渋谷ハロウィン、軽トラを横転させた糀原翔大、黒木裕太、川村崇彰、国分陸央の4容疑者を逮捕!騒ぎに加わったイギリス、フランス人の男らも書類送検へ!

Pocket

どんなにゅーす?

・渋谷のハロウィン騒動の中で、軽トラを横転させて損壊させた暴力行為等処罰法違反容疑で、警視庁は糀原翔大(20)、黒木裕太(27)、川村崇彰(22)、国分陸央(20)の4容疑者を逮捕した。

・警察は各所に設置された防犯カメラなどを徹底解析。現場で撮影された動画や聞き込みを詳しく行なったことで犯人の身元を割り出したという。

・逮捕された4名はいずれも容疑を認めており、「酒を飲んだ勢いでノリでやってしまった」「わくわくして好奇心でやった」などと供述しているという。

ハロウィーン軽トラ横転4人逮捕、10人の身元特定

東京・渋谷のセンター街で10月のハロウィーン直前に軽トラックが横転させられた事件で、警視庁は5日、暴力行為法違反(集団的器物損壊)の疑いで、とび職黒木裕太容疑者(27)や、土建業川村崇彰容疑者(22)ら男4人を逮捕した。

他の2人は、会社員糀原翔大容疑者(20)と美容師国分陸央容疑者(20)。いずれも容疑を認めている。4人に面識はなかったという。

警視庁は事件に関与したのはフランス人やベルギー人を含む計15人とみている。逮捕の4人以外については、10人の身元を特定、さらに1人の捜査を進めており、同容疑で今後書類送検する方針。特定できた10人は事実を認めているという。

~省略~

【日刊スポーツ 2018.12.5.】

軽トラ横転容疑、男4人逮捕=ハロウィーンの渋谷-警視庁

~省略~

いずれも容疑を認め、「酒を飲んだ勢いでノリでやってしまった」「わくわくして好奇心でやった」などと供述しているという。

同課は事件後、現場周辺にある約250台の防犯カメラの映像を分析。車の横転に関与したとみられる男15人を特定した。うち4人は横転した車の上で飛び跳ねるなど行為が悪質だったことから逮捕に踏み切った。

英国籍やフランス国籍を含む他11人については、横転のみに関わったとして同容疑で書類送検する方針。

~省略~

【livedoorNEWS(時事通信) 2018.12.5.】

ネット上では、警察に対して「よくやった」「グッジョブ」との声が相次でいるも…

出典:TBS News

全国的に大きく報じられた、渋谷のハロウィンの暴徒化騒動ですが、ご覧のように軽トラの横転事件に関与した4人の容疑者が逮捕される事態となりました。

ハロウィンのヤバさや危険性については当サイトでも伝えてきたけど、まさしく、得体の知れない「怪しげな祭り」や異様な「ドンチャン騒ぎ」に参加した”末路”に相応しいような状況となったね。
しかも、「酒を飲んだ勢いでノリでやってしまった」「わくわくして好奇心でやった」などと供述しているようだけど、まさしく、こんな安易な動機で軽トラを横転させて破壊するなんて、被害に遭った運転手の男性にとってはたまったものではない
(しかも、複数の外国人もこの騒動に加わっていたみたいだし、この先の安倍政権が強行的に推し進めている”移民拡大”に伴う治安の悪化なども心配されるところだ。)

まさしく、近年の日本国民に蔓延しつつある(マスコミなどの悪影響による)幼児化や精神性の劣化を思わずにはいられないけど…それにしても、警察による身元を割り出すための「執念の捜査」には驚かされてしまうね。
一部マスコミでは、防犯カメラの「リレー方式での解析」によって、容疑者が帰宅するまで追跡していったと伝えられているけど、それだけ、現代の日本社会では、(特に都市部では)”網の目”のように防犯カメラが至るところに設置されているということだろう。

まさしく、本格的な「監視社会」がすでに到来していることを肌で感じずにはいられないし、これが良からぬ方向に進んで、「国民総監視システム」による、全ての国民が日常的に萎縮してしまうような「強権的で抑圧的な社会」に向かっていきそうな予感もしているよ。

ネットでは、容疑者の逮捕のニュースに対して、歓喜の声や警察を讃える声が相次いでいますが、私たち全ての国民にとって単純に喜んでいるような状況でもないということですね…。
ますます権力者にとっては国民を抑圧・統制しやすい方向に進んでいるように思えますし、ついつい色々なことを考えてしまうような事件ですね。

現代日本の政治腐敗がかつてないほどに激しくなりつつある中で、果たして日本はどこに向かって行くのか…。
いずれにしても、ネットにしろ、現実世界にしろ、ボクたち一般市民は公権力によってすでに「常時監視」されつつあることを認識した方がいいのかもしれないね。

おススメ記事&広告

 
Pocket