東京五輪の「ブラックぶり」に訪日外国人からも苦言続出!ボランティアは「深夜集合」で熱中症の危険が倍増!運営は「責任逃れ」をあらかじめ画策か!

Pocket

どんなにゅーす?

日本列島が連日酷暑に襲われている中、東京五輪に対する危機感や不安を唱える声が噴出している。

日本に滞在している外国人からも、命の危険も伴う時期の開催に対して懐疑的な声が多く上がっている中、競技日程の都合によっては、ボランティアが”深夜集合”になる可能性が浮上。加えて、運営側が「暑さ対策は自己管理」と強調し始めており、熱中症患者が発生する可能性を想定しつつ、あらかじめ責任をかぶらないための予防線を張るような動きを見せ始めている。

「猛暑ニッポンの五輪開催、どう思う?」訪日外国人に聞いてみた

~省略~

「ハッキリ言って狂ってる」
五輪招致の際には「温暖で理想的な気候」という触れ込みだったが、実際の気温はご存知のとおり。23区内の熱中症による死者は2年連続で100人を超え、来年の開催期間中も猛烈な暑さが予想されている。

こういった状況について、日本に暮らす在留外国人や観光客に意見を聞いてみると、案の定辛辣な意見が飛び交った。

「ハッキリ言って狂ってるよ。昼間に外に出るだけでもウンザリした気分になるのに、この暑さのなかでスポーツをやったり、観戦するなんて考えられない。そもそも、日本の夏を味わったことがある人なら、この季節にオリンピックをやるなんてバカバカしいとわかるはず。今になって大騒ぎしてるけど、招致の段階で無茶だという人がいなかったのがおかしいよ。日本人はこういうシチュエーションでやることを美化しがちだから、盛り上がるのかもしれないけどね」(男性・アメリカ人・38歳)

暑さ対策はすでに手遅れであるというだけでなく、初めから実現不可能だったというのが、大方の見方だった。

「死人が出ると思う。実際、熱中症で死んでる人がたくさんいるのに開催するっていうのは、人の命なんて知ったことじゃないってことでしょ? 日本のなかだけでならそれで通じるのかもしれないけど、海外から来た人に死人が出たら、誰が責任をとって、他の国からどう見られるのか考えたほうがいいと思う」(女性・ノルウェー人・33歳)

~省略~

【Yahoo!ニュース(HARBOR BUSINESS Online) 2019.8.20.】

組織委が責任逃れ 東京五輪は“死のボランティア”も現実に

~省略~

日本財団ボランティアサポートセンターが同16日に公開した検討会の報告には驚愕の記述がある。

<大会時のボランティア活動の環境について、暑さ対策は基本的には自己管理>

ボランティアが酷暑で倒れても、「自己責任だから」と言わんばかりの姿勢だ。

さらに信じられないのは次のくだり。

<マラソンなど早朝に行われる競技については、ボランティアの会場入りが始発の交通機関でも間に合わないため、終電での会場入りを想定>

<その場合は待機時間が見込まれるため、ボランティア同士の交流機会や、士気を高めるような取り組みを検討していく>

■組織委「暑さ対策は自己管理」

環境省は「熱中症予防サイト」で、熱中症の要因のひとつに<二日酔いや寝不足といった体調不良>を挙げている。徹夜の“交流会”の後に炎天下で働いたら、熱中症のリスクが高まるのは必至なのに、組織委は<暑さ対策は自己管理>と言ってはばからないのだからどうかしている。

~省略~

【@niftyニュース(日刊ゲンダイ) 2019.8.21.】

「東京シロアリンピック」「東京インパール作戦」との声も上がる中、訪日外国人からも地に足の付いた苦言が続出!

出典:東京2020大会ボランティア

東京五輪のとんでもないブラック具合に対して、訪日外国人の人たちから多くの苦言が上がっているみたいだわ。
ほんとにその通りだと思うけど、ただでさえブラック過ぎるボランティアの、さらなるとんでもない悪待遇ぶりも明らかになってきたわね!

つまりは、この国の社会構造や精神性は、泥沼の戦争と破滅に見舞われた大日本帝国時代と何ら変わっていないということだね。
電通の完全なる支配下にあるテレビでは、連日連夜「東京五輪プロパガンダ放送」で埋め尽くされているけど、中でも、このボランティアに対するブラックぶりは看過していけないほどの酷さだろう。

特に、早朝からの競技に対応するために「前日の終電に乗って現地集合する」との話は、平たく言うと、徹夜でボランティアを行なうということになるし、寝不足や疲労の蓄積が熱中症のリスクをより倍増させる実情がある中で、これは非常に危険だ。
しかも、ボランティアの人たちが深夜に集合してから競技開始まで”待ち時間”が発生することに対して、「ボランティアの士気を高めるような取り組みを検討」なんて言っているけど、これこそ、まさに当時の戦中そのままの精神性と言わざるを得ないだろう。

これに加えて酷いのは、ボランティアを仕切っている組織委員会や日本財団の運営側が「暑さ対策は基本的には自己管理」なんて言い始めていることで、熱中症で倒れる人が発生するのを一定程度”想定”しつつ、運営側が責任を負わないための予防線を張り始めていることを疑う声が上がっている。
まさに画に描いたようなブラックぶりだけど、なんせ、東京五輪のボランティアそのものにも竹中平蔵氏のパソナがしっかりと絡んでいるし、東京五輪全体がブラック体質にまみれているのもある意味必然と言うことだろう。

安倍政権に加えて、電通やら竹中パソナやら、笹川一族の日本財団やら…東京五輪に関わっているこれらの面々をみても、「このオリンピックが誰のために行なわれるのか」は火を見るより明らかだわっ!!
大袈裟でも何でもなく、これじゃあ「東京シロアリンピック」「東京インパール作戦」そのものじゃないのよぉ~!

本来であれば、こうした東京五輪のブラックボランティアの問題こそ、テレビで徹底的に特集して、問題提起しないといけないはずなんだけど…完全にこれら「東京五輪批判」がテレビ界のタブーになってしまっている中で、やはり、マスメディアの報道に影響されつつ、多くの人がボランティアに応募しているような状況みたいだ。
色々な意味で「末期感」がプンプンだけど、果たして東京五輪後の日本は一体どうなっていくのか今から想像しただけでも、ヤバそうな予感しかないよ。

Pocket