福島第一原発から放出される放射性物質、前年の2倍に急増!”制御不能”の厳しい現実が改めて明らかに!

Pocket

どんなにゅーす?

福島第一原発から放出されている2019年1月までの1年間の放射線量を調べたところ、1年前と比べておよそ2倍の9億3300万ベクレルほどに上っていたことが判明。NHKが報じた。

・未曾有の原発事故からおよそ8年が経過したものの、改めて、今もなお福島第一原発が制御不能の状態にあることが明らかになった。

福島第一原発 放射性物質の放出量が前年比2倍に

~省略~

東京電力は8年前の原発事故のあと、1号機から4号機の原子炉建屋から放出されている放射性物質の量について、現在は「対策を講じているので大幅に減ってきている」と説明しています。

NHKでは、東京電力の公表資料を基に計算したところ、いずれも推計で、去年1月までの1年間の放出量は4億7100万ベクレルほどだったのに対し、ことし1月までの1年間の放出量は9億3300万ベクレルほどに上り、2倍近くになっていることがわかりました。

これについて東京電力は、1号機のがれきの撤去作業や、2号機の原子炉建屋の放射線量を測る調査にともなう作業での際、放射性物質を含むちりが舞ったからではないかとしています。

ただ、1時間当たりの放出量は国の基準を基に東京電力が厳しく定めたレベルを大きく下回っているということで、東京電力は「8年間の大きなトレンドでは減少傾向だが、廃炉作業によって一時的に増えたのが原因とみられる。放射性物質が広がらないよう対策を講じたい」としています。

【NHK NEWS WEB 2019.3.8.】

東京五輪を1年後に控えた中、福島第一原発の年間放射線放出量が2倍に上昇していたことが判明

出典:Wikipedia

福島第一原発事故からもうすぐ8年になりますが、事故を起こした原発建屋から放出されている年間放射線量が、ここ1年間で前年の2倍に上っていることが報じられました。
1時間当たりの放出量は基準値より大きく下回っているとのことですが、改めて、福島第一原発が「アンダーコントロール」からほど遠い事態であることが明らかになりましたね。

しかも、東京五輪を1年後に控えている中での「この事態」だからね。
東電は「がれきの撤去作業や調査の際に、放射性物質を含んだちりが舞ったからではないか」と説明しているみたいだけど、つまりは、どうして放射性物質の放出量がここに来てこんなに増えているのか、東電側もはっきりと分かっていないということだろう。

日本の行政における信頼性が大きく崩壊する「最初のきっかけ」になったのが、まさにこの福島原発事故だったように思えるけど、東電などの大手電力会社の信頼性もこの事故を機に大きく崩れ去ったし、(現在の安倍政権と同じように)東電が公式に発表している情報も、どこまでが本当なのかが分からないような状況だからね。

そもそも、これまで人類が経験したことがないような未曾有の原発事故である以上、表に放出された正確な放射性物質の量もよく分かってないし、「どれだけの核種がどれだけ放出され、どういった健康への影響が一体いつ出てくるのか?」などなど、あまりにも分からないことだらけで、これが、日本の社会や国民の間で様々な不安や混乱が広がり、さらには民衆同士の分断や衝突を引き起こしている状況だ。
ボク自身は、福島原発事故と第二次安倍政権の誕生、そして、今日の日本の政治の混乱や社会秩序の崩壊、民主主義の破壊や独裁政治の台頭なども、それぞれが決して無関係ではないと考えているし、全ては、東日本大震災の際に起こった原発事故を発端に、日本国内の行政システムの崩壊や民主主義の本格的な危機などの”カオス”に繋がっているとみている。

そういう意味でも、(長い年月をかけて)福島原発事故を本格的に収束させ、廃炉にすることが出来るかどうかが、日本の未来を占う重要なファクターになるのではと思うし、少なくとも現時点では、福島第一原発は依然強く警戒すべき「危険な状態」にあると考えるべきなのではと思うよ。

なんせ、事故から8年近く経過しているにもかかわらず、現在も原子力緊急事態宣言が解除されていない状況ですからね。
私たちは、改めてこうした現実に立ちかえり、現在の(厳しい)状況を直視しながら、福島原発の廃炉に持てる力全てを注ぎ、日本のあるべきエネルギー政策を今まで以上に真剣に考えていくべきなのではないでしょうか。

Pocket

 

おススメ記事&広告