チュートリアル徳井氏、1億1800万円の巨額申告漏れ!徳井「想像を絶するだらしなさ」…ネットでは菅原経産相の”香典スキャンダル”のスピンを疑う声も!

Pocket

どんなにゅーす?

・人気お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実氏が、自身の会社を通じて吉本興業から受け取っていた報酬について、およそ1億1800万円の申告漏れとおよそ2000万円の所得隠しを指摘され、追徴課税など3700万円を支払っていたことが発覚。各マスコミで大きく報じられている。

・徳井氏は緊急会見を開き、「このたびは私のだらしなさ、怠慢により、しっかりとした納税ができず、ちゃんと納税されてる方など、多大なるご迷惑、また不快感を与えたこと、本当に申し訳ございませんでした」と謝罪。しかし、一部マスコミによって、今回の指摘以前にも無申告を指摘され、納税していたことが報じられており、常習的に所得を申告していなかった疑いが生じている。

・ネット上では、徳井氏に対する批判の声の他に、菅原経産相による「香典問題」などの公選法違反疑惑報道を隠すためのスピンを疑う声も上がっている。

チュート徳井さん申告漏れ=設立会社が1億2000万円-東京国税局

お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実さん(44)が設立した会社が東京国税局の税務調査を受け、2018年までの7年間で計約1億2000万円の申告漏れを指摘されたことが23日、関係者への取材で分かった。

うち約2000万円については、仮装・隠蔽(いんぺい)を伴う所得隠しと認定された。重加算税などを含めた追徴税額は約3400万円で、徳井さん側は既に修正申告を済ませたとみられる。
関係者によると、申告漏れを指摘されたのは、徳井さんが代表を務める「チューリップ」(東京)。徳井さんは所属する吉本興業から支払われるテレビの出演料などを、同社を通じて受け取っていた。

~省略~

【時事通信 2019.10.23.】

税金通!チュート徳井、申告漏れの「ルーズだった」謝罪はアテにならない!?

~省略~

「吉本興業大阪本社で行われた、徳井さんの囲み謝罪会見も微妙でしたね。とにかく“自分がだらしなかった”の一点張りで、『(申告を)やります、やります』というのがどんどん延びて3年になってしまったと、大金を稼いでいる芸能人とは思えない非常識ぶりを謝っていました。しかも、それ以前にも税理士から催促があったことも明かし、本人は『なんとなくいけるかなという感覚でした』と、そのままにしていたと説明。報道陣を二度びっくりさせました。この会見を見た人たちのほとんどが失笑というか、比較的きちんとしたイメージだった徳井とのギャップにガッカリといった感じを持ったようですね」(女性誌ライター)

~省略~

「実は5年ほど前、『キョートリアル!コンニチ的チュートリアル』(KBS)というラジオ番組で徳井は“海外移住計画”について語っており、その1つの候補地としてドバイを挙げていたんです。その理由として、治安がいいことや9割が外国人で違和感がないことを挙げていましたが、『ドバイは税金が一切ない』『所得税、法人税、消費税など何もいらない』『金持ち喧嘩せずで困った人を見たら助けてくれる』と、やたらとお金がらみの住みやすさを力説していたんです。それと彼のルーズさは関係ないかもしれませんが、徳井が税金に無関心だったわけがないというのが、今回の言い訳会見にブーイングしている人たちの見方。個人会社を設立したのは10年前ですから、税金をいかに払わないかに興味を持っていたことは、間違いないような気がします」(週刊誌ライター)

~省略~

【@niftyニュース(アサ芸プラス) 2019.10.24.】

【独自】徳井義実さん会社 過去にも申告漏れ指摘

~省略~

23日の会見で、徳井さんは、申告しなかった経緯について、「やります、やりますというのが1日延び、1週間延び、1カ月延びという状態で3年たってしまったと。(それ以前はしっかり申告していた?)2018年までの3年間、無申告であったというところで、国税の方からお叱りを受けまして、3年前に何か大きな変化があって先延ばしになっていたというわけでは本当になくて、明確な理由があれば、素直にお話しするんですけれども…。理由を言うとすれば、本当にルーズだったというしかなくて、もう甘さ、怠慢がすべてだと思います」と説明していた。

会見で、徳井さんは、2018年12月に東京国税局から2018年までの3年間の無申告などの指摘を受け、事の重大性に気づいたと話しているが、FNNの取材で、その数年前にも2015年までの所得について無申告を指摘され、納税していたことが新たにわかり、東京国税局からの指摘を受けるまで無申告を繰り返していたとみられる。

【FNN PRIME 2019.10.24.】

徳井氏の悪質性を指摘する声が相次ぐも、「菅原経産相スキャンダルのスピンでは?」「安倍閣僚の謝罪会見はいつやるのか?」などの声も!

出典:YouTube

人気お笑い芸人・チュートリアルの徳井義実さんに巨額の申告漏れが発覚し、各マスコミが大きく報じています。
報道の内容を見る限り、逮捕されてもおかしくなったほどの悪質さであるように思われますが、ネット上では、徳井氏への批判とともに「菅原経産相の公選法違反スキャンダルのスピンでは?」「安倍閣僚の謝罪会見はいつやるのか?」などの声も多数上がっています。

うーん…報道を見る限り、徳井氏の納税に関する問題は今に始まったことではないみたいだし、「なぜ、このタイミングで一斉に報じられたのだろう?」という気はするね。

確かに、徳井氏については、確信犯的に税金を誤魔化そうとしていた意図を感じるし、これはいささか擁護するのが難しいような事例だと思うけど、そうはいっても、真面目に正しく税金を納めたとしても、現在の安倍政権がはびこる限り、その血税の多くが「海の向こうの巨大資本勢力」と「安倍一派のお友達ら」に流れてしまい、国民のために正しく税金が使われることはほとんどないだろうからね。

ネット上でも違和感を唱える声が多く上がっているけど、徳井氏と言い、宮迫氏やロンブー亮氏と言い、不祥事を起こした芸能人は、マスコミの前に姿を見せて、厳しい質問を浴びながら真摯に頭を下げてきたけど、安倍政権の有力政治家が次々と不正行為を繰り返している中で、彼ら人気芸人のように、真摯に国民に向けて謝罪した事例が全くと言っていいほど見当たらない
大手マスコミの報道姿勢を見ても、芸能人の不祥事の際には、容赦なく厳しい言葉を投げかけているケースが多いものの、国民から吸い上げた多額の税金をもらいながら、不正行為や税金の無駄遣いを繰り返している安倍政権の政治家に対しては、常に顔色をうかがいながら、遠慮がちにコメントを発しているありさまだ。

そういえば、元大蔵官僚で鳩山政権で財務相に就任した藤井裕久元議員が以前に↓こんなことを言っていたけど、大手マスコミは安倍官邸からの脅しがそんな怖いのかな?

とにかく、大手マスコミが安倍政権からの”脅し”に怯えながら、常に顔色を窺った報道を繰り返していること、その一方で、しがらみがなく叩きやすい芸能人の不祥事や一般人の犯罪などに対しては、徹底的に厳しく叩く傾向があるのは間違いのないことですね。

”巨悪”に対しては「見て見ぬふり」をし、”小悪”ばかりを大々的に強調して叩きまくる社会構造が構築されてしまっているし、これでは、社会のあちこちで弱い者いじめが蔓延してしまうわけだよ。
徳井氏の所得隠しは確かに悪質だけど、菅原経産相の不正行為の数々をはじめ、(大手マスコミが報じたがらない)安倍政権による数多くの悪事について、目を逸らすことなく厳しく追及し続けていく必要がありそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事