「令和キャンペーン」によって、飯塚幸三氏「暴走死亡事故」報道が消える!ネット上では「いまだに本人から何のコメントもない」ことに怒りの声噴出!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年5月に入り、連日連夜マスコミが「令和キャンペーン」に明け暮れている中、元旧通産省の高級官僚で勲章受章者の飯塚幸三氏が起こした「池袋乗用車暴走死亡事故」に関する報道がほとんど消えたことが話題になっている。

・大手マスコミが飯塚氏に関する詳しい報道を避けている中、現在も飯塚氏本人によるコメントも全く出てきておらず、ネットでは行政やマスコミ、飯塚氏本人に対して怒りの声が上がっている。

政府ぐるみの「令和新時代到来!」キャンペーンによって、飯塚幸三氏による不可解な交通死亡事故も「なかったこと」に…!?

出典:Twitter(@aTHKxgjTgjd4Ume)

出典:Twitter(@hiroujin)

日本国民に大きな衝撃と波紋を呼んだ、元旧通産省の高級官僚で勲章受章者でもある飯塚幸三氏による不可解な交通死亡事故ですが、ここ連日の「令和キャンペーン」によって、この事件に関する報道が消えてしまっている状況です。
ネット上では、今でも飯塚幸三氏が逮捕されない上に、いまだに本人からのコメントが何ら出されていないことに対し、激しい怒りの声が噴出している状況なのですが…。

これまで日本の行政の中枢に深く関わり、「国家に多大な貢献」をしたことが認められたことで贈られる勲章(瑞宝重光章)を受章している飯塚幸三氏なので、各マスコミが競って飯塚氏のバックグラウンドや経歴、生い立ちなどを特集するのが普通なのではと思うんだけど…何だか不自然なくらいに彼の人物像について触れずに、意図的に彼に関する報道を避けているようにみえるよね。

しかも、連日連夜の「令和キャンペーン」によって、確かにこの事故に関する報道が完全に消えてしまっており、飯塚氏が現在どのような状況にあるのか、いまだに入院しているのかどうかすら不明な状況だ。
一部マスコミでは、「退院後も逮捕せずに任意で事情聴取する方針」と報じられているけど、尊い2人の母子の命が奪われた上に、事故の状況から「ひき逃げ疑惑」も出ている以上、本人から何らかのコメントが出されてもいいような感じがするんだけど…一体何がどうなっているのか、全く分からない状態だ。

ネット上では、(当サイトでも伝えてきましたとおり、)事故直後に「謎の黒スーツの集団」が現われて何やら話し合いをしていたことが話題になっており(ネットでは人物の特定について試みている状況ですが、現状では確たる結論は出ていないみたいです)、明らかにこれまでの交通事故処理と異なる対応を行なっていることが取り沙汰されていますし、マスコミからもこの事故に関する話題がほとんど消えてしまった以上、ネット上ではますます疑惑の声や様々な推測が飛び交っていくことになりそうです。

当サイトでは、飯塚幸三氏が原子力行政に関わってきた可能性熱心な安倍政権支持者だった疑惑について伝えてきたけど、彼に関する情報が次々とネット上から消失している中、不確かな情報を元に流言やデマも発生してしまっている状況のようだ。
これというのも、警察やマスコミが今まで例のなかったような「異例の対応」をしていることが様々な憶測を生み出しているのだろうし、現在の安倍政権による独裁体制がより進んでいけばいくほど、今回のように、「1%の上級国民」が特別扱いされる一方で、「99%の下級国民」が上級国民に徹底的に支配され、足蹴にされるような傾向がどんどん露骨になっていくことが予想されるね。

折しも、令和時代の到来とともに、安倍政権によって何とも不気味な「国民洗脳キャンペーン」が始まりましたが、国民自身が真に危機感を感じ、行動を起こしていかない限り、今後、今回のような事態が次々と多発していくことになるかもしれません。

Pocket

 

おススメ記事&広告