【怖い】愛知・一宮市の木曽三川公園でセアカゴケグモ(毒グモ)44匹見つかる!岐阜市の公園でも8匹!

Pocket

どんなにゅーす?

・国交省木曽川上流河川事務所が、愛知県一宮市の国営木曽三川公園で、2018年7月31日以降、外来種の毒グモ「セアカゴケグモ」が計44匹が見つかったと発表した。

・また、岐阜市の公園でも計8匹が見つかり、1995年に大阪府で発見されて以降、着実に日本で生息域を広げ、数を増やしている実態がうかがえる。

愛知の公園に毒グモ44匹

国土交通省木曽川上流河川事務所は13日、愛知県一宮市の国営木曽三川公園で、7月末以降、毒グモのセアカゴケグモが計44匹見つかったと発表した。岐阜市も市内の公園で8匹が見つかったと発表した。

同事務所によると、7月31日に定期点検で6匹が見つかり、8月1日に30匹を発見。13日の点検で新たに8匹が側溝やベンチの裏にいるのを見つけ、駆除した。一宮市では、隣接する大野極楽寺公園でも1日に3匹が見つかった。

岐阜市によると、同市学園町の早田西公園のテニスコートで12日、高校生らが3匹を見つけ、市に連絡した。13日に職員が調べ、さらに5匹を発見いずれも駆除した。

【共同通信】

【ロイター 2018.8.13.】

特定外来生物の毒グモ「セアカゴケグモ」が愛知県で大量に見つかる!

出典:メ~テレ

↓背中の赤い模様が特徴的なセアカゴケグモ。体長は1センチほど。

にゃにゃあ!!
愛知の木曽三川公園で、特定外来生物の毒グモ「セアカゴケグモ」しゃんが44匹も見つかったんだってにゃ!!

こんだけ見つかったら、他にもたくさん生息していそうだにゃ!

セアカゴケグモは、もともとは日本にいなかった生物だけど、1995年に大阪の高石市で発見されて以来、各地で発見されるようになり、今やなんと(2015年時点で)ほぼ日本全国の42都道府県で存在が確認されているとのこと。(Wikipedia

ネット上でも、新たに発見されたセアカゴケグモの画像が複数アップされているけど、この状況を見る限り、すでに日本各地に数多く生息しているものとみて良さそうな感じもするね。
ちなみに、Wikipediaによると、福岡市の「アイランドシティ中央公園」においては、2009年から12年9月までの4年間で、なんと8201匹を駆除していたことを後から公表したようで、こうした実情を見ても、ボクたちも日頃から気をつけておいた方が良さそうだ。

性格そのものは大人しいみたいけど、万一噛まれてしまった場合、激しい痛みと腫れが発生しては、場合によっては発汗・発熱などが出ることがあり、すぐに医療機関に行って治療を受けるか、症状が重いと感じたら救急車を呼ぶのがいいとのことだ。

にゃこも公園で野良にゃんと遊ぶことが多いから、気をつけた方が良さそうだにゃっ!

大きさは1センチほどで小さいものの、ご覧のように黒いボディに赤い模様が特徴的なクモだから、もし見つけた場合は、素手で触ることは絶対に避けて、すぐに自治体に連絡するようにしよう。

Pocket