【もはや汚職事件】菅総理長男&総務省幹部の「違法接待疑惑」、16年以降会食はのべ12回に!さらに「ハイビジョン未対応」でも認定されたのは東北新社子会社だけだったことも判明!

Pocket

どんなにゅーす?

・東北新社に勤務する菅総理の長男・正剛氏と総務省幹部による「違法接待疑惑」について、正剛氏と幹部4人が2016年以降に会食した回数は延べ12回に及んでいたことが判明した。

・さらに、2018年にCS放送業務として認定された12社16番組のうち、東北新社の子会社の番組だけがハイビジョン未対応でも認定されていたことも判明。会食の度に贈答品やタクシーチケットを受け取っていた総務省幹部が東北新社に特別な利益を与えていた疑惑が強まっている。

総務省、首相長男側と会食12回
幹部4人、交通費・贈答品も受領

衆院予算委員会は12日午前、2021年度予算案に関する一般質疑を実施した。総務省は、菅義偉首相の長男らによる接待が報じられた幹部4人が長男側と会食した回数について、現時点の調査で16年から延べ12回に及ぶと説明。昨年12月に集中した直近の会食では、いずれもタクシーチケットと贈答品を受け取っていたとも明らかにした。

首相の長男が勤務する放送事業会社「東北新社」の子会社は、総務省から衛星基幹放送事業者の認定を受けている。

~省略~

【共同通信 2021.2.12.】

総務省、東北新社子会社だけハイビジョン未対応で認定 予算委詳報

放送事業会社「東北新社」に勤める菅義偉首相の長男が総務省幹部を接待したとされる問題を巡り、総務省は12日の衆院予算委員会で、2018年にCS放送業務として認定された12社16番組のうち、東北新社子会社の番組だけがハイビジョン未対応で認定されたことを認めた。詳報は以下の通り。
ハイビジョン対応で落選の番組も

後藤祐一氏(立憲) 菅総理の息子さんが部長を務める東北新社。東北新社が9割近い株を持っている株式会社「囲碁将棋チャンネル」がある。18年4月6日、東経110度のCS放送にかかる衛星基幹放送の総務省などの業務認定というものが行われている。そこで認定された番組は11社15番組についてはハイビジョン(HDTV)。ただ一つ囲碁将棋チャンネルだけがハイビジョンでない形で認定されている。

~省略~

吉田審議官「複数回」会食に注目

後藤氏 すると理解した。吉田総務審議官は2回は会食した、それ以前にも複数回会食していたと。吉田さんは「囲碁将棋チャンネル」が認定された基準を(17年に)つくるときの情報流通行政局担当の大臣官房審議官だ。吉田さんはそのときに会食していたらストレートにアウトだ。吉田審議官は20年1月24日と12月4日だけでなくて、それ以前、いつ何回、会食していたか、まずここだけでもすぐ出してもらえないか。

武田総務相 本人の記憶というか、証言によれば今指摘されたもの以外については記憶はないと、覚えてないという感じです。

後藤氏 この調査ってそうやってなされるのか。職務権限がないときは日にちを覚えていて、職務権限があるかもしれないときは、よく覚えてないと。なんですかその調査。大臣。そんな調査じゃだめですよ。ちゃんと記録を出させないと。東北新社に記録全部を出させたら分かる。職務権限があった可能性があるところは、徹底して東北新社側の情報も含めて調べることを約束してくれるか。

武田総務相 相手方の情報も含めて調査します。

後藤氏 徹底調査を約束したと理解しましょう。これが出てこないとこの話は前に進まない。「囲碁将棋チャンネル」がなぜ認定されたのかも含めて、政策がゆがめられた可能性がある。それに総理の息子さんが関わっている、森友学園、加計学園とかなり似たような仕組みになってきている。

~省略~

【毎日新聞 2021.2.12.】

「ワイロ疑惑」の構図がより鮮明に!総務省は事実関係の隠ぺいに全力!「菅総理長男を国会招致すべき」との声も!

↓(総務省と同じく)菅総理も「長男は私人」として真相究明を拒否。

出典:YouTube

菅総理長男(正剛氏)と総務省幹部による違法接待疑惑ですが、より違法性が強いものだった疑いが浮上してきました。
現在、総務省(吉田総務審議官)は、ワイロの性質が極めて高い(職務権限があった時の)会食については「記憶にない」などと主張しているようですが、管理人さんが以前に指摘していた通り、いよいよ「ワイロ(汚職)事件」の性質を大きく帯びたものになってきましたね。

だって、総務省幹部が接待に応じることなんて「それ」くらいしか目的がないのは誰が考えても分かるし、さらに言えば、その背後に(「バンドを辞めてプラプラしていた」との理由で正剛氏を総務大臣秘書官に抜擢した)「菅総理の存在」が隠然と控えていることも容易に想像できることだ。

つまり、菅総理が「長男は私人」などと詭弁を弄して真相究明を全力妨害しようとしていることも含めて、「菅総理が自らの職権を乱用し、長男を使って総務省を買収・懐柔することで権力を不当に強化しようとしていた」といった、安倍前総理&昭恵夫人による森友疑獄とも非常によく似た構図が浮かび上がってきたってことだ。

同感です。
ここまでワイロの性質を疑わせる内情が浮かび上がってきた以上、総務省の当事者に加えて菅総理の長男・正剛氏を国会招致し、事実関係を徹底的に究明すべき段階に入ってきたといえるのではないでしょうか。

さらには、「長男は私人」「一般人のプライベートな件を国会で扱うべきではない」などと主張しながら答弁を拒絶している菅総理自身の関与がますます色濃くなってくれば、菅総理を含めた当事者全員の証人喚問を行なう必要もあるのではないかな?

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事