行」を明言!WHOも強力に後押し!1%のグローバル支配層が、東京五輪強行を通じて日本国内の「ワクチン接種普及」を強力に推進!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年5月21日、IOCと組織委がオンライン会合を開催、会合後の記者会見でIOCのコーツ調整委員長が「緊急事態宣言中でも東京五輪を強行開催する」ことを明言した。

・コーツ氏は、「WHOなどから、緊急事態宣言下であってもなくても、十分安全で安心な大会を開催できると助言を受けている」と語り、WHOも東京五輪の強行を後押ししていることを明らかに。日本のワクチン接種が諸外国と比べて遅れている中、東京五輪の強行を通じて日本国内のワクチン接種普及を強力に後押ししようとするグローバル支配層の思惑が見え隠れしている。

IOC、緊急事態宣言下でも東京五輪は開催

際オリンピック委員会(IOC)のジョン・コーツ調整委員長は21日、たとえ東京で新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が発令されていても、7月23日に始まる予定の東京オリンピックは実施すると発言した。日本では現在、東京をふくめ9都道府県で緊急事態宣言が出ており、23日からは沖縄にも適用される。

コーツ氏は、大会組織委員会とのオンライン会合後に記者会見し、「緊急事態宣言下でも、5競技のテストイベントが実施され成功してきた」と述べ、「選手や日本の人たちの安全を守るために整えてある計画はどれも、最悪の事態を想定したものなので、(緊急事態宣言の中で五輪が開けるかという質問への)答えは、絶対にできるだ」と話した。

「世界保健機関(WHO)からの助言や、すべての科学的助言は、私たちがプレイブックで明示した措置の全てが、健康面で安全な大会の確保に十分だと示している。それは緊急事態宣言中かどうかに、かかわらずだ」

~省略~

【BBC 2021.5.22.】

バッハIOCが粛々と進める五輪強行準備 日本の世論ガン無視

延期されてきたXデーが決まった。

国際オリンピック委員会(IOC)がバッハ会長の来日予定日を7月12日と発表した。東京五輪開幕の約10日前となる。それに先立ち、コーツ調整委員長は6月15日に日本へ入るという。

~省略~

■緊急事態宣言下でも「やる!」

バッハ会長は「大会開催時には(選手村に滞在する大会関係者の接種者は)80%を超えると確信している」とキッパリ。21日に終了した合同会議後、組織委の橋本聖子会長と会見を行ったコーツ調整委員長は、開幕までに緊急事態宣言が解除されない状況でも五輪は開催するのかと問われ、「答えはイエスだ」と明言、「WHOなどから、緊急事態宣言下であってもなくても、十分安全で安心な大会を開催できると助言を受けている」と理由を示した。

コーツ氏はまた、日本国内で開催反対の声が高まっている状況に関し、「ワクチン接種が増えていけば、世論調査の結果も良くなっていくのではないか。もし支持率が改善しなければ、安全な大会になるようにわれわれの仕事をやるだけだ」との認識を語った。

かくして、ぼったくり男爵とIOCは五輪強行に突き進む……日本国民の命を何だと思っているのか。

【日刊ゲンダイ 2021.5.22.】

IOCとWHOが「東京五輪ゴリ押し」の菅政権に全面的に加担!自らのカネと利権、そして「奴隷化ワクチン接種」を通じた「ディストピア構築」に向けて、その”正体”を本格的に露呈させる!

出典:YouTube

ちょうど今から1か月前に、管理人さんが「この調子では『緊急事態宣言中でも東京五輪を強行開催する』と言い出しそう」って言ってたけど、ついにそれが現実のものになったわっ!!
東京五輪強行について、WHOもこれに全面的に支援しているみたいですし、みーんな菅政権のオトモダチだったことが明らかになってきた上に、「デジタル奴隷監視システム」の構築に全面的に加担しているグローバリストの実体を本格的に見せ始めてきたわねっ!!

何から何までがボクが強く危惧していた通りの展開になってきたし、これで、(日本が「最悪のコロナ地獄」に陥っても、国民が大量にコロナ感染症で死んでも)「何が何でも東京五輪を強行開催」の路線がほぼ確定した感じだね。

”彼ら”が、ここまで日本国民からの強い反対を完全無視してまでも東京五輪を強行しようとしている理由はとても簡単だ。
まずは、IOCや菅政権の政治屋、電通、コカ・コーラなどのスポンサー企業らによる、五輪開催そのものによる利権とカネ儲けのためが第一。
そして、もう一つは、(世界各国で「奴隷化ワクチン」の接種がかなり進んでいる一方で)日本国内においてワクチン接種が予定より遅れていることを受けて、「東京五輪開催」を口実に、まずは選手や関係者に最優先に接種させつつ、日本国民にもワクチン接種の機運や世論誘導を全開にさせ、半強制的に全ての国民にワクチンを接種させるという、1%のグローバル支配層による「アジェンダ」を早くスムーズに達成させる思惑があるのが見え見えになっている。

その証拠に、ビル・ゲイツ氏らとともに世界のワクチン利権を握っている)WHOも東京五輪の強行開催を強く後押ししているし、まさに、この東京五輪というのは「1%のグローバル支配層が99%の民衆を『完全なる使い捨て奴隷(ロボット人間)』に仕上げるための儀式」であると言い換えることができるだろう。
(これまでの動きを見る限り、IOCもワクチンに関する利権を握っているようにも見えるし、とにかく、「全世界の市民がワクチンを接種する」というファクターそのものが、1%の支配層にとっては非常に都合が良く美味し過ぎる展開だということだ)

何から何までが完全に常軌を逸してるし、菅政権はもちろん、かなりコアなグローバリストであるIOCやWHOも人類の敵だわっ!!
これまでのオリンピックでも、気味の悪いシンボルやグローバルカルトとの関係を思わせる演出がたくさん見られたけど、いよいよ、その実体や正体を本格的にあらわし始めた感じだわっ!!

言うまでもなく、グローバリストによる「何が何でもオリンピックをやる」「99%の奴隷どもは黙って従え」の強烈なメッセージに対し、されるがままに隷従した時点でもうおしまいだし、ボクたち日本国民は、これまで以上に連携・結集し、これに全面的に反対し、全力で抵抗していかないといけない

もうすでに、1%による「世界統一政府計画」は仕上げの段階に入り始めており、新型コロナワクチンを全世界の市民が接種させられ、彼らが提唱してきた「ニューノーマル」「グレートリセット」が完全に実行された時点で、かつてなかったまでのディストピアがやってくることは間違いない。
ようやく、多くの日本国民もIOCやWHOの正体が分かってきたみたいだけど、すでに手遅れに近いところまで事が進んでしまっているし、一刻も早くに、今のこの状況をより良く理解し「最悪の事態」を止めるための行動を起こさないといけない段階に入ってきてしまっているのが現状だ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事