■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

東京地検特捜部、”鶏卵汚職”吉川元農水相の事務所を家宅捜索!一方、安倍前総理に対しては家宅捜索すら行なわずに「嫌疑不十分」でさっさと不起訴に!(”宝の山”に近づこうとすらせず)

東京地検特捜部、”鶏卵汚職”吉川元農水相の事務所を家宅捜索!一方、安倍前総理に対しては家宅捜索すら行なわずに「嫌疑不十分」でさっさと不起訴に!(”宝の山”に近づこうとすらせず)
Pocket

どんなにゅーす?

・2020年12月25日、東京地検特捜部が、鶏卵大手の元代表から現金500万円を受け取った「収賄容疑等」で吉川貴盛元農水相(健康上の問題を理由に衆院議員を辞職)の事務所などを家宅捜索。吉川氏に対して事情聴取もすでに行なっており、本格的に刑事事件として立件される可能性が高まっている。

・一方で、5000万円を超える収支報告書への不記載が発覚した安倍前総理については、1000人近くの法の専門家が集団告発したにもかかわらず、特捜は関係先の家宅捜索すら行なわず、「嫌疑不十分」で不起訴を決定「巨悪に対しては決してメスを入れようとしない」特捜の体質と、両者の扱いの違いが顕著に表れる事態になっている。

吉川元農相の地元事務所に家宅捜索 収賄容疑で立件視野 東京地検特捜部

衆院議員を辞職した吉川貴盛元農相(70)が、大手鶏卵生産会社「アキタフーズ」(広島県福山市)グループの元代表(87)から現金を受け取ったとされる疑惑で、東京地検特捜部は25日、吉川氏の衆院議員会館の事務所と、札幌市の地元事務所の家宅捜索に入った。事態は大臣経験者の強制捜査に発展した。吉川氏と元代表は、特捜部の任意の事情聴取にいずれも現金授受を認めているといい、農相の職務に絡んだ贈収賄容疑での立件を視野に捜査を進めている模様だ。

~省略~

【毎日新聞 2020.12.25.】

出典:MSN(日テレNEWS24)

安倍前首相の秘書は正式な裁判をやるべき

~省略~

安倍前首相は共犯者ではないのか明らかにすべき

そもそも、安倍氏の秘書が(1)安倍氏のお金で勝手に数百万円の補填をし、(2)国会で問題になっても安倍氏に虚偽の報告を続け、(3)個々の参加者がホテルと契約という法律の知識がないと考えつけないレベルの虚偽の言い訳を編み出し、(4)安倍氏もその虚偽の報告を疑わずに秘書に騙されて国会で虚偽答弁を繰り返し、(5)それでも安倍氏がその秘書を今日現在でも秘書として雇用しているというのは、その一つ一つが考えがたい事態です。仮にそのような人物だと安倍氏の秘書は「大悪人」になってしまいます(郷原信郎弁護士論考)。結局、安倍氏と秘書が口裏合わせをして、秘書が責任をかぶることにしたと考える方が実態との関係で辻褄が合います。

それでも、東京地検特捜部が12月21日に安倍氏本人の取り調べをし、本日、不起訴処分となったのです。しかし、東京地検特捜部は安倍氏の事務所や議員会館、私邸などを一カ所も家宅捜索していません。国会で平然と虚偽を述べる人物であることが判明した安倍氏の供述を鵜呑みにして「関与していない」とするのは到底納得できるものではなく、このような不起訴処分は、東京地検が安倍氏を逃がすために、適切な証拠集めをせず、あえて安倍氏の供述を鵜呑みにした可能性を指摘せざるを得ません。

~省略~

【Yahoo!ニュース(渡辺輝人) 2020.12.24.】

吉川氏に対しては意気揚々と家宅捜索に入りながら、安倍氏に対しては安倍事務所の家宅捜索すらやらずに「証拠がない」としてさっさと捜査を終わらせた特捜部!

何なのよ、この吉川氏と安倍氏に対する「扱いの差」はっ!!
吉川氏に対しては、早速やる気満々で関係先の家宅捜索に入っているのに、安倍前総理に対しては、家宅捜索すらやらずに「嫌疑不十分」でさっさと不起訴で終わらせてしまうなんてっ!!

「政治家の不正や腐敗にメスを入れる使命」を持っているはずの特捜からすれば、安倍氏の事務所なんてまさに「宝の山」みたいなもので、森友や加計はもちろん、ケチって火炎瓶河井事件の政治資金還流疑惑、そして桜疑獄まで、安倍氏が関わるありとあらゆる不正や犯罪に関する「重大な証拠」を大量に押収できるのではと思うんだけど…自らこの「最高のチャンス」を潰し、安倍事務所に近づこうとすらしないで、「証拠が見つからなかった」といって不起訴にしてしまうんだから、もう笑っちゃうしかない。

もうこれだけで(グローバリスト共謀して江戸幕府を倒した「長州テロリスト一族」が法を超えた特権を持っているという)「田布施システム」が見事なまでに露呈しているし、当然のごとく、国民からは怒りや不信感の声が大噴出だ。

そして、ボクが予想していた通り、安倍氏に対する「えこひいき」を覆い隠すために、特捜は吉川氏らの「鶏卵汚職事件」の方に本格的にシフトさせては、「やってるフリパフォーマンス」でこの事件の関係者を厳しく吊るし上げる動きを見せ始めてきた。
吉川氏はすでに議員辞職している以上、ますます特捜は遠慮なく彼を逮捕・起訴することが出来るし、まさしく「小悪ばかりを潰し、巨悪に対しては積極的に助ける」特捜の腐敗しきった本質が丸出しになっているといえそうだ。

政治権力から捜査機関まで、ほんとに日本の政府は根底から腐りきってるわねっ!!
これら全てがグローバル資本勢力の操り人形みたいな組織に成り下がっているし、国民はもっともっと怒りの声を大きく上げていって、この汚れ切った「底なし沼」の大掃除をしていかないといけないんじゃないかしら!?

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事