菅氏の総裁選出馬会見に非難囂々!モリカケ桜は「ゼロ回答」、望月記者には相変わらず悪態、フリー記者からは「出来レースじゃないですか」「公文書を改竄しないでください」などの声が次々と!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年9月2日、菅官房長官が自民総裁選への出馬会見を開催したものの、その内容のスカスカさや、これまで同様の不誠実で傲慢な対応に非難が相次いでいる。

・長きにわたって全力で質問妨害を繰り返してきた東京新聞・望月記者に対しては、今回もあざけるような態度で質問に応じたほか、テレビ中継が終わった後には、フリーの記者から「出来レースじゃないですか」「公文書を改竄しないでください」などの厳しい声が殺到。安倍政権時に横行した隠蔽・改ざん・捏造工作に全面的に加担してきた菅氏の政権運営について、早くも懐疑的な声が上がっている。

“排除”再来?菅氏スカスカ会見の一部始終…記者の怒号飛ぶ

「フリーランスにも指名してください!出来レースじゃないですか」――。既にテレビの生中継は終わっていたが、1人の記者の怒号から「横浜をカジノ業者に売り渡すんですか」「公文書を改竄しないでください」との声が堰を切ったように飛び交った。2日夕、総裁選の真打ち登場とばかりに出馬会見を開いた菅官房長官。大新聞・テレビが報じないスカスカ会見の一部始終は、多難な前途を象徴している。

「秋田の農家で育った」と会見で繰り返し、“純朴な苦労人おじさん”を前面に打ち出そうとした菅氏だが、やはり地金の冷酷さは隠し切れない。

「逃げないでください」と不満爆発の記者に押し切られるように時間を延長した途端、司会の坂井学衆院議員が指名したのは菅氏の天敵、東京新聞の望月衣塑子記者だった。

「(官房長官会見では)不都合な真実に関する追及が続くと、その記者への質問妨害が長期間にわたって続きました」

彼女の問いかけに菅氏は視線を合わせず、こわばった表情。司会から「質問は簡潔にお願いします」と邪魔が入るのは、長官会見と同じだ。

「(首相になっても)官僚が作ったような答弁書を読み上げるだけでなく、自身の言葉でしっかりと会見時間を取って答えていただけるのか」

質問が終わると、菅氏はあざけるように、こう言い放った。

「限られた時間の中で、ルールに基づいて記者会見というのは行っております。ですから、早く結論を質問してくれれば、それだけ時間は浮くのであります」

~省略~

あまりの菅カラーゼロに、毎日新聞の記者から「安倍総理の発言を聞いているよう。“菅総理”として目指す政治は安倍政権の単なる延長なのか。違うのであれば、何がどう違うのか」と突っ込まれる始末。ぶ然とした表情で菅氏は「縦割りの弊害をぶち破って新しいモノをつくっていく」と返すのがやっとだった。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2020.9.3.】

菅義偉“史上最悪”の総裁選出馬会見! 膳場貴子の森友問題追及には「すでに結論」、望月衣塑子の質問には司会者に妨害を指示する動き

「安倍総裁をしっかりと継承する」
「安倍政権が進めてきた改革の歩みをけっして止めるわけにはなりません」

菅義偉官房長官が本日17時すぎから会見をおこない正式に自民党総裁選への出馬を表明したが、これがまたとんでもない“茶番劇”だった。

本サイトで指摘してきたように、安倍首相は“とにかく石破だけは避けたい”一心で後継者に菅官房長官を選び、二階俊博幹事長とも結託の上で石破潰しのために党員・党友投票を見送ったことで菅官房長官は投票前から次期総裁・首相に決まったような状態にある。こうしたことはすべて安倍首相の既定路線であるわけだが、菅官房長官はきょうの会見で、いつ総裁選出馬を決めたかを問われると、平然と「総理が辞意を表明したそのあとに熟慮に熟慮を重ねた上で判断した」などと述べたのだ。

~省略~

そして、象徴的だったのは、森友・加計学園問題や「桜を見る会」といった安倍首相による「政治の私物化」問題に対する回答だ。

その質問をおこなったのは、TBS『報道特集』の膳場貴子キャスターだった。膳場キャスターは森友・加計学園問題や「桜を見る会」について「国民が納得しない事案であって、再調査を求める声が出ている。菅さんはどう対応されるか」と質問。すると、菅官房長官は死んだ魚のような目で、時折、視線を下に落とし、用意された紙を読み上げるようにこう述べた。

「森友問題については財務省関係の処分もおこなわれ、検察の捜査もおこなわれて、すでに結論が出ていることでありますから、そこについては現在のままであります。また、この加計についても法令に則りオープンなプロセスで検討が進められてきたというふうにも思っています。『桜を見る会』については国会でさまざまなご指摘があり、今年は中止をして、これからのあり方を全面的に見直すことにいたしております」

これだけ安倍首相の「政治の私物化」に対して次期政権がどう対応するのかに注目が集まっているというのに、「結論が出ている」「現在のまま」というまったくのゼロ回答──。ようするに、すでに次期総裁・首相は自分で決まっているという驕りを隠そうともせず、「負の安倍継承」を全面に押し出したのだ。

~省略~

【リテラ 2020.9.2.】

安倍サポ軍団は早くも「菅サポ軍団」に変貌!安倍政権で強力に推し進められたグローバリズム(貧富格差の極限までの拡大&国民総奴隷社会)を止めないよう、ネット工作勢力も(中身スカスカの)菅氏を強力に後押し!

出典:YouTube

やっぱり、この人物が総理になってもろくなことにならないのは目に見えているわ!
石破さんはもちろん、岸田さんまでもが、森友事件の調査や聞き取りの可能性について言及したにもかかわらず、菅氏の場合は、モリカケ桜の再調査については見事に「ゼロ回答」!
なんせ、安倍政権下であらゆる隠蔽・捏造・改ざん工作に全面協力してきた張本人なんだから、そりゃ、詳しく調査できないのは当たり前よねっ!

本人は、「苦学生」「たたき上げ」「貧しい農家の息子」などの「庶民派」をしきりにアピールしてるけど、こうした自らが抱えるハンデを埋めるべく、「強大な権力を手に入れるために、手段を選ばずに汚い裏工作や根回しを率先して行なってきた、冷酷な野心家といった方が適切な感じがするし、それだけ、権力に対する欲求が人一倍強い一方で、困っている他人を助けたり手を差し伸べる意識が希薄であるようにみえるね。

そして、何よりも忘れてはいけないのが、現在裁判が行なわれている河井夫妻と(安倍総理とも勝るとも劣らず)非常に深い関係を持っているのが菅氏であり、夫妻に1億5千万円の選挙資金を注ぎ込んだ疑惑の中心人物の一人であるということだ。
本来であれば、安倍総理と並んで菅氏も検察から事情聴取などを受けるような立場にあるはずだけど、安倍政権時代より菅長官が中心になって徹底的なマスコミ統制を行なってきた成果なのか、こうした実情について大手マスコミが全くといっていいほど触れていない
それどころか、「令和おじさん」やら「パンケーキおじさん」などといった、国民に好印象を与えるためのミスリードキャンペーンがしきりに行なわれている始末なのだから、もう救いようがない。

しかも、(すでに一年以上前からこっそり周到に準備してきたにもかかわらず)直前まで「出馬は全く考えていない」なんて平然と繰り返していたと思えば、会見時にも「総理が辞意を表明したそのあとに熟慮に熟慮を重ねた上で判断した」などとしれっとウソをつき、これまでの官房長官としての記者会見ともそっくりの、のらりくらりの中身のない受け答えに、望月記者に対する嫌味たっぷりの回答といい、確かに「史上最悪の総裁選出馬会見」というにふさわしいね。

しかも、ネット上を見回してみると、これまで安倍サポ活動に邁進してきたネット工作員の連中は、そのほとんどが「菅サポ軍団」に早変わりしてきているし、要は、こうした類の軍団は、日本を破壊したり売国を繰り返す政治屋連中を応援することで一貫しているのねっ!

ああ。(統一教会などをはじめとした)安倍サポ軍団の傾向を見ていると、政党に関係なく、貧富の格差を極限まで広げては、日本の国富を海の向こうに流出させたり、既存の民主国家の形を破壊することに繋がるグローバリズムを強力に推し進める政治屋連中を「愛国者・国士」などと讃えてはグローバリストが警戒している愛国系の政治家を敵視して激しく叩く傾向があることが見えてくる。
こうした”法則”で見てみると、安倍氏や菅氏や橋下氏、そして、彼らをサポートするためにメディアに出ている三浦瑠麗氏などを賛美する傾向がある一方で、グローバリストが警戒している石破氏や山本太郎氏などを敵視し、叩いている傾向があるのもある程度の辻褄が合うし、合点がいく。

つまり、「自称保守・愛国」を騙っている安倍サポ&菅サポ軍団は、まさに(グローバル資本勢力が生み出した)根っからのグローバリストであり、一般庶民の真の敵といえるだろう。

まさしく、大手マスコミからネット空間に至るまで、ウソやフェイクに埋め尽くされているような状態ね!
いずれにしても、菅長官が総理になってもろくな日本社会にならないのは目に見えているし、菅政権が誕生した後も、少なくとも、モリカケ桜の徹底的な究明について、私たちが大きな声を上げ続けていく必要がありそうねっ!

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事