【アベノマスク】新たな謎会社「シマトレーディング」が浮上!→事務所は「もぬけの殻」のような古い民家!公明議員に献金の「ユースビオ」社長と縁戚関係か!

Pocket

どんなにゅーす?

・巨額の血税466億円が投じられた上に、医療品のレベルも満たしていない極めて不衛生かつ粗悪な品質の布製マスクが配布されていることが判明した「アベノマスク疑惑」について、ようやく政府が明かした謎会社「ユースビオ」に協力した会社として、新たに「シマトレーディング社」が浮上。ネット上が騒然としている。

・加藤厚労相は、「ユースビオ」は布の調達や納品時期等の調整、「シマトレーディング」は生産輸出入の担当をしていたと答弁。この国会答弁を受け、独立メディアのジャーナリストらが「シマトレーディング」の住所を訪ねるも、「もぬけの殻」のような古い一般民家だったことが判明。国民からさらなる疑いの声が噴出している。

アベノマスク また新会社が出てきた「シマトレーディング」国会答弁で突然…

新型コロナウイルス対策などに関連する補正予算案を審議する衆院予算員会が28日、開かれた。

政府配布の布マスク(俗称アベノマスク)を巡り、妊婦用に配布されたマスクの受注企業4社のうち、なかなか明かされなかった最後の1社が、27日に福島市の「ユースビオ」だと公表された件について、立憲民主・大串博志議員が質問。

この応答の中で、加藤勝信厚労相が「輸出入をするもうひとつの会社と一緒になって契約額が5・2億円。従って輸出入についてはその会社が担っていたと聞いております」と述べた。

大串議員が「初めて聞きました」と指摘すると、加藤厚労相は「シマトレーディングという会社でありまして、ユースビオはマスクにおける布の調達、あるいは納品時期等の調整。いま申し上げたシマトレーディングは生産輸出入の担当をされていた」と述べた。

~省略~

【Yahoo!ニュース(デイリー) 2020.4.28.】

アベノマスク、5番目の会社「シマトレーディング」の“恥ずかしい過去”

~省略~

加藤厚労相が口にした「シマトレーディング」はどんな会社なのか。ホームページには、〈1980年切花の輸入を開始いたしました。シンガポール産の蘭から始まり、年を追うごとに商品の数は増え、現在は500を超える切り花、葉類を取り揃えております。一年を通して新鮮で高品質な商品を世界各国から輸入しております〉とある。

ケニアやインド、オランダ産のバラやコロンビア産のカーネーションなど、美しさを競うように写真が並んでいる。ここ数年の売上高は13~16億円で推移している。

それはともかく、生花などを扱う業者がどうしてマスクにかかわるの?というのは疑問ではある。実際にシマトレーディングに聞いてみると、
「元々、ユースビオの社長さんとは付き合いがあります。私の母方の親戚に当たるんです」
と話すのは、同社の取締役の島健太郎さん(38)。島正行社長の息子でもある。

「ユースビオの社長さんから、(マスクをやることになったので)通関業務をお手伝いしてもらえませんかという声掛けがあった、それだけです。ウチもこのコロナの件で開店休業状態が続いているのも事実です」

■マスク製造会社の多いベトナム

シマトレーディングは2006年2月、植物検疫法違反の容疑で千葉地検に書類送検された過去がある。当時の記事によると、

〈害虫が発見された植物を消毒しないで輸入しようとしたとして、成田空港署は17日、植物輸入会社「シマトレーディング」(福島市)と同社社長(57)ら4人を植物防疫法違反の容疑で千葉地検に書類送検した。同署や農水省によると、空港の植物防疫官が05年9月、同社がイタリアから輸入しようとした観賞用切り枝「ピットスポラム」に検疫害虫に指定されているアブラムシ科の昆虫を発見。同社に対し、同法に基づく消毒命令を出したにもかかわらず、ほかの植物とすり替えて不正に輸入しようとした疑い〉

健太郎さんはその点について、こう話す。
「その通りです。当時の詳しい事情はわかりませんが、それ以降は、そういったことがないように仕事をしてきました」

~省略~

【@niftyニュース(デイリー新潮) 2020.4.28.】

「ユースビオ」に続き「シマトレーディング」なる謎会社が登場!本丸を隠すための”ダミー”の疑いも!?

出典:Twitter(@HAKOCONNEMAN)

「アベノマスク疑惑」がネット上で紛糾している中、新たな謎会社「シマトレーディング」が加藤厚労相の口から発せられ、さらにネットが騒然としております。
どうやら、この会社は、生花の輸入販売を行なっている業者のようで、こちらも(「ユースビオ」同様に)医療品とは全くかけ離れた業種の上に、みたところ、ベトナムやミャンマーなどの東南アジアとの繋がりも薄そうな感じがします。

それに、シマトレーディングの社長は、ユースビオの社長と縁戚関係にあるようで、「ユースビオの樋山社長から誘われて通関業務を手伝った」…と説明しているようだ。
しかし、いずれにしても、466億円もの血税を投じて行なわれた「アベノマスク」の巨大プロジェクトにおいて、その他の大手企業と肩を並べて政府から依頼を受けたというのはあまりにも不自然だし、何かしらの裏や安倍政権との繋がりがあるものと考えるのが普通だろう。

ちなみに、「ユースビオ」の方は、樋山社長が公明党の若松謙維参院議員の資金管理団体に献金をしていたことが分かっているし、全体の構図をぼんやりと見ても、「本丸(自民党有力政治家?)」や「カネの詳細な流れ」を隠すために、何重もの”バリアー”を張りめぐらせた中の最下層に位置する、事実上の”ダミー”の可能性もある。
こうなると、必然的に政府との繋がりは「ほとんどない」とPRされることになるし、「タマネギの皮」を慎重に一枚ずつはぎ取りながら、その「中心部」を探し当てていく作業が必要になるかもしれないね。
(おまけに、ユースビオは消費税脱税で有罪判決の過去ありの上に、シマトレーディングも2006年2月に植物検疫法違反容疑で千葉地検に書類送検された過去があるとのことで、どちらも”札付き”の会社である点についても気になるね。)

本当に、不可解な点や謎があまりにも多すぎますね。
これまで政府側がこれらの社名をひた隠ししてきた経緯そのものが不可解ですし、いまだに、466億円がどこにどのように使われたのかすら(詳細なお金の流れが)ほとんど分かっていない状態ですからね…。

そうだね。
とにかく、(森友・加計・桜などと同じく)「アベノマスク」は、「アベ友同士の黒い金儲け」も兼ねた”悪だくみ”である可能性が大きいとみているし、さらなる野党の追及や独立メディアの調査に期待したいところだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事