【滋賀園児死傷】会見で泣き崩れる園長の姿に悲痛の声!マスコミへの怒りも!警察は直進車の運転手女性を釈放!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年5月8日に滋賀県大津市で発生した「保育園児死傷事故」について、滋賀県警は、現行犯逮捕した2名の運転手のうち、直進していた運転手女性を「過失の度合いが低い」と判断し釈放した。

・また、ネット上では、保育園(レイモンド淡海保育園)側が記者会見を開いた中、マスコミから質問を受けていた園長が、激しく泣き崩れる姿が大きな話題に。保育園側を問い質すマスコミの姿勢に対する批判が相次いでおり、様々な反応や意見が交錯する事態になっている。

容疑者「前をよく見ていなかった」 大津の園児死亡事故

8日午前10時15分ごろ、大津市大萱(おおがや)6丁目の丁字路の県道交差点で車2台がぶつかり、うち1台がはずみで保育園児の列に突っ込んだ。滋賀県警によると、近くのレイモンド淡海(おうみ)保育園に通う伊藤雅宮(がく)ちゃん(2)=同市大江5丁目=と原田優衣(ゆい)ちゃん(2)=同市大江2丁目=が死亡。男児(2)が意識不明の重体となっている。ほかに2~3歳の園児10人が重軽傷、引率していた保育士3人も軽傷を負った。

県警は、車を運転していた無職の新立(しんたて)文子容疑者(52)=同市一里山3丁目=と無職の下山真子(みちこ)さん(62)=同市=を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕。下山さんについては、8日夜に釈放された。

~省略~

新立容疑者は「前をよく見ていなかった」、下山さんは「右折車をよけようとハンドルを左に切った」との趣旨を供述。2人は、それぞれ別の大型量販店から帰宅する途中だったという。2人にけがはなく、同乗者もいなかった。

~省略~

【朝日新聞 2019.5.8.】

↓マスコミに対する怒りの声が飛び交っている、保育園側による記者会見。

大津の保育園児死傷事故、ショックで泣き崩れる園長に質問を浴びせるマスコミに怒りの声!飯塚幸三氏の事故との「警察・マスコミの対応の差」に疑問の声も!

出典:YouTube

滋賀・大津市で発生した「保育園児死傷事故」の衝撃が日本中に広がっています。
ネット上では、保育園側が記者会見を開いた中、ショックで泣き崩れる園長先生に対して、容赦ない質問を続けるマスコミに対して強い怒りの声が上がっている状況です。

事故の詳しい状況がだんだん分かってきたけど、これは、保育園側には過失がどこにも見当たらないし、むしろ(常に歩行者用道路において、車道側からできるだけ離れたところを歩くなど)想定しうる「しかるべき対策」を行なっていたことが分かってきた。
したがって、今回の事故は、保育園側からすれば、「どうしても防ぐことが出来ないような非常に難しい状況」だったといえそうだ。

恐らく、今回の会見も、「子どもたちを預かっているという使命感」から開いたのではと思うけど、マスコミ側はどうもそうした配慮を欠いており、「面白い画を撮る」というマスコミ側の都合が前面に出過ぎてしまっているように見えるね。
結果として、まるで、「責任者を追及するような画」になってしまっているし、これでは、多くの視聴者が強い不快感を持ってしまうのも当然だろう。

そして、園児2人が死亡し1人が重体、多くの重軽傷者を出した運転手2名のうち、直進車(人をはねた側)の運転手女性が釈放されたけど、事故の状況から考えると(この記事でも述べたように、直進車は事故を避けるのが難しい状況だったものと考えられる)、これは「妥当なもの」なのではと考える。
むしろ、飯塚幸三氏の事故のケースと比較すると、直進車女性を現行犯逮捕したことの方が疑問を感じるし、これは、もし直進車の女性が飯塚幸三氏のような「特権階級の人間」であれば、逮捕されなかった可能性が高いのではないだろうか?

この件についても、ネット上では様々な声が上がっていますが、やはり飯塚幸三氏のケースと比べて、警察の対応の違いが目立っているように感じますね。
結果として、直進車側の女性は、(飯塚氏と同様に)任意で事情聴取を続ける方針になったにもかかわらず、「容疑者」として現行犯逮捕されたことが全国区で報道されたことで、これだけで一定程度の社会的制裁を受ける形になっています。

つまるところは、警察やマスコミも「キャリアや身分で区別はしない」と主張するものの、「逮捕の妥当性」や「不必要な逮捕をした際のリスク」などが介在することで、飯塚幸三氏のような「上級国民」と、何の後ろ盾もない「下級国民」とで、全く同じ対応をするなんていうのは有り得ないことなんだよね。
つまり、「下級国民」の場合は「間違って逮捕しても大したリスクや損失が少ない」のに対し、「上級国民」の場合は「万一間違って逮捕すると、(上級国民の権力によって、逮捕を決めた警察責任者がクビになるリスクなど)大きなしっぺ返しがある」ということだ。

結局のところ、被疑者の身分や権力によって警察側の対応が変わるのは”必然”であり、飯塚幸三氏のケースも、普通の一般人と異なり、(黒スーツ姿の集団も登場し)「より慎重に検討」を重ねたことで、あのような対応をとったいうことなのではないでしょうか。

飯塚幸三氏に対してここまで怒りの声が噴出しているのも、「下級国民」の間で、「特権階級・エリート」に対する不満や不信感がどんどん蓄積してきていることの表われなのだろうし、大手マスコミの世論調査が出している情報よりも、実際には、「1%が99%を徹底的に支配・統制する」安倍政権の独裁体制に対し、庶民の間で大きな不満や不信感が溜まってきていることを示しているのではないかな。

そして、今回の痛ましい事故に対する人々の反応を見ても、「現政権に対する不満」に加えて、(政権と癒着している)既存のマスコミに対する不信感もかつてなかったまでに増大してきているのを感じるよ。

その上で、既存マスコミとインターネットとの間で、より情報や意識の乖離が進んできているともいえそうです。
今回の事故に対する国民の関心や意識も非常に高まっていますし、これと同時に、再び飯塚幸三氏に対する事件への怒りと行政の不信感も、さらに増大していくことになりそうです。

Pocket

 

 関連記事