■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【出た~】野党が菅総理長男の国会招致を求めるも、菅政権は「長男は私人」との理由で全力拒否!→ネット「『昭恵は私人』と同じになってきた」「籠池氏は私人なのに証人喚問に呼ばれたのだが」

【出た~】野党が菅総理長男の国会招致を求めるも、菅政権は「長男は私人」との理由で全力拒否!→ネット「『昭恵は私人』と同じになってきた」「籠池氏は私人なのに証人喚問に呼ばれたのだが」
Pocket

どんなにゅーす?

菅総理の長男・正剛氏と総務省幹部による違法接待疑惑の内情や悪質性が明らかになりつつある中で、野党側が正剛氏の国会招致を求めたものの、政権与党は「総理の長男は私人である」との理由でこれを拒否「昭恵夫人は私人」との理由で森友事件に関する証人喚問を拒絶した安倍政権とよく似た対応を始めた菅政権に、国民から多くの怒りの声が噴出している。

・また、週刊文春が接待現場の音声記録を公開した中、接待の場にいた秋本芳徳情報流通行政局長が「自分の声である」と認めたものの、衛星放送事業に関係した話題を正剛氏と東北新社社長と交わしている部分については、「記憶にない」と説明。極めて不誠実な政府対応を問題視した野党は、この先の予算委審議に応じない姿勢を示している。

【詳報】500万献金と首相長男接待 20年来の点と線

~省略~

与党、菅首相の長男らの参考人招致を拒否

衆院予算委員会に先立ち、同委理事会が開かれた。野党側は、菅義偉首相の長男らによる総務省幹部への接待問題で、長男らの参考人招致を改めて要求した。

しかし、与党側は長男が「私人」であることを理由に、この日も拒否した。

~省略~

【朝日新聞 2021.2.17.】

首相長男接待 総務省局長「音声は私の声」 衛星放送部分「記憶にない」

総務省は18日の衆院予算委員会理事会で、放送事業会社に勤める菅義偉首相の長男と昨年12月に会食した際のやりとりとされる音声の一部について、秋本芳徳情報流通行政局長が「自分の声だ」と認めたと野党に回答した。ただ衛星放送に絡む話題の部分は「記憶にない」とした。野党は「組織ぐるみの隠蔽(いんぺい)だ」と反発。予算委審議には応じない姿勢を示した。

秋本氏は、これまでの予算委で、許認可権を持つ衛星放送の話題が会食で出たかどうかについて「記憶はない」と答弁。野党は衛星放送の関連用語が飛び交う音声の内容を根拠に、答弁が虚偽だったとの見方を強めている。

~省略~

【毎日新聞 2021.2.18.】

菅首相長男疑惑 証拠音声でわかった人気急上昇中「イケメン議員潰し」

~省略~

同誌では録音データをもとに、長男と総務省幹部の密接な関係に迫っている。

「菅首相長男『ウソ答弁』証拠音声を公開する」と題した記事で、接待の席でどんな会話がなされていたかが詳細に書かれており、なかでも注目を引くのが自民党の小林史明元総務政務官(37)に言及したくだりだ。小林氏はBS放送の新規参入に前向きな人物で、菅首相長男と関係が深い東北新社にとって要注意人物だったことが会話から分かる。

驚くのは総務省幹部が小林氏について「どっかで一敗地に塗(まみ)れないと、全然勘違いのままいっちゃいますよねぇ」と評価していること。官僚たちが気に食わない政治家潰しの策謀でもしているのかと受け取られても仕方がない表現だ。

~省略~

【Yahoo!ニュース(東スポWeb) 2021.2.18.】


出典:YouTube

「総理の家族の不正疑惑」について、「私人だから」との言い分で招致を拒絶するパターンが常態化!一方、総理に逆らった「私人」は容赦なく証人喚問に引きずり出し”さらし者”に!

出たわね~~!!
総理の家族が引き起こした重大不正疑惑について、「私人だから」との理由で国会招致を拒絶するパターンが常態化してきたし、いよいよ、「昭恵夫人は私人」との理由で証人喚問を全力で拒絶した「森友事件」における安倍前総理の対応とそっくりになってきたわっ!!

おまけに、籠池氏については、「完全な私人」であるにもかかわらず証人喚問に呼ばれては、与党から(恫喝ともいえるような)容赦ない”攻撃”を浴びせられたし、要は、総理の家族やお友達については「私人だから」との理由で不正疑惑の究明を徹底妨害する一方で、総理に楯突いた私人に対しては、容赦なく証人喚問の場に引きずり出しては、徹底的な恫喝や嫌がらせを行なうのが、昨今の自民党政権の体質だということだ。

最近の自民党政権は、まさしく「自分たちには徹底的に甘く他人(一般国民)には徹底的に厳しい」性質がエスカレートする一方だし、もはや、「”公僕”として国民のために働く」という民主主義の建前すらももう完全に崩壊しきっている。
この調子では、いよいよ安倍政権と同じように、「菅総理の長男は私人である」との閣議決定がなされては、意地でも「長男隠し」を徹底していく可能性がありそうだし、こんな事例を放置していれば、いよいよ、菅総理にあらゆる行政システムを歪められては、官庁全体が「菅総理の私物」のように成り変わっていってしまうだろう。

菅長男と「きな臭い”イケメン議員潰し”の策謀話」をしていた総務省の秋本局長も、ここまで強烈な証拠音声が出てきたにもかかわらず「記憶ない」などと繰り返している始末ですし、野党はかなり強い対応で真相究明を求めていく必要があるのは言うまでもないことだわっ!

秋本局長らがダイレクトに金品を受け取っていた事実も発覚している以上、「贈収賄事件」として本格捜査を行なっていくことも視野に入れつつ、さらに詳しく内情を調べていく必要がありそうだね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事