【佐野SAスト】「別のスタッフで営業再開」を”朗報”として報じるTVに批判殺到!会社の問題を追及した社員は解雇される!→ネット「スト破りだろ」「さすが奴隷国家」

Pocket

どんなにゅーす?

従業員によるストライキで、お盆期間中の営業がストップしていた東北道佐野SAの食堂や売店について、「別のスタッフを集めて営業を再開した」ことを喜ばしく報じるテレビ報道(テレビ朝日)に対し、批判の声が殺到している。

会社の資金繰りやブラック体質を追及している社員が解雇される事態に発展している中、有識者やネット上では、社長による”スト破り”や”不当解雇”の行為に怒りの声が相次いでおり、ストライキを「迷惑行為」といわんばかりに報じている、テレビによる”洗脳報道”を問題視する声が多く上がっている。

佐野SA再開 新たなスタッフ集め名物ラーメンも復活

~省略~

佐野サービスエリアではテナントを運営する会社の社長と従業員が人事を巡って対立してストライキが起き、14日から営業を停止していました。社長側は新たなスタッフを動員して16日午前7時から売店の営業を再開しました。

~省略~

【テレ朝news 2019.8.16.】

佐野SAスト社員が公開質問状「融資凍結で経営危機」

14日に運営会社の従業員のストライキが発生し、営業が2日、ストップする事態に発展した東北道・佐野サービスエリア(SA=栃木県佐野市)上り線のフードコートと売店の問題で、運営会社「ケイセイ・フーズ」のストを起こした社員が18日、岸敏夫社長ら経営陣に対し、ウェブ上に質問状を公開した。

~省略~

今回、質問状を公開したのは、スト前日の13日午後、岸社長に経営危機について追及、糾弾し解雇された、総務部長の加藤正樹氏。加藤氏は、ケイセイ・フーズが栃木県佐野市に本社を置く片柳建設のグループだとした上で「ケイセイフーズは銀行から片柳建設グループとみなされています。メインバンクから、片柳建設グループ全体に対し、新規融資凍結処分が下されてそろそろ3カ月。借金の返済の滞納も3カ月目」として、ケイセイ・フーズのみならず、片柳建設と一連の関連会社が、借金の返済を滞納していると主張。「この問題が解消しないかぎり、我々従業員だけが戻っても、問題は解決しない可能性がきわめて高いのです」と、佐野SAの労使問題が解消しても、根本的な資金繰りに大きな問題があると指摘した。

~省略~

【日刊スポーツ 2019.8.18.】

従業員による「切実な訴え」を無視し、ストを「迷惑行為」のごとく報じるテレビ報道に怒りの声殺到!

東北道佐野SAにおけるストライキの問題ですが、会社側の数々のブラック体質を無視した上で、別のスタッフを集めて営業再開したことを”朗報”のごとく報じているテレビ局(テレビ朝日)に対し、怒りの声が殺到しています。
従業員の方々による告発をみる限り、今回のストライキの原因は明らかに会社側にあるとしか思えませんが、こうした実情を無視した上でお盆中のストについて「迷惑行為」のごとく伝えては、滅茶苦茶なプロセスで営業再開したことを「グッドニュース」のように報じているテレビ局は、確かにかなり大きな問題があるかと思います。

ストライキは、全ての従業員に認められているごくごく当たり前の権利のはずなんだけど…今や、ストそのものが「かなりの異端行為」みたいな風潮になってしまっては、あまつさえ、「迷惑行為」のように報じられるようになっていること自体が、かなりの異常事態であることを国民は客観的に認識すべきだ。
本来であれば、テレビは、従業員がストライキを決行した経緯や事情について詳しく伝えた上で社長が従業員の訴えを”完全無視”して新たなスタッフを集めて営業再開したことに対し、「スト破り」として厳しく批判的に報じるべきだし、これが、まともな国においての報道のあり方だろう。

一般庶民(労働者)自身も、SAで佐野ラーメンが食べられなかったことを嘆いたり、営業再開に大きく喜んでいる状態なのなら、これらは、回り回って自分たちの労働環境をより悪化させることに繋がってくるのを知るべきだし、これこそ、まさしく、経営者やお金持ちが不当に保護・優遇されては、一般従業員が非人間的・奴隷的な労働環境を強いられる「グローバリズムの極致」といえるものだ。

マスコミそのものが完全にグローバリズムに侵食されている上に、国民間においても相当に深く”洗脳”が進んでしまっていることがうかがえます。
有識者や情報強者のネットユーザーの間では、ご覧のように怒りの声が殺到していますが、ありとあらゆる場面で、私たちを「奴隷化」に導く洗脳が溢れかえっていることを強く認識させられるようなニュースです。

民主的な社会を作っていくためには、常に「弱者に寄り添う」「思いやりを持つ」ことを前提に社会制度を構築していくことが大切だし、全ての従業員が忖度なく、いつでもストライキを起こすことが出来るような世の中を作っていくことが、回り回って、国民全てが豊かになるような世の中になっていくということを、一人でも多くの人々が知っていくことが大切なのではと思うよ。

Pocket