【学校崩壊】神戸の「教員いじめ」、悪質行為が50に上る!「平手打ち」「蹴られる」「首絞め」「熱湯が入ったやかんを顔につけられる」「落書き」「車を汚される」「カバンに氷を入れられる」などなど

Pocket

どんなにゅーす?

・神戸市立東須磨小学校において教員の間で行なわれていたいじめについて、「平手打ち」「蹴られる」「首絞め」「熱湯が入ったやかんを顔につけられる」「ドレッシングやキムチ鍋のもとを飲まされる」「落書き」「車を汚される」「カバンに氷を入れられる」などなど、悪質ないじめ行為が50に上ることが判明。ネット上で怒りの声が噴出している。

・さらに、前校長も、”犯罪レベル”のいじめ行為があったことを知りながら、これを放置・隠ぺいしていた可能性があり、被害を受けた教員に対して、誘導尋問で「いじめがなかった」と念押しさせようとしていた疑いが浮上している。

・被害を受けた男性教員は、暴行・強要・器物損壊を受けたとして警察に被害届を提出した。

教諭いじめ 50にも上る悪質行為 弁護士が警察に被害届

~省略~

神戸市の市立東須磨小学校では、30代の男性教諭3人と40代の女性教諭1人の合わせて4人が、20代の同僚の男性教諭に悪質ないじめを繰り返し、被害を受けた教諭は体調を崩して先月から出勤できなくなっています。

被害を受けた教諭の関係者によりますと、いじめは去年春ごろから始まり、羽交い締めにして激辛のカレーを無理やり食べさせられただけでなく、ドレッシングやキムチ鍋のもとを飲まされたこともあったということです。

また熱湯の入ったやかんを顔につけられたり、首を絞められたりするなどの暴力を日常的に受けていたほか、「クズがしゃべるな」などとひんぱんに暴言を吐かれたとしています。

さらに、買ったばかりの新車にトマトジュースをかけられたり、かばんの中に氷を入れられたりしたなどいじめ行為はおよそ50に上ります。

ことし6月に校長がいじめた教諭を指導したあとにも「おまえが全部言ったんやろ」「こんなんでいじめとは思わんでな」などと言われたということです。

いじめを受けた教諭の代理人の弁護士は、11日夕方、警察に被害届を出しました。

暴行・強要・器物損壊…校長の対応も問題視

~省略~

いじめが始まったのは遅くとも去年の春ごろ。男性教諭が赴任して1年ほどたった時期でした。

「新人なので授業を見学させてほしい」と申し出たところ、「来るな、教室が汚れる」などと言われたということです。

男性教諭は、その時期から日常的な暴力行為が始まったと訴えています。

▽平手打ちをされた、
▽蹴られた、
▽首を絞められて呼吸困難になった、
▽関節技をかけられ「痛い痛い」と言ってもやめてくれなかった、
▽熱湯の入ったやかんを顔につけられた、
▽コピー用紙の芯でおしりをたたかれあざができた、などとしています。

去年の運動会のあとの飲み会では、ビール瓶を口に突っ込まれて無理やり飲まされたうえ、飲み終えた瓶で頭をたたかれたこともあったとしています。

そして、去年9月4日午後、学校の家庭科室で、後ろから羽交い締めにされ、激辛カレーを食べさせられたほか、激辛カレーを目にこすりつけられたと訴えています。

さらに、激辛ラーメンを汁まで全部飲まされ、その場にいた教員らは苦しむ姿を見て大笑いしていたということです。

男性教諭の大事な持ち物や車などへの嫌がらせも後を絶たなかったといいます。

▽かばんに氷を入れられ中身がびしょぬれになることが数十回におよび、
▽児童に配付するためのプリントに水を垂らされたり、
▽指導案に落書きされたりしたということです。

▽買ったばかりの新車にトマトジュースをかけられ、
▽中に水をまき散らされたこともあったということです。

ことばによる悪質ないじめも、ひんぱんに行われていました。
▽「出張に行ったら甘いもん買ってくるのが礼儀やろ」と言われ、
▽買って帰ったところ「こんなんで好かれようとするな」と目の前で捨てられたとも訴えています。

▽仕事が終わっていないのに「はよ帰りたいから送れやクズ」と言われるなど何度も送迎を強要されたということです。

▽日常的に名前に「クズ」「ゴミ」などを付けて呼ばれ、
▽仕事上の質問をしても「クズがしゃべるな」などと遮られたと訴えています。

いじめは児童のいる場所でも行われていました。
加害者側の教諭は児童の前で男性教諭の悪口を言い、「学級をめちゃめちゃにしたれ」「言うこときかんでいい」「男子全員ではめて居場所をなくせ」などとけしかけていたということです。

学校側の対応の問題点も訴えています。
去年12月、男性教諭は前の校長と期末面談を行いました。
この中で前校長から、嫌がらせをされていないか尋ねられ、男性教諭は「お世話になってます」と答えると、前校長からは「じゃ、おまえはいじめられてないんやな」と念を押されたとしています。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2019.10.11.】

被害教諭のメッセージ全文

~省略~

職員室が怖かった分、毎日子供といる時間が幸せでたまらなかった。「ずっとこの子達と一緒にいたい」そう思える子達だった。

クラス全員で誕生日に手紙を本にしたプレゼントを用意してくれる温かい心も持っている。失敗しても「ドンマイ」と声をかけられる思いやりもある。どんな先生やお友達でも同じ目で、平等な目で見られる正義感のある子達である。

運動場で「めんどくさい」とも言わず、クラス全員で遊ぶ無邪気な一面もある。これからもずっとずっと君たちの笑顔は先生の宝物であり、生きがいです。ありがとう。

そして、一つ、、、先生はよく「いじめられたら誰かに相談しなさい」と言っていましたね。しかし、その先生が助けを求められずに、最後は体調まで崩してしまいました。

「ごめんなさい」

今の先生だからこそ、お願いです。辛い時、悲しい時自分一人で抱え込まずに、誰かに相談してください。必ず、誰かが手を差し伸べてくれます、助けてくれます。いつか、みんなの前でまた元気になった姿を必ず見せに行きます。その日を夢見て先生も頑張ります。

保護者様へ

いつも温かく迎えてくださって感謝でいっぱいです。

「3年目も先生で嬉しいよ」こんな声をかけてくださった方もいて僕の支えとなる言葉です。

「先生痩せられたんじゃないですか?」と気にかけてくださる優しい保護者の方達に僕もたくさん支えてもらいました。僕が作った学級通信や子供への手紙を宝物だと言ってくださった経験が今の僕の宝物です。

最後に、たくさんご心配やご迷惑をお掛けしてすみません。

【NHK NEWS WEB 2019.10.11.】

被害者側が積極的に動かない限り、加害教員がのうのうと居座ってしまう、日本の教育界の深刻な腐敗!

出典:FNN PRIME

神戸の小学校で教員の間で行なわれていた、常軌を逸したいじめ行為について、より詳しいいじめの内容が分かってきました
50にも及ぶ犯罪級のいじめ行為について、被害を受けた男性教員が警察に被害届を提出したとのことですが、ここまで悪質な行為を繰り返していたにもかかわらず、加害者の教員は「自宅待機」レベルの処分しか受けておらず、ネット上で怒りの声が殺到している状況です。

被害教員が赴任してきたから1年ほど経った頃からいじめが始まったというけど、被害者の教員のメッセージを読んでも、とてもまじめで優しい心の持ち主のようにみえるし、一体どうしてこんなことになってしまったのだろうか

ここまでいじめ行為がエスカレートしていった詳しい背景や理由を知りたいけど、いずれにしても、どんな理由や背景があろうと、加害教員がやってきたことは完全なる凶悪犯罪行為であり、被害者の教員は、精神を深く病むことで自らの命を絶っていてもおかしくなかった上に、この先も生涯にわたって深い心の傷を負うことになるのは間違いない。

それに、激辛ラーメンやカレーの汁を目に塗り込むなどのいじめ行為も行なっていたとのことだけど、これは失明をしていてもおかしくないような危険行為というし、ここまで痛く苦しい思いを強要させながら、これを見て大笑いで喜んでいたという時点で、加害者の連中は明らかに正常な精神状態ではない

こうした行為を平然と繰り返す教員が複数存在している時点で、神戸市の教育現場は完全に秩序や倫理が崩壊しているし、元来より、こうした”狂気”が生み出される土壌や体質が存在していたとしか思えないね。

そして、このネット記事などによると、いじめを繰り返していた加害教員が不当に保護され、のさばり続けるような組織体制が存在しているみたいで、犯罪級の悪質行為を繰り返しても、その多くが表に出てくることなく、そのまま隠蔽されるようなケースが横行しているようです。

神戸市においては特に”縁故採用”が幅を利かせており、校長にさえ気に入られれば「何をやっても許される」みたいな風潮が横行していたみたいだけど…少なからず、日本全国において、校長や教育委員会などの地元教育界の”お偉いさん”に気に入られれば、その地域で大きな権力を握ることができ、多少の悪質行為や問題行為が許されるみたいな風潮があるようだ。

一部のコメンテーターやネット上においては、「教育委員会を解体せよ」みたいな声も出てきているけど、まともな倫理観が通用しない腐敗構造の中においては、被害者の教員が積極的に社会に問題提起し、警察に被害届を提出するなどの”実力行使”に出ない限り、完全な泣き寝入りで終わってしまう可能性が高そうだね。

どちらにしても、こんなあらゆる常識や良識が崩壊した教育現場の下で学んでいる子どもたちが本当にかわいそうだし、これでは、子どもたちの健全な精神の育成や人格形成にも甚大な悪影響を及ぼすことは間違いないだろう。

本当に、日本の政治腐敗が深刻な中で、教育界においても倫理や良識が崩壊しきっている現状が明らかになっております。
国会議員の中においても、「いじめや差別は神様が作った摂理」などと平然と言いながら、いじめを「肯定・推進」するような人間すら出現してきていますし、私たちがどうにかこの流れを止めない限り、日本の国家・社会の退廃に伴う「国民の精神崩壊」はますます進行していってしまいそうです。

Pocket