辺野古建設強行で「護岸崩壊」の恐れ!国が定める設計水準を満たさず!専門家が「安全な施工は保証できない」と警鐘!防衛省は「仮定の話には答えられない」「リスクがあるとは思わない」

Pocket

どんなにゅーす?

・米軍辺野古新基地が安倍政権によって強行されている中、専門家によるチームの試算により、このまま建設をごり押しした場合、最悪の場合、軟弱地盤により護岸が崩壊する恐れがあることが判明した。

・専門家チームが、辺野古基地建設が国の設計要求水準を満たしていないことを指摘する中、防衛省は東京新聞の取材に対し「仮定の話には答えられない」と詳細なコメントを拒否。実測データが設計に反映されていないことに対し、河野防衛相も「リスクがあるとは思わない」と発言不都合なデータや事実をひたすら隠蔽・無視し、自らの利権最優先で基地建設を強行する安倍政権に批判の声が高まっている。

軟弱地盤 設計水準満たさず 辺野古護岸「最悪崩壊する」 実測値、専門家試算

沖縄県名護市辺野古(へのこ)の米軍新基地建設地の海面下七十メートル超の地盤に「軟弱」と示す実測データが存在していた問題で、辺野古工事を独自に検証している専門家チームが、このデータを基に護岸の安定性を試算したところ、国の要求水準を満たさないことが分かった。最悪の場合、埋め立てた盛り土が崩れ、護岸が崩壊する恐れがあるという。チームは「安全な施工は保証できない。今からでも地盤を再調査すべきだ」と指摘する。 (中沢誠)

~省略~

試算したのは、新潟大の立石雅昭名誉教授ら地質や地盤の専門家でつくる調査チーム。「軟弱」を示す実測データが検出された「B27」地点には、巨大な護岸が設置される。チームは、B27地点で七十メートル超の地盤が「軟弱」だった場合、護岸が安全に建設できるかどうか安定性を試算した。

防衛省は、新基地建設において、国土交通省が定める港湾施設の基準に基づいて設計している。

防衛省が昨年三月に国会へ提出した地盤改良の検討報告書では、B27地点から最長七百五十メートル離れた三地点から類推した強度を基に、護岸の安定性を計算している。報告書によると、深度七十メートルまで地盤改良すれば要求水準をぎりぎり満たす結果だった。

一方、調査チームが、護岸下の地盤強度を今回発覚した「軟弱」なデータに置き換えて計算し直したところ、安定性は国が求める設計の要求基準を満たさなかった。国交省の基準を満たさない設計は通常認められない。

調査チームの試算について、防衛省は取材に「仮定の話には答えられない」とした。

実測データを設計に反映していない点を、河野太郎防衛相は十四日の会見で「設計に影響が出ることではなく、リスクがあるとは思わない」と発言。別地点のデータから七十メートル超の地盤が「非常に固い」とした判断は、「(有識者の)技術検討会からもお墨付きをもらっている」として、追加のボーリング調査は必要ないとの見解を示した。

~省略~

【東京新聞 2020.2.16.】

危険すぎる「軟弱地盤」に米軍も使用を拒否か!?安倍政権が「お友達のお金儲け」のために、違法性の高い辺野古基地建設を意地でもゴリ押し!

出典:YouTube

辺野古の軟弱地盤を正確に計測した場合、国が定める設計要求基準を満たしていないことが徐々に分かってきました。
本来であれば、今すぐにでも、政府が工事を一旦ストップさせたうえで、より正確な地盤調査を行ない、法的な水準を満たしているかをチェックする必要があるはずなのですが…安倍政権は、専門家が突きつけたこれらのデータを完全無視
これらを「ないもの」にしたうえで、基地建設をひたすらごり押ししていく姿勢を強めています。

またでた。
安倍政権お得意の、違法・無法三昧の犯罪的なやり口が。
この辺野古も、森友・加計や統計不正、桜疑獄などとも全く同じであり、「都合が悪いものは何でもかんでも隠蔽・廃棄・排除・改ざん・捏造」した上で、あらゆる法律さえ無視した上で、自分たちの金儲けや保身、国民からの搾取を徹底させていくという、まさにこれは「史上最悪のテロリスト政権」というほかない。

しかも、こうやって、無法的なやり口を通じて、莫大な税金を投じながらようやく出来上がった辺野古基地が、国の設計水準を満たしていない「違法まがいの建造物」だったのなら、果たしてこれを米軍が喜んで使用するだろうか?
場合によっては、重大な事故や甚大な災害が発生する恐れもあるのだから、正常な神経を持っているのであれば、誰もこんな「ヤバいもの」使いたがらないよね。

まさに、史上最悪のインチキペテン政府としか言いようがないわっ!!
すでに、まともな先進国からはかけ離れた実態になっちゃってるし、文字通りに、私たちの日本が転落すべくして転落しまくってるわっ!

新型コロナの「おバカ対応」を通じても、世界の人々が日本の国家機能の機能不全ぶりに驚いているし、当事者であるボクたち日本国民も「凶悪犯罪者まがいの集団が日本の政治を牛耳っている」ことの前代未聞の異常事態について、もっと客観的に認識した方がいいんじゃないかな。

新型コロナも、いよいよカオスと化してきている中、この辺野古基地建設も一体どうなってしまうのでしょうか…
いずれにしても、すでに、国家としての体を成していない安倍政権によって、凄まじい額の私たちの税金がどぶに捨てられてしまう恐れがより強くなってきているといえるでしょう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事