【事故】園児の列に車が突っ込み、2人が死亡 運転手2人を現行犯逮捕!ネットでは飯塚幸三氏との「対応の違い」に疑問の声が噴出!(滋賀・大津市)

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年5月8日、滋賀県大津市大萱の県道交差点で、右折しようとした普通乗用車と直進していた軽乗用車が衝突し、軽乗用車が信号待ちをしていた保育園児と保育士の列に突っ込む事故が発生。男女の園児2人が死亡し、8人が骨折などの重傷で5人が軽傷を負った。

・警察は自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で、軽乗用車と普通乗用車を運転していた2名の容疑者を現行犯逮捕した。

・ネット上では、東京・池袋で発生した乗用車暴走死傷事故と比較した上で、事故を引き起こした元高級官僚で勲章受章者の飯塚幸三氏との「警察側の対応の違い」を疑問視する声が噴出している。

園児の列に車突っ込む=2人死亡、1人重体-運転の女ら逮捕・大津

8日午前10時15分ごろ、大津市大萱の県道交差点で、歩道で信号待ちしていた保育園児らの列に乗用車が突っ込んだ。滋賀県警によると、園児13人と保育士3人が救急搬送されたが、うち男女の園児2人が全身を強く打っており死亡が確認された。他に男児1人が意識不明の重体、8人が骨折などの重傷で5人が軽傷を負った。

県警大津署によると、死亡したのは近くの「レイモンド淡海保育園」に通う伊藤雅宮ちゃん(2)=同市大江=と、原田優衣ちゃん(2)=同=。園児らは保育士3人が引率して散歩中だった。

軽乗用車は直前に、右折してきた普通乗用車と衝突し、この弾みで歩道に突っ込んだ。同署はいずれも自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で、軽乗用車を運転していた無職下山真子(62)=同市若葉台=と、普通乗用車の同新立文子(52)=同市一里山=両容疑者を現行犯逮捕した。
2人とも量販店での買い物から帰宅する途中で、いずれも「信号は青だった」と供述。下山容疑者は「車が(車線に)入って来たので、あわててハンドルを左に切った」と話しているといい、同署は、双方とも前方をよく見ていなかったとみて、容疑を過失運転致死傷に切り替えて詳しく調べる。2台には同乗者はおらず、両容疑者にけがはなかった。

~省略~

【時事通信 2019.5.8.】

右折車に衝突された車が園児らの列に突っ込む事故が発生!運転手2人が現行犯逮捕された一方で、「アクセルが戻らなくなった」と虚偽説明した疑いの高級官僚・飯塚幸三氏はいまだ逮捕されず!

出典:YouTube

滋賀県大津市で、右折しようとした車が直進車と衝突し、直進車がはずみで信号待ちをしていた保育園児の列に突っ込む事故が発生しました。
この事故で、幼い2人の命が失われたほか、計13人が重軽傷を負ったとの報道がされています。

またしても、衝撃的で痛ましい交通事故が発生しましたが、ネット上では、運転手2人が現行犯逮捕されたことで、件の高級官僚・飯塚幸三氏による暴走死傷事故と比較し、その警察による「対応の違い」について疑問の声が再び噴出している状況です。

大手マスコミからも、「令和キャンペーン」を通じて、飯塚幸三氏の事故に関する報道が一気に消えてしまっていたけど、今回の痛ましい事故を機に、多くの人が再び、あの「警察による不可解な事故対応」を思い出した感じだね。

今回の事故は、(青信号だった中で)強引に右折しようとした車と直進車が衝突するというもので、これそのものは「よくあるパターン」の事故だといえる。
その上でさらに良くなかったのは、衝突された直進車が突っ込んだ先に信号待ちをしていた保育園児の列があったことで、事故そのものの状況を見た限り、直進車の運転手にとっては、事故を避けるのが難しい状況だった可能性もあるだろう。

その一方で、飯塚幸三氏の事故の場合は、最初に自転車に乗っていた人をはねて以降、よりスピードを増して次々と人をはねており、ネット上では「現場から逃走しようとしたのでは?」との疑いの声が上がっているうえに、事故後には「アクセルが戻らなくなった」と虚偽の説明をした疑いもあるような状況だ。
さらには、事故後に飯塚氏のフェイスブックやツイッターなど、飯塚氏に関するネット上の情報が次々消されており情報の隠滅を図った疑いが出ているものの、こちらはなぜか「ケガで入院中」「証拠隠滅の恐れがない」として逮捕されず、いまだに「飯塚元院長」との肩書きで報道されている状況だ。

今回の事故では、(交通死亡事故でよく見られる警察の対応と同様に)2人とも現行犯逮捕されているけど、これでは、多くの国民が「これはおかしい」と思うのは当然なのではないのかな?

しかも、飯塚氏の場合は、医師から運転を控えるように指示されていたとの情報も出ていますし、都内は交通の便が良く、無理して運転する必要性もなかったことが考えられます。
今回の事故と比べても、運転手側の非や悪質性が圧倒的に高いように感じられますし、やはり、今回の警察の対応を見ても、ますます池袋での暴走事故における警察の不可解な対応が目立ちますね。

飯塚氏が事故を引き起こした直後に、「謎の黒スーツ集団」が現われて何やら警察関係者と話し合っていたことも指摘されているし、マスコミも、今回の事故においては、運転手側を非難するような論調が目に付いている一方で、飯塚幸三氏の事故の場合は、彼を強く非難するような論調があまり見当たらない感じだ。
まさしく、「上級国民」と「下級国民」の格の違いを見せつけられるような状況だし、飯塚幸三氏がその他の多くの事故と同様に厳しい処罰を受けない限り、日本国民の疑念は消えることはないどころか、ますます腐敗した政治や社会システムに対する不満や怒りが蓄積していくことになりそうだ。

Pocket