【森友文書改ざん】中村稔財務官房参事官が駐英公使に栄転!特捜の”全員不起訴”決定を受けて「改ざんご褒美人事」炸裂か!

Pocket

どんなにゅーす?

・森友学園疑獄における公文書改ざん事件について、佐川氏からの命を受けて改ざんの中心的役割を担ったとされる、中村稔・財務省官房参事官が駐英公使に”栄転”させる人事が明らかになった。

・先日に、大阪地検特捜部が再び「全員の不起訴」と「捜査終結」を発表した中で、早速、安倍政権が文書改ざんの中心人物を労うような人事を展開したことに対し、ネット上では多くの怒りの声が噴出している。

森友関与の財務省幹部が駐英公使
再不起訴で発令か

外務省は16日、学校法人「森友学園」を巡る決裁文書改ざんで中核的な役割を担った財務省官房参事官の中村稔氏を駐英公使に充てる同日付の人事を発表した。大阪地検特捜部が9日に中村氏らを再び不起訴とし、捜査が終結したことを受け、関係した職員を海外に赴任させても支障はないと判断したとみられる。

中村氏は森友問題が表面化した2017年当時、財務省理財局総務課長を務め、理財局長だった佐川宣寿元国税庁長官の下で、佐川氏の意向を近畿財務局に伝えていたほか、実際に改ざんを部下たちと行った。

財務省は18年6月、中村氏が改ざんの中核的な役割を担ったと認定していた。

【共同通信 2019.8.16.】

特捜の捜査終結を受け、早速安倍政権が「改ざんご褒美人事」!自殺者まで出した文書改ざん事件は、「指示役が栄転」という異常事態に!


出典:YouTube

特捜が森友事件を闇に葬り去るために捜査を終わらせてしまったのを受けて、早速安倍政権がこれに呼応するような動きを見せてきたわ。
文書改ざんの中心的人物だった財務省・中村稔氏を駐英公使に栄転なんて、画に描いたような「改ざんご褒美人事」じゃないのよぉ!!

昭恵夫人らを守るために行なわれた「公文書改ざん」を、ここまで露骨に労うとは…なぜか安倍政権支持率がまた”上昇気流”に乗ってきているのをいいことに、ますますやりたい放題になってきたね。
(国有地横流しの重要人物だった谷査恵子元総理夫人付はイタリアに飛んでいったけど、公文書改ざんの重要人物は今度はイギリスに高飛びすることになったってわけだ。)

文書改ざんのリーダー的存在だった佐川氏も、当時の理財局長から国税庁長官に大出世し、悔いを残さず退官していったし、まさしく、安倍官邸の仰せのままに、”悪事”に手を染める官僚たちがもれなく「最高の待遇」を受ける体制が、すっかり強固に構築されてしまったね。
まさに、子どもの教育上最悪な話だし、こんな「汚れた世界」で生まれ、「汚れた大人たち」に育てられていけば、ろくな人材が生み出されないのは目に見えているだろう。

ほんとに、これこそ、日本の堕落と崩壊を象徴するような話だわっ!!
やりたくもない文書改ざんを命令されたことで、良心の呵責に耐えきれずに亡くなっていった近畿財務局職員と遺族の人たちの悔しさは、一体どうなるっていうのよっ!?

まさに、「真面目で清廉な人こそ地獄を見る」ような、ディストピア世界の到来だ。
すでに、政治は元より、警察や検察もすっかり腐ってしまった日本だけど、どうか、一般市民だけはこの先腐らずにどうにか”耐え続けて”欲しいし、ここから「真っ当な社会」を取り戻していくべく、「草の根の行動」を地道に続けていくことが大切なんじゃないかな。

Pocket