【ポンコツ】安倍政権も大量購入のF35戦闘機、部品不足で3割飛行できず!米政府監査院も「戦闘機の必要要件を下回っている」と問題視!

Pocket

どんなにゅーす?

安倍政権も大量購入(総額1兆円)を決めた米国製のF35ステルス戦闘機について、米軍において「部品不足」が原因でおよそ3割が飛行できない状態にあることが判明。米政府監査院(GAO)は「要求される頻度のミッションができず、戦闘機の必要要件を下回っている」と問題視、米国防総省に改善を求めた。

・さらに、F35は常に改良が加えられているために、事前に購入していた部品が使えなくなるケースもあるとのことで、トランプ政権に言われるままに大量購入を決めてしまった安倍政権に対して、怒りの声が噴出している。

F35、部品不足で3割飛行できず 4300点が未修理

米軍の最新鋭ステルス戦闘機F35が昨年5~11月、必要な部品の不足で、3割近くが飛行できなかったことが明らかになった。米政府監査院(GAO)が26日までに報告書をまとめ、「必要な任務を遂行できておらず、戦闘機に必要な要件を満たすだけの実績に達していない」と指摘した。

GAOによれば、国防総省では4300の部品の修理が未処理だった。また、F35は常に改良が加えられるため、事前に購入していた部品が使えなくなるケースもあるという。例えば、すでに購入済みの部品のうち、44%が海兵隊で配備されたF35に適合しなくなっているという。

これに加え、GAOはF35の…

~省略~

【朝日新聞 2019.4.27.】

トランプから言われるままに安倍政権が「爆買い」を決めたF35に「致命的な問題点」が発覚!大量購入しても部品不足で3割が飛べず!

出典:Wikipedia

はぁ~っ!?
F-35って、確か安倍政権がトランプさんから1機100億円で100機購入(総額1兆円)を決めた戦闘機よねっ!

このうちの3割が飛行できないのなら、単純計算して3000億円分が「全く使えない状態」に陥るってことじゃないのよっ!!
これは一体どうなっているのよっ!?

しかも、事前に購入した部品が使えなくなる恐れもあるって…なんちゅう使えないシロモノなんだろう。
ひとたびこれを購入してしまうと、すぐさま飛べない状態に陥る可能性が高い上に、これを飛べる状態にするには、部品が生産されるのを待つ必要がある上に、常に高い金額を支払い、「最新の部品」を購入し続けないといけないということなのかな。

こんなコストばかりがかかってロクに使えない戦闘機を100機分(総額1兆円)も購入を決めてしまった安倍政権は、またしても凄まじい売国をやっているし、どれだけ国民のなけなしの血税をドブに捨てれば気が済むんだろう

ちなみに、こうした戦闘機や武器などを各国に売りつけているグローバル軍産資本勢力は、世界各国に存在している「軍産傀儡政治家」を操り、わざと国家同士の関係を悪化させたり、国民に「他国が攻め込んでくるから武器の増強が必要」などとマスコミやネットを使ってプロパガンダを展開し、国民をあの手この手で騙しながら、「仮想敵」を作り出したり、「国難を演出」するなどして、各国政府に高価だけどロクに使えないような軍備品を購入させる「詐欺まがいの商法」を繰り返してきた。
安倍一族は、まさにこうしたインチキ戦争資本勢力のコアな傀儡だし、まさにこれも、日本国民のかけがえのない財産をグローバル資本勢力に際限なく流出させ続ける「グローバリズムの一環」ということだ。

もぉ、安倍政権による史上最悪の売国が止まらなくなってきているわっ!
これだけの膨大なお金を日本の復興や庶民への支援に使ったら、一体どれだけの日本国民が救われるのよっ!?

いくら消費増税しても、その分ほとんど全てが「海の向こう」に流れて行っちゃうんだから、この国では、どんなに庶民が真面目に働いてもどんどん貧乏になり続けているわけだ。
日本国民も、こうした1%のグローバル資本勢力による「詐欺の手口」を知った方がいいし、ここまで長期にわたってのさばり続けている安倍政権が「戦後最悪レベルの売国政権」であることをもっと知った方がいいのではと思うよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事