東京五輪ボランティアの背後に竹中平蔵氏のパソナ!契約金額は非公表!福島瑞穂氏「パソナにはいくら払うのか。ボランティアには払わない」

Pocket

どんなにゅーす?

東京五輪のボランティアについて批判が集まっている中で、竹中平蔵氏のパソナがボランティアの募集や研修業務、人材派遣などを担当していることが判明ネットで驚きの怒りの声が上がっている。

・社民党・福島瑞穂議員は、大会組織委員会とパソナとの契約金を質問したところ、「民間企業」であるのを理由に回答を拒否されたことを明かし、「税金を使うのだから言うべき。さて、パソナにはいくら払うのか。ボランティアには払わない」とツイート。”特権階級同士”の五輪を通じた癒着や不透明な金の流れ国民からの怒りが噴出している。

パソナ、東京五輪のオフィシャルサポーターに

パソナグループは17日、2020年に開かれる東京五輪・パラリンピックのオフィシャルサポーター契約を締結したと発表した。20年12月末まで、人材派遣や企業向けの研修など人材サービスの分野で大会の開催に貢献する。

東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会と契約を結んだ。契約金額は明らかにしていない。記者会見したパソナグループの南部靖之代表は「スポーツ選手の夢や志を応援するだけでなく、日本の未来を応援できるように頑張りたい」と述べた。18年夏にも始まる予定のボランティアの募集や研修業務、人材派遣などで協力していきたい考え。

東京五輪・パラリンピックの国内スポンサーは最高位がゴールドパートナーで、続いてオフィシャルパートナー、オフィシャルサポーターの順となっている。

【日経新聞 2018.1.17.】

東京五輪のボランティアにも竹中氏のパソナが登場!国民による善意の「奉仕精神」を利用し、「特権階級」たちは美味しい金儲け!

出典:NAVERまとめ

東京五輪のボランティア関連の人材派遣や研修などをあのパソナが担当することが判明し、ネット上では驚きと怒りの声が噴出しています。
さすが、安倍政権と見えないところでガッチリ癒着しながら、どこまでも一般国民からお金を搾取することに余念がない竹中氏ですね。

むきぃ~~っ!
またまた、いつもの「いかがわしい面々」の人たちが東京五輪にもしっかりと顔を出してきてしまってますぅ~!!

安倍政権が強行採決させてしまった「残業代ゼロ制度」を含んだ「働き方改革法」推進の背後にもパソナ竹中氏が控えていることは何度も伝えてきたとおりだけど、東京五輪のボランティアまで、しっかりと食い込んでいたとは、さすがだね~。
(しかも、組織委員会とパソナとの契約金額も非公開とのこと)
つい前日に、東京五輪の国費がすでに当初の予定を大幅に超過する8011億円が投じられていたことを伝える記事において、「表に出せない『闇のお金』も相当な額に上っているものと考えられる」と述べたばかりの中、早速、このような不透明な金の流れが浮かび上がってきた

ちなみに、パソナが組織委員会と契約したという話は、(上記のように)今年(18年)の1月の時点で日経新聞が報じていたんだけど、当時はあまり取り沙汰されていなかった様子だし、ボクも福島氏のツイートで初めて知った

先の記事では、東京五輪の費用が異常なまでに膨らんでいることについて、「オリンピックに限ったことではないけど、日本特有の『特権階級支配』や『情報隠蔽文化』、『政治家とゼネコンの癒着』などが大きく作用しつつ、ここに『銭ゲバ』『シロアリ』『ハゲタカ』などがどんどん集り続けて、最後は必然的に”こういうこと”になってしまう」とも綴ったけど、まさしくこの竹中氏のパソナなどはその典型だろう。

薬物逮捕のASKAや多くの有力政治家が通い詰めていたパソナの魅惑の秘密御殿「仁風林」の闇依然ウヤムヤにされたままだけど、このような闇にまみれたヤバすぎる企業が東京五輪のオフィシャル企業として、ボランティア関連の分野を仕切るとは、言うまでもなく国民にとっては激怒すべき案件だろう。

まさに、マスコミを通じたマインドコントロールによって、国民に向けて「善意の奉仕精神」を煽り「1日千円」で上手に飼い慣らしつつ、裏では特権階級(グローバリスト)勢力が”利益率抜群”の金儲けに勤しんでいる構図であり、「東京シロアリンピック」の異名にふさわしい事態になっているね。

パソナそのものも闇だらけですけど、ほんとに、東京五輪って、知れば知るほど真っ黒けっけですぅ!!
そんな中で、こうした裏側を何にも知らない無垢な人々が、ますますマスコミにマインドコントロールされつつ、とことん利用・搾取されていってしまうんですねぇ。

管理人さんが言っているように、公費(私たちの税金)が総額3兆円以上に膨らむ見通しとも言われている中、徹底的な「無駄の削減」や「情報公開」「お金の流れの透明化」を求めて、私たち国民が一致団結して大きな声を上げ続けていくことが必要なのではないでしょうか。

おススメ記事&広告

 
Pocket