【県民を守る】和歌山県が安倍政権の方針に従わず!「軽症でも診察OK」の方針に!仁坂知事「感染者を早期に発見して悪化させないことが重要」(新型コロナ)

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年2月28日、安倍政権が「軽症者は医療機関を受けずに自宅療養するように」との方針を打ち出す中、和歌山県の仁坂吉伸知事がこれを批判。安倍政権の方針に従わず、県民に対して軽症でも診察やPCR検査を受けられるべきとの考えを示した。

国民からは、和歌山県の方針を称賛する声が続出。安倍政権による「棄民方針」に対し、国民のみならず自治体からも批判の声が上がり始めている。

和歌山県は政府方針に「従わず」軽症でも診察OK

~省略~

政府が25日に発表した感染拡大を防ぐための「基本方針」では、重症者への医療体制を整えるために症状が軽い人には自宅療養を求めることが盛り込まれています。これに対して和歌山県の仁坂吉伸知事は28日朝、「感染者を早期に発見して悪化させないことが重要」「自宅療養によってさらなる感染が起きる可能性がある」などと国の方針を批判して「和歌山県は従わない」と明言しました。知事は「症状の軽い人でも診察を受け、改善が見られなければPCR検査を受けるべきだ」と話しました。

【テレ朝news 2020.2.28.】

和歌山県が安倍政権の「棄民対応」にNO!国民だけでなく自治体からも安倍政権のずさん対応に批判の声!

ついに、国民だけでなく自治体からも安倍政権に対する批判の声が上がってきました。
和歌山県の仁坂知事は、「軽症の人は医療機関に行かずに自宅にこもって自分の力でどうにかするように」との安倍政権の方針を批判。軽症の人も診察を受けられる体制を作り、積極的にPCR検査を行なっていく考えを示しました。

この仁坂知事の考えは、「全ての県民を守る」との前提に立ったものであり、これ自体は大きく賛同できるものだ。
ただし、すでに本格的な感染拡大フェーズに入っている以上、医療機関内においても、感染拡大を防止するためのルール作りや防疫体制を徹底させていく必要があるし、これも、なかなか大変な努力と万全を期した作業を要するものだ。

ネット上では、この仁坂知事の方針に対し、(安倍政権のずさん対応をほったらかしつつ)「韓国のようになる道を選んだ!」などと批判している連中(安倍サポ工作員)がいるけど…そもそも、「軽症者は自宅こもって自力で何とかしないといけないような状況」を作り出してしまったのも、安倍政権がこのウイルスの恐ろしさを完全に見くびって、ほとんど有効な初動対応を行なわなかったことがこのような事態に繋がってしまったんだ。

こうなってしまった以上、「このまま棄民モード(感染疑いの国民はとにかく自宅に閉じ込める=人知れず家族間で感染拡大の恐れ)で突っ走るか」あるいは「出来る限りの強固な防疫体制を構築し、軽症者を含めたすべての感染疑いの国民をケアするか」の2択しかないような状況であり、自治体そのものもかなり頭を悩まされるような状況になってしまっているのも確かだろう。

改めて、こうした感染症において、「いかに最初の段階で徹底的にウイルスの侵入を防止するか」が重要なのかを痛感します。
今回の和歌山県の「全ての県民をケアする」との考えに基づいた方針は、とても素晴らしいものだと思いますが、どうか、万全の防疫体制を構築しながら、適切に対応されていくことを願っています。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事