アベノゴミマスク、製造国の衛生基準で「一般の布製品」扱いだった!政府内から品質を懸念する声も、「首相案件」の一声で全て抑え込み!→ネット「首相案件でロクなものだった試しがない」

Pocket

どんなにゅーす?

・髪の毛や虫などの異物混入などの不良品が相次いでいるアベノマスクについて、不良品として報告されているものは、製造された東南アジアの国の衛生基準で、医療品のレベルを満たしていない「一般の布製品」レベルの粗悪品だったことが明らかになった。

・政府内からも品質の低さを懸念する声が上がったものの、安倍総理肝いりの「ゴリ押し案件」で強く抵抗できなかったと見られており、安倍官邸の権力がより増大・膨張しつつある中で、周辺が間違いを諫めたり止めることが出来なくなっている内情が浮かび上がっている。

肝いり「アベノマスク」誤算続き 野党、国会で追及へ

~省略~

政府関係者によると、不良品は東南アジア製で、現地の衛生基準では医療品扱いとならず、一般の布製品と同じ分類だった。品質を懸念する声も出たが、スピード感を重視する官邸サイドに担当の厚生労働省も抑え込まれ、問題発覚後もすぐに全品回収とはならなかったという。官邸筋は「首相案件だから、厚労省も強く主張できなかった」と推し量る。

~省略~

【Yahoo!ニュース(西日本新聞) 2020.4.27.】

そのまま口に当てて使用するのは危険!「アベノゴミマスク」は医療品の衛生基準を満たしておらず、「一般の布製品扱い」の粗悪品だった!

出典:Twitter(@Fausteana)

政府がひた隠しにしてきた「4社目」が明らかになったことで、ますます様々な疑惑が噴出している「アベノマスク」だけど、新たに想像以上に劣悪な実態が明らかになってきているわっ!!
…ていうか、一般のマスクの衛生基準を満たしていない「一般の布製品レベル」のシロモノを医療品として私たちに配っていたわけっ!?
ということは、やっぱり、一見するとちゃんとしているように見える製品でも、届いたものをそのまま口や鼻につけるのは「危険」ってことじゃないのよっ!!

しかも、医療品の基準も満たしていない粗悪な品物を送り付けることに対して「懸念や反対の声」も上がったみたいだけど、これらも「首相(安倍)案件だから」との理由で全部抑え込まれてしまったというからね。

本来であれば、こうやって全国民にマスクを配布する案を考えた時点で、(莫大な血税を投じる案件である以上)品質の問題や製品調達の問題、そして、配布の方法やスピードなど、あらゆる側面を考慮し、適切な方法や政策の是非そのものを検討しないといけないはずなんだけど…つまりは、こうした「本来のプロセス」を経ることもなく、安倍総理(と「この案」を吹き込んだ安倍側近ら)のその場の思い付きが即採用となり、そのまま後先も何も考えままににゴリ押しされていった…ということだろう。

そのまま口に着けるのもはばかられるような劣悪な品物を国民に次々送り付けていた時点で、すでに国家としての体を成していないし、中国や北朝鮮と大差ないような「独裁おバカ政権」と言わざるを得ない。

そして、ざっとネットを見たところ、この記事に対しても、安倍サポ工作員が”総出動”であからさまな論点逸らしや、記事内容の批判、野党の中傷などに明け暮れており、国民からの不満や怒りの噴出に対して、「お得意のネット工作」などの世論誘導を通じてどうにか封じ込めようと、相当なまでに躍起になっているようだ。

また、お馴染みの「安倍案件」のせいで、私たち国民が無用なトラブルや混乱に巻き込まれているような状態だわっ!!
もうすでに、466億円の税金を投じて強行された「アベノゴミマスク」は大失敗が確定的ですし、今度こそ、この連中の度重なる悪政や腐敗・無法行為を許すわけにはいかないわっ!

そして、国民への支援よりも優先的に、安倍政権がネット工作やマスコミを通じた世論誘導などの「国民洗脳工作」に全力を傾けている中で、くれぐれもこうした反社会的な「国民騙しの手口」に引っかからないように気を付けないといけないね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事