■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

東海道新幹線3人殺傷事件、小島一朗容疑者(22)は刃物2本を車内に持ち込み!殺害された梅田耕太郎さん(33)は犯行を止めに入っていたとの証言も

東海道新幹線3人殺傷事件、小島一朗容疑者(22)は刃物2本を車内に持ち込み!殺害された梅田耕太郎さん(33)は犯行を止めに入っていたとの証言も
Pocket

どんなにゅーす?

・2018年6月9日夜に東海道新幹線の車内で発生した無差別殺傷事件について、犯人の小島一朗容疑者(22)は、ナイフとナタのような折りたたみ式の刃物2本を車内に持ち込んでいたと見られており、計画的な犯行だった疑いが強くなっている。

・乗客の証言によると、小島容疑者は突如立ち上がり、隣の席に座っていた女性に無言で刃物で切りつけてきた中、これを止めに入った会社員・梅田耕太郎さん(38)ともみ合いに。その中で小島容疑者が梅田さんを刃物で切りつけ、殺害された可能性が高くなっている。

新幹線車内に刃物2本、計画的犯行か 3人死傷事件

走行中の東海道新幹線車内で9日夜、男女3人が刃物で襲われ男性1人が死亡した事件で、現場から刃物が少なくとも2本見つかっていたことが神奈川県警への取材で分かった。男性に対する殺人未遂容疑で現行犯逮捕された男のものとみられるリュックも、網棚に残されていたという。神奈川県警は、男が事前に複数の刃物を準備し、計画的に事件を起こしたとみて調べている。

県警によると、愛知県岡崎市の無職小島一朗容疑者(22)=いずれも自称=は9日午後9時45分ごろ、新横浜―小田原間を走行中の東海道新幹線「のぞみ265号」の車内で、会社員の梅田耕太郎さん(38)=兵庫県尼崎市=を刃物で切りつけるなどして殺害しようとした疑いがある。梅田さんは約1時間後、搬送先の病院で死亡が確認された。20代の女性2人も襲われて重傷を負った。

現場からはナイフが1本と、折りたたみ式のなたのような刃物が1本見つかった。刃物のカバーのようなものも落ちていたという。

小島容疑者は調べに対し、「むしゃくしゃしてやった。誰でもよかった」と供述しているという。

【朝日新聞 2018.6.10.】

新幹線殺傷で死亡した男性は「容疑者を止めに入っていた」 乗客が証言

犯行現場は、新横浜ー小田原間を走行していた東京発新大阪行き「のぞみ265号」の12号車。車両に居合わせた女性が、犯行を様子を産経新聞に語っている。

容疑者は12号車の通路側の席に座っていたところ、突然立ち上がり、隣の席の女性に刃物のようなものを無言で振り下ろした。男性が止めに入ってもみ合いになり、容疑者が男性に刃物で迫ったという。

12号車に乗り合わせた別の男性も、朝日新聞に当時の様子を語っている。デッキに逃げ出し12号車を覗くと、通路の真ん中に男性が仰向けで倒れており、馬乗りになった容疑者が無表情で何度も刃物を振り下ろしていたという。車掌がトランクを盾に容疑者に近づき、説得を試みているようだった。目撃者の男性は「こんな体験をするとは夢にも思わなかった。怖い」と振り返った。

また、その場に居合わせた別の女性は、容疑者が刃物のようなものを振り回す姿を目撃し、「自分も殺されるのではないか」と恐怖を覚えた。

「車内はパニックになっていた。犯人は、無言で一点を見つめながら、刃物を2、3回振り回しているように見えた。走って前の方の車両に逃げた」と、NHKの取材に語った。

【ハフポスト 2018.6.10.】


またも起こってしまった走行中の新幹線車内での衝撃事件、「新幹線に乗るのが怖い」と漏らす人々も…

出典:YouTube

東海道新幹線の車内で発生した無差別殺傷事件ですが、小島一朗容疑者(22)は刃物2人を車内に持ち込んでいたと見られ、計画的な犯行だった可能性が高くなっています。
また、殺害された梅田耕太郎さん(38)は、小島容疑者が突如女性を襲い始めたのを見て止めに入っていたとの証言が出てきているようです。

梅田さんが止めに入っていなければ、女性の方が殺害された可能性が高かったということだろうか。
どちらにしても、余りに痛ましい事件で、亡くなった男性があまりにもいたたまれないし、無差別殺傷事件の恐ろしさや卑劣さを改めて強く感じざるを得ない。

以前から度々指摘されていることだけど、密閉された乗り物の車内でひとたびこのような事件が起こってしまうと、乗客の人々は逃げ場も限られ、非常に無防備かつ危険な状況に置かれやすくなってしまう
落語家の桂ぽんぽ娘さんがたまたま隣の車両に乗っていたようで、マスコミに対して、パニックになっていた車内の様子と自身が体験した恐怖を語っているけど、この先、これらの手口を模倣する人間が出てきてしまわないかが心配なのと、もはや飛行機のみならず、これからは新幹線でも手荷物検査を実施しなければならないのかもしれないね。
(もっとも、そうなると新幹線の運行システムそのものを見直さなければならなくなってしまうと思うけど…)

ネット上では、出張などで頻繁に新幹線を利用している人などから「もう新幹線に乗りたくない」との声が漏れてきている状況です。
すでに走行中の新幹線車内において、二度も死傷者が出る事件が発生してしまっていますので、今後は「何らかの対策」を行なわざるを得ないのかもしれませんね…。

こうなると、在来線の満員電車やバスなど、ありとあらゆる交通機関に対しても一抹の不安がよぎってしまうし、何かとのんびりと生きるのが難しい社会になってきてしまっているね…。
今後、容疑者に対しての本格的な取り調べが行なわれるみたいなので、ひとまずその状況を見守っていこうと思うよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事